Romance Kobo Diary

ミルキー・ポピンズ(上月美青)の晴れ、時々韓国ライフなDiary

近況報告など。。。

2016-11-02 | 雑記
またもやすっかり御無沙汰しています~~。<オソルオソル

気がつけばすっかり秋も深まり、冬も間近に。
動きのないサイトにお越しくださって、本当にありがとうございます。


一応、ちんたらちんたら、とですが、
ぼちぼちと、本当にぼちぼちと、書いております。。。

はい。

思えば、サイトを始めてから13年半、
この作品を書き出してから、もう12年半なんですよねぇ。
ほんとに、後先考えず、軽~く見切りでサイトにアップしてしまったばかりに
ここまで、てこずる羽目になるとは。。。<はははのは 

もう時々、身の丈を知れよ~~、と、つぶやきながら、
書くのイヤイヤモードなんて、しょっちゅうなりながら、
ちんたらちんたら、やっております。。。

で、書けてるのはまだ、たった二ページ分です。
このちんたらぶり、我ながら誠に申し訳ない限りです。



まぁ、調べれば調べるほど、第一次世界大戦、
兵士達の犠牲の大きな戦争なんですよね。

特に初期は、ナポレオン時代の近代的な戦争方式からまだ抜け切れなかった頭でもって、
武器だけは現代化学兵器や重砲を使って戦ったものですから、
重砲マシンガンを前に、司令官が歩兵に突撃~~とかやらせて、
もう、撃たれまくって累々たる屍の山になった、とか
その犠牲は、長篠の合戦の比ではなかったことでしょう。。。
死者数十万人とかですし。

これって、マジで生きて帰るほうが難しいんじゃないかい?


でも、ロマンスの読者様がそんな戦争描写を長々と読みたいとは
思っておられないでしょうし、私もそんなの延々と書きたくはない。
できれば、出征の3年間なんて早く終わらせて、無事帰ってきて、
ハッピーエンド~~、で終わりたい~~のは、やまやま。

しかし…。
ここまで引っ張ってきたんだから、最後だけ手を抜かずに
書くべきところはしっかり書くべきだ、という思いもあり。

というわけで、悩みながら、ネットに逃避ばかりしています。。。<こらっ


しかも、本作はサイトにまだ移していない、唯一の作品。
原稿からページも作り直すので、余計手間かかりそうですが。

もう、とにかくですね……、

どんなに大雑把でもいい、とにかく下書きだけ、最後まで書き上げてしまえたら
ページ作り直しながら、章立てや校正もし直しながら、
ラストまでぶっちぎるつもりです。

たぶん、ストーリーを覚えてらっしゃる方、もう少ないのではないでしょうか。
この際、また最初からお付き合いいただければ、ありがたい限りです。

12月までには、何とか再掲開始したいと思っていますので、
<その頃にはちび二の受験も終わりますし
またその頃にでも、よろしくお願いいたします。

今はとにかく、頑張りますです。。。<と、自分に発破をかけつつ

   

いつも、ウェブ拍手やアフィリエイトご利用、またクリックなどなど
本当にありがとうございます。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっちもこっちも国中がヤバ... | トップ |  『ある夜明け前』ひっそり... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お元気そうで、何よりです♪ (千菊丸)
2016-11-04 11:41:39
ミルキー様、お元気そうで何よりです。

第一次世界大戦は、世界で初めて大量殺りく兵器が戦場で活躍した戦争といわれているほどですから、その被害も甚大なものだと思います。

わたしも幕末を舞台にした小説で戊辰戦争について知識不足でありながらも、戦争の悲惨さを自分なりに書いています。

戦争描写は読者の方に受け入れない方が多いので、色々と考えてしまいますね。

韓国では朴槿恵大統領の事で大騒ぎになっておりますね。

2年後の冬季五輪開催は無理だと思いますが、大丈夫なのでしょうかね?
ありがとうございます~ (ミルキー)
2016-11-06 08:42:29
千菊丸様、いつもありがとうございます!

をを、そちらは幕末ですか~! 戊辰戦争は大河ドラマ『八重の桜』で見ましたが、一緒に戦った女性達も大変だったですよねぇ。

はい、まったく同感です~~。

韓国については…、こんなにひどい状況は前代未聞かもしれません。
政治も経済も行き詰まり、国民の不満爆発です。どうなることやら・・・。
日本に帰りたくなってきましたよ~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。