Romance Kobo Diary

ミルキー・ポピンズ(上月美青)の晴れ、時々韓国ライフなDiary

☆メリークリスマス~~☆近況です。

2017-12-21 | 雑記
お久しぶりです~。

壊れかけたPCをだましだまし使っていましたが、
娘達も使うし、もう限界だ~~、ということで、ようやく、
ソウルの秋葉原、竜山電子街まで出かけて行って、おニューのパソコンをゲットしてきました。

気が付けば今年ももう終わりですねぇ。


今年は「ある夜明け前」を延々と再掲してきましたが
お付き合いくださって、本当にありがとうございます。

あと残り少し、、、なんですが、実は今、正直、気持が小説どころじゃないんですよね。
世界は、事実は小説よりもなんとやら、を地で行く感じになっていますが、
ただいま、我が家も「今後の方向性」を、割と真剣に検討中でして…。

まぁ、ご存じのとおり、韓国と北朝鮮をめぐる情勢が本当に深刻になっています。
下手すれば第三次世界大戦の引き金? とまでも言われるような状況で、無関心ではいられないですね。

先日、韓国の文大統領は、冷遇と言われ属国扱いとまで言われながらも、
一生懸命に某大国のご機嫌を取り結んで、何とかしようとしているようですが
もともと、あの国はあんまり期待できそうもないですし、
また韓国自体がそっちへ行ってもらうのも、ちょっと困るような、
かといって、頭上でどんぱちやりだされて、命からがら逃走しないといけないのは一番困りますが。。。

日本大使館に、大丈夫でしょうか、とお尋ねしても、そこは自己判断ですよね、というお返事でして
まぁ真にごもっとも、ですね。<まだ何も起きてないし、それしか言いようがないでしょう


幸い、我が家のちび1が、短大を来年の春に卒業するので、
実は就職を日本に考えているのですが、
この機会に、家族で日本に帰ろうかとも話している今日この頃。。。

私達はどこでもいいので、娘の就職先の近くに行く?
ですが、じゃあ次女の大学はどうする? とか、
また、これはこれで一世一代の大変な決断になるので、このままとりあえず何も起きなければいいのに、
などと思ったりもしますし、非常に複雑な気持です。

という感じで、なんとなく混乱したまま、今年の師走です。
さて、来年はどうなることやら。
先行きがこんなに不透明になるのは初めてです。

サイト連載も何とか終わらせてしまいたいのですが
ここまで来て、文が急に適当になってしまいそうで、それも嫌で、更新できずにいます。
申し訳ありません。
もう少し落ち着いて、また文章に向かえるまでお待ちいただければと思います


来年は、来るべき時がついに来るのかもしれませんし、
さて、どうなるんでしょうか。
平和は空気と同じで、ある時はあることさえも感じないものですが、
生活の一番基本なんだなぁと実感しています。

来年も無事にサイトに携われますように、祈りつつ。。。

では皆さま、メリークリスマス~。
少し早いですが、よいお年をお迎えくださいませ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ある夜明け前】 最終ラウンドです~

2017-09-29 | 執筆関連
どうもです~。
まったり構えていましたら、もう9月末。
来週は旧盆連休、なんと10日間なんですよ。
長いですよね~。
その間、どこにも行かないので、ひたすら飯炊きババです。。。


さてさて、お待たせいたしました。
パトリシアが待ちに待った、ロイからの手紙です。。。

これ、ロイが本当にパトリシアに語りかけている様な雰囲気の中、
本当に、ごくごく自然に湧き出てきた内容なんですよ。
時に小説の世界って、書き手を越えてしまうこともあるのかもしれませんね。
さて、次はパトリシア、どう動きますか。。。


って、ここから【ある夜明け前】もいよいよクライマックスに入っていきます。
手元では、大戦の資料を眺めながら、あまり進んでいませんが…
まぁ、そんなに戦争描写を詳しく書いてもナニでしょうし。

とか思い悩んでおりますが、そろそろラストシーンを考えないといけない感じです。
<ははは、まだ決まってないんですよね~。

身に余る作品を、構想も練らずに無謀に書き出してから、13年半も経ってしまいました。。。
途切れ途切れの中で、それでも応援してくださる読者様のおかげで
やっとラストが見えてきましたよ。
書き終わりました、と早く言えるように頑張りたいと思います。


お隣の大将の動きも気になりますが、
いよいよ危なくなったら、ソウルから逃げるつもりでおりますが、
とりあえず週二回ペースで、またしばらくよろしくお願いいたしますね~~。


アフィリエイトのクリックや御利用も、いつもありがとうございます~。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正常性バイアス張りまくりの韓国

2017-08-12 | Korean Life
どうも~。
猛暑継続中の韓国、ソウルです。。。

さて、ご存知の通り、北の大将がいよいよご乱心、もとい、背水の陣?
ついに、戻れない橋を渡りそうな予感に、
毎日はらはらしながらニュースを追っかけていますが、
不思議なのは、韓国の皆さんのご反応です。

変化なし。。。


韓経:【社説】同族の命を担保にした金正恩の核いたずら、容認できない


この韓国経済新聞は、日本で言うなら産経新聞、
論調がダントツ保守路線の新聞ですが、まぁ素人目で見てもですよ、
ココまで来ちゃってるのに、政府も国民もこぞって、見猿・聞か猿… 
本当に何もしようとしないので、イライラしてきます。。。
<その上、暑い!


韓国でも物申す人も居るんですよ。
たとえば、以前ここの論説委員長(主筆)だったジョン・キュジェ氏という人などは、
(この方、朴クネ判決の前後に、あまりにも保守的意見が過ぎるというので、
論説委員長は辞め(させられ)ていますが)
その後、独自のユーチューブチャンネルなどを作って、
日々、せっせとニュース解説配信してる中で、
今からでもサード配備を完了して、ソウルなどでも、
ミサイル避難訓練を始めるべきだ、とか
ごく常識的な主張しておられましたね。

まったくその通りだと思います!!!

でも。。。

不思議なことに、全くそういう動きはないです。
サードも配備すると言っておいて、また環境アセスメントやってますし。

個人的なことでは、私が夫に、
貯金など多少でも円かドルに替えておいた方がいいんじゃない? 
と訴えても、今は率が上がったからしない、とか、
ヲイ、なぜ急にレートが跳ね上がったのかわかっているのか?  
と怒っても、夫も娘達も、
「マァ大丈夫だよ、オンマ、血圧上がるよ~」
ってな感じでして、一人でワーワー言ってるのがアホらしくなるくらい、
今回も、必ず普段どおり何事もなく過ぎていくであろう、と信じていますね。

正常性バイアス、と言うんでしょうか。
おそらく、韓国国民全体がこんな感じなんだと思います。

これでいったんソウルにミサイル一発でも落ちたら、もうパニック。
また政府に責任とか、ワーワー訴えるのでしょうかねぇ。。。

さて、どうなることやら。

一応、今月の22日から日本に約一週間ほど家族皆で行くことになってるんですが、
どうぞ、単なる家族旅行で済みますように。。。



いつもアフィリエイトご利用やクリック、ありがとうございます。
ウェブ拍手も感謝です~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品との妙なシンクロ感ありな現在

2017-07-25 | 雑記
どうもです~~。

メッチャクチャ暑い日々が続くソウルですが、
日本の気温を見ると、同じくらいかさらに高いという。<大変そうです~
げんなりする夏本番ですが、何とかやる気出さねばと思っています。

この作品、2017年の今になってみると、
たとえば今の章など、もちろん雰囲気的にだけですが、
妙に現在とかぶるといいますか。。。


米中ロ「新ヤルタ会談」で、北朝鮮崩壊の引き金がひかれる可能性

こんな記事を読むと余計に、やっぱり歴史は繰り返すのだろうかと、
ちょうどこの物語の時代から100年経って、また同じような危機を迎えて、
しかも今度は、バルカン半島ならぬ、この韓半島が舞台で、
という笑えない現実を見ながら、
相変わらず憂鬱な日々を過ごしています。

でも、だからといって、何ができるわけでもないんですが。
<いざという時の脱韓国準備をするくらい?


その韓国、現実にあえて耳ふさいでるんですかね?
やたら北にエール出してますが、無視され続けてますし。
大体、飢えに苦しむ国民のGDPの三分の一とかかけて開発している軍備を
一度も使わずあっさり投降なんてありえないでしょう。。。
ムン大統領って、理想主義者なのでしょうかね?

そして、現政権になってから、内政はばっちりローソク市民フォローアップ、
と申しますか、雇用政策に公務員81万人増員、から始まって、
他にも、庶民にはやたらばら撒いてくれるものですから、
数年前まで高い学費払っていた大学費用=年間100万円以上、と云われていたものが
今や、所得に応じた給付型奨学金のおかげで、庶民はほぼ半額~無料になってる、とか、
今度は米を毎月20kg、無償でくれるとか、
最低時給が、来年からいきなり100円もアップするとか、
それで人件費が大変になる零細企業には、税金から補填してくれるとか…。

まー、政府のご予算、大丈夫ですか~~??
と、本気で心配になるばら撒きっぷりですよ。

で、当然足りなくなる政府予算は、企業向けの法人税アップと
富裕層向け税金アップで補おうしてるそうで。
グローバリズムの時代に、これだと、数年後この国には、
大企業や海外企業はもう残っていないんじゃないでしょうかね。

まぁ、庶民にはありがたいんですが、心配は尽きない感じです。。。
どうぞ、何も起こりませんように。。。


ではでは、引き続き、地味な展開の【ある夜明け前】第二部、
まったりとやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたしますね~。


アフィリエイトご利用、クリックなど、いつもありがとうございます。
ウェブ拍手も大感謝です~~。


エーゲ海と買われた花嫁~電子貸本 Renta!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ある夜明け前』第一部完結

2017-06-11 | 自サイト情報

どうも、マイペースにHTMLを作りながら再掲してきましたら、
第一部だけで、半年間に渡ってしまいました。

散々引っ張りました父行方不明事件も、終盤は割とあっさりでしたかね。
最後のページは少し描写書き足していますが、まぁ、結論は変わりませんからねぇ。。。

重い第一部にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
ロイ君、なんせロマンスでは禁断の(?)庶民派ヒーローなものですから、
お嬢様相手に、苦労することハンパないですね。

今回初めてお読みいただいた方、この話はハッピーエンドなの?
って、心配になられたかもしれません。

まぁ、最後の最後は、ハッピーエンドお約束いたします、はい。

これで、ラストはロイの戦死通知で終わる、とかなったら、
それはもうただのひでぇ話、
読んだ時間返せ~~、って思われると思います。。。
<自分でもそう思いますです、はい。


本作は、歴史要素も他の作品に比べて強く出ていまして、、
単純なロマンス小説と言うより、当時の時代背景やカナダの自然も
一緒に味わっていただければ、と思うのですが、
かなり、まだるっこしいかもしれません。

まぁ、このじれじれ展開をお楽しみいただけたら、ありがたいです。


第二部では、いよいよ第一次世界大戦が勃発。
彼が帰ったばかりのサマセット村も、
その混乱に巻き込まれていきます。
離れてしまったロイとパトリシア、どうするんでしょうか。
そうそう、その前に、第二部のプロローグがてら、番外編を一つはさみます。

一週間ほど、お休みいただいてから、また週2ペースで更新していきますので
お待ちいただければ感謝です。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたしますね~。


いつも、拍手、アフィリエイト御利用やクリック、本当にありがとうございます。

~上月美青の電子書籍@eBookJapan~ ← 拙作一覧はこちらから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加