Reflections of Tomorrow

シンガーソングライターを中心に、知られざる未CD化レコードを紹介していくページです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Tom & Theresa

2008-05-03 | SSW
■Tom & Theresa / Carry Me Back■

 Theresa Demarest が、Jon Ten Broek とコンビを組む以前に結成していたのが、この Tom & Theresa です。 Ten Broek & Theresa が 1978 年、今日取り上げるアルバムが 1975 年ですから、3 年の間にパートナーが変わったことになります。 Theresa Demarest は 1970 年代の女性らしく自由奔放で快活な女性だったのでしょう。 Tom と Theresa が離婚した時期ははっきりしませんが、現在も二人ともDemarest を名乗っています。 Tom Demarest を紹介するページを見ると、ギターのレッスンで生計を立てているようです。 前回取り上げた Jon Ten Broek もそうでしたので、この二人の人生は同じような道程をたどっていることになります。
 
 さて、話は長くなりましたが、Tom & Theresa が残したアルバムは 2 枚あり、今日取り上げる「Carry Me Back」はセカンドとなります。 未聴のファーストは弾き語り中心のようですが、こちらはオーソドックスな 4 人編成のバンドスタイル。 とはいえ、バック陣はあくまでも二人のサポートに専念しており、イヤミなキーボードや派手なギターソロはありません。

  アルバムの個々の楽曲はみなレベルが高く、どの曲も充実した出来なのですが、やはりタイトル曲「Carry Me Back」が抜きん出ています。 メロディーは、空を駆け抜けるかのように舞い、アレンジは Jimmy Webb が手がけているかのように秀逸で、ソフトロックや Fifth Dimension に近い心地よい響きに心が洗われます。 1975 年 12 月 13 日号の Billboard 誌では、西海岸地区のピックアップ曲として紹介されたこともあったようですが、チャートにインしたという記録はありません。  「Give Me Wings (Oregon)」はTheresa 主導のバラード。 Daniel Moore の作曲です。 オリジナルは未聴ですが、1998 年の彼のアルバムに収録されているので聴き比べをしてみたいです。  B 面の「Poverty Hill」 も見逃せません。 この曲は貧困の丘というタイトルからも気配を予期できる寂しげなワルツ。 Theresa の伸びのあるボーカルが天高く響き、スタンダードのような品格が漂う名曲です。 ラストの「Consider It Done」は、二人の息のあったハーモニーが魅力のバラード。 このような曲に酔っていると、Theresa の声質と歌い方が、自分の最も好きなタイプであることを認めざるを得ません。 
   これ以外にもバラエティに富んだ曲が並びます。 カレッジ・フォークの匂いのする「A Matter Of Degree」はなぜか道路工事現場の SE で遮断されてしいます。  「Nobody Knows You」は Eric Clapton が Unplugged で演奏したことで有名な Jimmy Cox の曲ナンバー。 ここでも R&B テイストです。  「In The Meantime」は、ファーストアルバムのタイトル曲。 再録なのかもしれません。 「Our Song」は明るいミディアム。 ナチュラルなサウンドが 5 月の週末にぴったりです。

  このアルバムや Ten Broek & Theresa を聴くと、ふたりの男性を虜にした Theresa Demarest の魅力について考えてしまいます。 彼女のボーカルからは、女性らしい優しさだけではなく、たくましさや意志の強さを感じ取ることはできるのですが、魔性の女と呼べるほどのオーラが出ているわけでもありません。 恋多き女 Joni Mitchell のように捕捉されたら逃げられない感じもないのです。 ですが、やはり音楽の才能としては常にパートナーを凌駕していたことは間違いないので、ダメな男をほっておけないタイプだったのではないでしょうか。 どうでもいいことですが(笑)



■Tom & Theresa / Carry Me Back■

Side-1
Carry Me Back
Fly Me
Homegrown Grass
Give Me Wings (Oregon)
Nobody Knows You
A Matter Of Degree

Side-2
In The Meantime
Who Are You
Haven Off The Road
Poverty Hill
Our Song
Consider It Done

Producers : Tom & Theresa Demarest , Rob Perkins
Executive Producers : Donna Nelson , Bill & June Daley
Mastering : Bob MacCleod

Recorded and Mixed September 1975 Raspberry Recording Sudio , Eugene , Oregon

Tom & Theresa Demarest : vocals , guitar ,synthesizer
Tom Demarest : banjo , mandolin
Gary Sanders : bass
Gary Nolde : percussion , drums , mandolin
Gary Wilkes : dobro

Orygun Records TTM 97330-2
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Jon Ten Broek | トップ | Jade And Sarsaparilla »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。