トモエデンキのブログです。修理・工事はお任せください

「暮らしの安心・快適・省エネのお手伝い」をモットーに頑張っている
岡山県倉敷市の電器店です。

「人の話はあてにならない」の巻

2017年07月12日 | 店主
きょうは朝から私用で病院に缶詰め

帰宅早々、エアコンの手配

そして、夕方4時からのエアコン取り付け工事

友人の依頼先のお客様宅なんです

日立エアコン17畳用を、壊れているリビングのエアコンと取り替えです。

さらに、中古エアコンの取付けもあり

さらに、さらに、IHクッキングヒーターの部品交換も・・・・



とりあえず、リビングのエアコン工事に取り掛かり、エアコンはいつも通りに完了

次のエアコンに取りかかる前に、IHクッキングヒーターの部品交換します。

ナショナル IHクッキングヒーター
(KZ-MS33C)


当初、友人の話では

「雷が鳴ってからスイッチが入らなくなった」らしい


お客様の話では

「ブレーカーを確認したが切れていないし、以前にも同じような故障でメーカーサービスに基板交換してもらったから、今回も基板を交換して欲しい」

と依頼されたんです。


でも、これが大きな間違いだったんですね



部品交換をする前にコンセントの200Vがきているか確認すると、コンセントには電気がきてません

友人の言われたように、屋内の配電盤のブレーカーはすべて入ってます。

もしやと思い屋外の電気メーター近くにあるボックスを開けると、

案の定、エコキュートとIHクッキングヒーターの漏電ブレーカーがそれぞれ取り付けられていて、IHクッキングヒーターだけ切れてました。

お客様は、屋外にもブレーカーがあることなど知らなかったみたいです。


漏電ブレーカーのスイッチを入れ、次にIHクッキングヒーターのスイッチを入れると、瞬殺で漏電ブレーカーが切れます。


と言うことは

私の経験上、基板ではなくグリルのヒーターが漏電してますね

この症状、ナショナルは特に多い


あいにく、本日はグリルユニットを持ち合わせていないので、後日あらためて部品交換になります。





IHクッキングヒーターが使えないと不便ですので、グリルの配線を外してグリル以外が使えるように応急処置


持ってきた基板は返品不可能なのと、お客様が交換を了承していただいたので、壊れていないかもしれないけど交換させていただきました。






トッププレートを外してあちこちのコネクター類を外し、基板ユニットを取り外しますね





この時にグリルヒーターの配線も外して、後はテキパキと元に戻し、スイッチを入れても漏電ブレーカーが切れないのを確認して完了





基板ユニットを交換したので、初期設定は忘れずに・・・・


その後は、中古エアコンを取付けて無事終了


夕方から取り掛かりまして、店に帰ったら21時




差し入れのコカ・コーラが空きっ腹を満たします(笑)


明日は7時30分から現場に向かいますんで、きょうは早めの就寝


おやすみなさいm(_ _)m
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「天井裏でホフク前進」の巻 | トップ | 「アンテナ工事は日没から」の巻 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む