トモエデンキのブログです。修理・工事はお任せください

「暮らしの安心・快適・省エネのお手伝い」をモットーに頑張っている
岡山県倉敷市の電器店です。

「洗濯機からへんな音が・・・」の巻

2017年06月10日 | 店主
お得意様から

「洗濯が終わった後にへんな音がするんですが、調べてもらえませんか?」


と言ったご依頼があり


私「どんな音なんですか」


お客様「“プシュッ、プシュッ”と音がするんですが、洗濯はちゃんとできてるんですよ」


私「・・・・洗濯は異常なしなんですねぇ、多分その音は排水弁が異常な動きをしてますよ」

お客様「どうしたらいいですか?」

私「部品を手配しますから、入り次第に交換しましょう」


と、話をした翌日にはエラーが出て洗濯できなくなりましたよ


早速、部品を持って交換にお伺い


パナソニックの洗濯乾燥機 NA-V80

このタイプでは時々発生します。






前面下のパネルを外し、コントロール基板が入ったボックスを外せば見えてきます。







洗濯槽の真下ですから、本来は洗濯機を寝かせ交換します

が、私は慣れてますので手探り状態でやりますね


こんな部品を取り替えます。


排水弁モーター





このモーターが排水弁を引っ張り、洗濯槽の水が排水ホースへと流れます。

通常は、排水中には引っ張ったままなのですが、モーターの不良により途中でストンと戻ってしまいます。

この時に“プシュッ”と音がします。



私のような電気の医者は、お客様の詳しい情報で修理に掛かる時間が左右されますから、ご依頼の時はできるだけ詳しい情報をお伝えください、

今回のように、“プシュッ、プシュッと音がする”と言ってもらえたので、現地に出向くことなく部品の手配がすぐできるため翌日には修理完了できるのです。


それと、家電品には自己診断機能が内蔵されたものがありますので(テレビ、エアコン、冷蔵庫、温水器など)、エラー表示やランプの点滅回数などをお知らせいただければ、対応もスムーズに進みます。


おかしいな!と思ったら表示や音、動作を確認する事をお忘れなく


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「パナソニックのIHクッキン... | トップ | 「エアコンはカビだらけなの... »
最近の画像もっと見る

店主」カテゴリの最新記事