蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

自問自答

2017-08-21 | 華のスロー人
庶民には庶民の人生の楽しみ方がある。
何かを背負うと重荷になる場合がある。
何も背負わないと、ひらひら風に散って、跡形もなく、その場限りの時を享受する。

本人が良ければ、周りに迷惑をかけなければ、人それぞれの選択である。

自分はどうしたいのか、自分に問うてみる。
他人には言えないような、恥ずかしい自負がある。
この自負こそ、生きていく糧、プライドだと思っている。
ただし、プライドだけでは食べていけない。


今日のブログは、短く終われそう。
でも、言いたいことは、ここからなのに。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 探究心が止まらない | トップ | 過保護ママと、負のレガシー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

華のスロー人」カテゴリの最新記事