蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

自分は変わらず、周りが変わることを望む人

2017-07-23 | 暮らし
「息子家庭を助ける、立派な母親」をブログで書いた。
老いた親や、共稼ぎ息子家庭の赤ちゃん育児サポート、で、妻ばかりに皺寄せが行っている。

孫の世話?
別に嫁まで働かなくても、息子の稼ぎで食べていけるのに、なんで子育てを親の手まで借りて、息子の嫁が働く?
年寄りの世話が優先だろう?
第一、オレの世話は、どうするんだ?
オレは、物分かりがいいから、妻には、ちゃんと協力的で、駅からカエルコールもしている。
オレは、妻が旅行などの不在の時は、ちゃんと自分のことはしている。ちゃんと、ね。
普段は、山歩きの集まりと、趣味の庭いじりに忙しくしているオレなのに、妻が時間に追われ、我が家のことも大変そうでも、文句も言っていない。
厚かましい、息子の嫁が憎たらしいだけだ。

という、自分では優等生ジイさんのつもりだろうけれど、自分のライフスタイルを変えずに、皺寄せ、負担を妻に強いて、負担を強いた「息子の嫁」を非難する。
これは、正しいのか?
ジイさんが、協力して自分宅の家事をする、という選択肢はないのか?
あくまでも、自分は汗をかかず、不満だけ言うのは、いかがなるものか。
もし、これが娘の育児サポートなら、娘の社会活躍を応援するため、裏方から労的援助するのではないか?
息子の嫁だから、援助する気にならないのか?
(そもそも「女性が社会で働く」という意味の捉え方が完全に時代遅れ。
息子の嫁の性格や行動にも左右されるだろうけれど)
直接、赤ちゃんのおしめを替えたり、サポートしなくてもいいから、妻が育児サポートに行っている間や、老親の世話をしている間、自宅の家事を分担しようという気にはならない世代のようだ。
世代間ギャップがあるから、わたしとは関係ない話だが、夫婦でお互いそれでよいのなら、なんの問題もない。
しかし、夫婦に問題がないと思っているのは、ジイさんだけではなかろうか。

その夫婦の会話を聞いていたら、奥方の賢夫人は、絶対に、そのジイさんを褒めない。否定的な発言が多い。
でも、ジイさんは、それに全く気づいていないように見える。
あえて知らん顔をしているだけかも知れないが。

人の家庭ではあるが、息子の会社がイクメン事情を解さない体制なら、サポート側が全面的に協力できるよう、親家庭のシステム、役割を見直せばどうかと思った。
イクメン育成が無理な会社に勤めている、息子の宿命は変えられないとしても、親が、しかも、リタイアして遊んでいるジイさんが、ほんの少し、自分の家の家事をシェアするだけで、諦めと溜息だけの事態から、変化を生むことができる。

要は、そのジイさんは、リタイアして、家事なんて嫌なんだろう。
一番、世の中の変化をわかってないないのはジイさんであり、自分は変わりたくないせいで、社会で自分を生かそうとする息子の嫁の動きを止めたいのだろう。

世の中の変化に柔軟に対応できず、世の中は変わっても、自分の周りだけは変えさせないことを望む。
自分が変われないなら、周りだけが仕方なく変わる。
自分は、絶対に変わらない。変わりたくない。変わる努力もせず、周りを非難する。
変われない。
それが、老人というものだ。

ふと、気づいた瞬間だった。

まあ、わたしには無関係な家庭ではあるが、ひとつのセオリーを認識した。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忍耐力を養う休日 | トップ | マイナス感情のエコ・チャージ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シャンジーたち (裕イサオ)
2017-07-24 01:15:52
スローさん
お元気でいらっしゃいますか?
私は日本を飛び出して38年が経過致しました。私が還暦を迎える頃、日本も5週間のバカンス、イクメン、共稼ぎ=男女平等が浸透していると思ってました。残念ながら逆行のベクトルへ向かったような感じもします。政府がクールビスを徹底させる国って不思議だと「今の私」は思います。だって、自分の着るものは自分で決める。そうじゃないのであれば、なんか変ですよね。異和音は面白い音ですが違和感は勘弁ですと思うのです。周りを頑張らせる人。私は、ちょっときついですけど嫌いです。クールビスと似ているからです。
自発的、能動的ではなく、強制的、受動的? (スロー)
2017-07-24 09:42:44
コメントありがとうございます。
日本から離れた目で、距離を置いて日本を見ると、こじんまり日本列島から出ない我々には気づかないこともあるでしょう。

自分も頑張り、周りも頑張る。
これは良い場合もありますが、なかなか帰宅しない会社の上司などは、煙たがられることもあります。
周りも自然に頑張るムードになるならいざ知らず、半ば強制的に頑張らされるのは嫌ですね。
ましてや、自分が頑張らないくせに、周りを頑張らせるのは、もってのほかです。
自分が頑張るのが嫌だから、頑張らせる原因を取り除こうとする。流れを変えようとする。これは、知能犯?
誰しも自分の価値観で動くので、したくないことは、したくない。しろと言われたら、もっとしたくなくなる。
人々の価値観を変えさせるのは、世相や時代の流れ。
しかし、これには国の政策が大きく影響していると思う今日この頃です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。