蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

自分の行く末を見る

2017-02-24 | 老い
今から電車を降りるまでの時間内でブログアップできるか?
あちこちサイトを見て回ったので、バッテリー残量も心配だ。
でも今日は、充電器を持参しているので安心。
さて、今、芦屋。
神戸まで、あとどれぐらい?

母。
躁鬱気味。
機嫌良く、朗らかで穏やかだったのに。
留守電で、「なぜこんな老人ホームに入れられている!」と逆切れシャウト。
「家に帰りたい。迷惑かけないから」と哀願する。

気持ちはわかるのだが。
自分のことが自分で出来ない、自立出来なくなり、皆んなが顔を出せる地(わたしは片道2時間半)にあるホームにいるが、
たまには家に帰りたいと思うのは、当たり前。
だが、それには計画、準備、人手がいる。
しかも、先月、帰ったばかり。
すっかりそのことは忘れている。

わたしは、一昨日、母の所を訪れたばかりなのに、今日もまた行く。
それぐらいしか、わたしの出来ることはない。


自分も、幸せに病気もせず長生きすると、ああなるのだろうなあ。
幸せには、ほどほどのあんばいがある。
いくら美味しいものでも、食べ過ぎたり多すぎると嫌になる。
世の中、大変なのに、自分のことしか見えない。
贅沢で深刻な悩みである。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村



今でちょうど、神戸駅。
うまく、収まった。やれやれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おしゃべり、べらべら | トップ | お金の使い方、時間の使い方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。