蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

劣等感は生きがい?

2016-11-11 | 華のスロー人
とある人のブログ記事から、インスピレーションを受けて、勝手に自分のことを書く。

自分の頑張りの最盛期は、小学4年生ぐらいから、中学3年まで。
あとは、もぬけの殻、余生。
しかし、余生が活きたのは、その頑張りがあってこそ。
頑張りの後に、しばらく暗黒時代が、高校の3年間続いたが、それまでの暗さに比べると、自嘲する余裕はあった。

その後の余生は、足のない明るい幽霊みたいで、けっこう楽しく暮らした。
時代背景が、良かった(とらえようによっては、悪かった?)
わたしのような者にも、受け皿があった。
今なら、すっぽり、「発達障害」の枠に収まる。
どうにか、単なる劣等生というだけで済んで、やれやれである。
昔は周りも大らかだったのか、変わった子はいっぱいいて、ひとりひとりにかまっていては、時間も労力も足りなかったのだろう。

今の子どもは、かわいそうだ。
窮屈そう。

ま、優秀でもなんでもない、凡人(以下?)のわたしは、なにかの間違いで(親の策略で。「教育方針」ともいう)、やたら優秀な人間がウヨウヨいる教育現場に放置、置き去りにされた。
落ちこぼれようが、いじめられようが、先生に叱られようが、家庭でのフォローは、一切なし。
救いの手など、なにもない。
崖から突き落とされ谷底へ。

たまたま、その学校が近所にあったから、という子供も放り込まれ、わたしと同じような、苦汁を舐めている。
彼らは、卒業後、一度も同窓会に顔を出さず、その後の行方も本人が全く知らせてこないので、同級生たちは、皆んな消息を知らない。

わたしを含め、彼らも、醜いアヒルの子。といっても、「白鳥の子がアヒルに囲まれ、一羽だけ周りのアヒルと外見が違うため、醜いアヒルの子と言われ悲しい思いをした、実は美しい白鳥」の反対で、「白鳥たちに囲まれた、正味、醜いアヒルの子」だった。

わたしの劣等意識は、このようにして、多感な時代に培われた。
本来、花よ蝶よと、いろはカルタや塗り絵、蹴鞠をして遊んでいればそれでよかったのに、否応なく劣等感まみれになる、複雑な環境で学生時代を過ごした。

その、白鳥たちの園を無事、卒業というかたちで脱出し、当時の受け皿に、どうにか軟着陸した。
今の世の中では、その受け皿はない。
(と、わたしの意識の中ではそう思っている。が、まだ、旧い価値観を堂々と主張して止まない人もいる)

(受け皿って、なんやねん?
はっきり書かないと、わからないではないか。
という流れでしょうが、あえて書く気なし。
自分のブログって、いいなあ。なんでもアリだから。
これで閲覧数が減っても自己責任であります。)

しかし、この、明記、名言しない「受け皿」のおかげで、一時は身の置き所を確保したように思えたが、その日から、新たな、わたしの「受け皿」に対する苦悩が始まった。

なんでも、ちゃんと解決してマイナスをゼロにリセットしてから次に進まなければ、マイナスを根本解決せず、その場しのぎ的に、うやむやに誤魔化して体裁だけ整えて次に進むと、ろくなことがない。
やがて、持ち越したマイナスと対峙しなければならない時がやって来る。
自分自身の負の遺産のようなものだ。

受け皿は、根本的な受け皿ではなく、一時的、セーフティネット、駆け込み寺みたいなもので、羽を休め力をチャージし、やがて自分で自立するまでの補助機関のような役割を持つ。
(抽象的で、わかりにくくて、すみません、です。)
が、クリアできずに先送りしていることに対して、一時的には力を貸してくれても、最終的には自分でどうしかしないとダメってことだ。

余生なのに、未解決案件を抱えている。
そうすると、今は余生ではないのかも。
余生を送るまでには、解決せよ、という命題を持ち続けている。
なので、実質的には、一向に余生に移行できない。

解決できない問題を抱えることは、じつは、生きがいだったりするのか。
生きがいって、プラスのことばかりではないようだ。
マイナスをゼロにしなければ、あの世に行けない。
厄介なことだ。
逆に、問題を抱えて闘い続けているかぎり、マイナスではあるものの、生きがいがあるということか。
マイナスは要らないから、プラスだけの生きがいが、いいと思うが、そうはうまくはいかないのが人生のようだ。

マイナスはマイナス要因として、そっと静かに温存し、別の分野のプラスを増やして、プラスマイナスした総合点で、プラスになればそれでよし、かなと。
乗り越えたり、克服したりしようと、無理やり頑張って、弱点をほじくり出してもつまらないかな、と。

またまたファジー、うやむや、靄にかかった、先送りである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トロフィー妻 | トップ | モノと、こころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

華のスロー人」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。