蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

怨念との闘い

2017-05-19 | 華のスロー人
わたしは、ワラ人形が大好きである。
いくつも、いくつも持っている。
ワラ人形に打つ五寸釘も。
呪いのワラ人形。
納得いかない想いは、はけ口を塞がれ、歪んで怨みに変わる。
いわゆる、怨念というもの。

人は誰でも思い通りにいかないことは、あるはず。
ひとつもない、と胸を張って言っている人がいるとしたら、超人ウルトラ人間で、普通の暮らしはしていないだろう。
超人としての地位を確立しているか、あるいは、とてつもなく嫌われているかのどちらかだ。

一般的な普通の人は、達成できない充たされない想いを抱えていると思う。
「執念」という形に変わったり、頑張り克服するとか、自分とのやりとりで、調整するのだろうけれど、少し、さじ加減を間違えると、事件沙汰になったりする。

私は、事件にはならない。
消化も昇華もできないまま、悶々とワラ人形を打ち続ける。
そして反逆のチャンスを狙う。
その時が来るのをじっと待つ。

そうこうしているうちに、別件が発生したりして、ワラ人形を右手に持ちながら左手には大黒様(七福神でもいいけど)を抱えたり、幸せ色と混ざったりして、ワラ人形案件を処理していないまま、船は進む。

新しい大黒様と、パサパサになったワラ人形、そのうち、ワラ人形は乾燥して、解けて、ばらばらになってくる。
大黒様も、大小あったり、ズッシリ重かったり、ひとつだけではなく、リスクヘッジも効く。

ワラ人形の結論を突き詰めないまま、日々、進行していくと、いつしかワラ人形が消えている。
しかし、パラパラと解けたワラが一本、二本と重なり集まると、新しいワラ人形になる。
一台一台、車が合体してパーツになって出来る巨大なロボ、トランスフォーマーのように。
日頃はバラバラなのだが、ある日、なにかのキッカケで、集結して怪物になる。

プラスとマイナス、幸せと不幸。
ちょっとした加減で、形が大きく変わる。
コントロールできない魔物になって、一人歩きする。

その分、幸せの大黒様は、いくつあっても、コントロールできない魔物にはならない。
せいぜい、幸せすぎて退屈、みたいな贅沢な虚無感が生まれるぐらいか。


わが母。
幸せで、順調に年を重ね、アタマの中身も真っ白け。
(自立して生活できるレベルには)なにも(重要なことは)覚えてなく、考えられなく、あるのは今、この瞬間だけ。耐久持続時間は五分。
でもその瞬間が、幸せなら、いいか。
過去の頑張ったことや、私たち子供を泣かせたことなど、ミジンも覚えていない。
「おかあちゃんは、あんたらに、そんなにひどいこと、したんか」
と、ニコニコして言う。
全く覚えてないから、気楽である。
良いことも、悪いことも覚えていない。
今、覚えているのは、母が幼かった頃のこと。
きょうだいや、両親、祖父母に囲まれた平穏な日々。
戦争もあっただろうに、全く記憶に残っていないようす。
(その割りには、母のノートに、この度のフランス大統領選の立候補者の名前や経緯、結果、ニュースソースが書かれていて、びっくり)

姑は、それに比べると、苦しかったことや、悲しかったこと、悔しかったことばかりが強調される。


姑は、おそらく、我慢してきたのだろう。
母は、我慢してこなかったのだろう。

周りから良い人と思われ慕われる姑。
周りに困惑され、好きなようにしてきた母。
人生の最後に、評価は高いが不満ばかりが残るのと、好かれはしないが幸せな気持ちと、どちらがよいか。

これは両極端な例である。
ほどほどのミックス調整型が、良いと、わたしは思うのだが、、、
DNA的には母の血を色濃く受け継いでいる、悪い予感。
「人からの評価は低いが、自分は楽しい」が妥協案としては、まあいいと感じるが、細いワラだけになった元ワラ人形をいくつも持っているわたしは、直情型の母みたいにはなれないと予想する。
かといって、姑のように賢夫人ではないので、我慢している割りに我慢が活かされていない。
どうせ活かされていないのなら、評価されないのなら、母のように我慢せず、当たり散らしているほうが精神衛生上、良いのだろうが、わたしには何の役にも立たない理性がある。
役に立たない理性など、いっそ無いほうがスッキリする。
中途半端な人間である。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忘れた頃に、、、 | トップ | 発達障害系? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。