蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

世知辛い世の中です

2017-04-24 | 暮らし
詐欺に間違われた。

わたしは、今まで、犯罪に手を染めるようなことは一切していない。
と言いつつ、これまでの全人生、全ての記憶を洗い出すと、飲料水自販機のおつり口に、取り忘れられた10円をそっといただいたこともある。
警察に届けるには10円では交通費にも足らず、時間も労力も気力も、崇高な道徳心もなかった。

まあそれはそれとして。
昨日、自治会費を各会員さん(近隣住民)宅に徴収に伺った。
日曜日の午後なので、大概は在宅と踏んだ。

自治会に入っていない家も、毎年、居住地の防犯灯の電気代等として2000円、徴収する。
彼らは非会員であるために、目と鼻の先に住んでいても、あまり交流はない。

Aさん宅。
わたし「自治会の防犯灯費用を集めに来ました」
Aさん「自治会には入っていません」
わたし「非会員さんでも、防犯灯費は毎年いただいています」
Aさん「あなた、見かけない顔ね。どなた?」
わたし「四件向こうに住んでいます。○○です。」
Aさん「全く知らない方だわ。
引っ越して来られたの?(ちなみに、わたしは同じ家に在住30年)
うちの班の方? (ありあり不審顔)
あなたが集めるのは、うちじゃないのでは?」
わたし「え? うちの班のはずですが、、、ちょっと待ってくださいね、自治会の班分け図と表をチェックしますね」

云々かんぬん。
まるで、わたしが、間違っているかの態度。
しかも、わたしを詐欺もどきの不審者と疑っている風、ありあり。
やり取り、問答のあと、渋々、払ってくれた。
肌のツヤツヤした60代ぐらいの美しい女性。

やれやれ。
しかし、それは序の口だった。
次に、その隣のB家に行く。
徴収に来た旨を伝えると、「父に聞いて来ますね」と、70歳前ぐらいのボブカットの女性は、一旦家の中に引っ込み、
「自治会員じゃないそうです」と、返事。
この女性のお父さんなら90歳はゆうに超えていそうだ。

そこからが大変。
押し問答。
「払ってください」「払いません」まあ、これはよい。
話せばわかることだと思って、交渉を続けた。
やっと払ってもらう段になり、徴収する全所帯の領収書を用意していたにもかかわらず、その家の分だけ書き忘れていた。
仕方なく、その場で領収書を書いたら、○○自治会の担当印(わたしの押印)がないことを見て、その人は2000円ヒラヒラ渡そうとしていた直前に、「あ、ハンコ押してないし」と、ヒラヒラ2000円を引っ込めた。
まるで今までの疑心暗鬼がはっきり確定したかのように、彼女はわたしをその瞬間、詐欺認定した。
「あとで、お宅に持って行きます」と言ったきり、仕舞われたヒラヒラ2000円は、我が自宅で待てど暮らせど、持ってくる気配なし。

詐欺認定はされるし、また、出向くのも苛立たしいし。
彼女の家の前で交渉中に、たまたま長女一家の車が通った。
うちに来るところだった。
先に我が家に行ってもらったが、わたしが詐欺扱いされたと嘆いたら、長女が言うには、髪がボサボサで、いかにも怪しげだったんじゃないかと。
その時は風がビュービュー吹いていたこともあるが、他人さんの門先で髪をヘアクリームで撫でつける余裕などない。

渋々支払いや、不在宅、玄関チャイムがないお宅、チャイムが壊れているお宅、など、、、
そして、詐欺疑惑一軒と、詐欺認定一軒され、とぼとぼと帰って来た。


お金を持ってきてくれないので、孫二人を連れて再度、Bさん宅に徴収に行くと、今度はBさんは、孫の背丈に合わせてしゃがみ、Big smile で、
「まあ可愛らしい。
こんな可愛らしいお顔をよく見せてくださいましたね。ありがとう」と、手のひらを返したような別人になっていた。
わざわざ、すみませんねえ、と、お金も気持ちよく払ってくれた。

なんだ、あの人は?

他にも、苦い顔をしたおじいさんも、孫連れで徴収に行くと、思わず顔がほころんだ。
それにしても天使のスマイル、子供パワーは効果絶大である。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どちらか一方に決められない... | トップ | 時間待ち、5時間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。