波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「ボウリング」をしながら「ボール遊び」を考える~体育の日に

2016-10-14 22:58:50 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。

ミッコさん、コメントを有難うございました。正にミッコさんの息子さんのように、ピアノをずっと趣味として楽しんでくれることが親としての願いです。また、コメントいただいた通り、これはアッピアの願いでもありますね。

さて、10月10日の体育の日に、珍しく二人とも予定がなくフリーであった私と息子は、体育の日でもあることだし何かスポーツをしようと、「卓球」か「ボウリング」をやることになりました。

「卓球」は、元々小学生の時に友達とよくやっていた息子からは、中学生になって卓球仲間となかなか時間が合わなくなってしまい、前々から「時間があれば行こうよ」と言われていました。「ボウリング」は夏休みに中学校の友達と行って楽しかったらしく、ただまだ上手く出来ないので「時間が出来ればコーチ役になる」ことを約束していました。

結局「ボウリング」に行くことに決まり、夏休みからの約束が、秋も深まる10月になってやっと実現出来ました。

息子との「ボウリング」は今回が2回目・・・1回目はまだ3~4歳の頃でしたので、アッピアと一緒に両手でボールを転がしていました。「ボウリング」と言うよりも「ボール転がし」と言った方が正しく、それ以来ですので約10年振りとなります。

朝早く行ったにも関わらず混んでいて30分位待ちました。「なぜこんなに朝早くからやっている人が多いのだろう」と不思議に思っていたら、そこのボウリング場は24時間営業で、朝5時から「投げ放題プラン」というのがあり、安い定額料金で好きなだけゲームが出来ることが判りました。それじゃあ朝早くから混むはずです・・・

息子が普通に投げる後ろ姿を見ながら、両手で転がしていた頃の光景とダブり、何とも感慨深い気持ちになりました。ただ、さすがにボウリングの技術はまだまだ・・・スコア的には2倍もの開きがあり、「凄いな~」と言われる度に、「よしよし・・・まだ優位に立てるものがあったぞ!」と悦に入っていました。

話は変わり、息子と父親の遊びとしては「ボール遊び」が多いですよね。キャッチボールやドッヂボール、サッカーなど・・・息子がまだ小さい頃は、各種のボールやグローブを一揃い持って公園によく連れ出し、3種のボール遊びを散々やってお互いにクタクタになるまで遊んでいました。

砂地の公園でやることが多かったので、家に帰ると息子の靴の中は砂だらけ・・・息子の靴を玄関でひっくり返したアッピアは、溢れ出る砂によく悲鳴を上げていましたね。

因みに、今はほとんどの公園が「ボール遊び禁止」です。公園で「ボール遊び禁止」なら、広い空き地もない町ではいったいどこでやれと言うのでしょう?私は親が付いていて人に迷惑をかけないと言うことを前提に「禁止」を無視してやっていましたが・・・「ボール遊び禁止」の影響でしょうか、最近はキャッチボールをする光景もめっきり見なくなりましたね。ドッヂボールやサッカーは子供同士小学校の校庭でも出来るとして、今どきキャッチボールは子供同士ではやりませんので、親子でやらなければ、キャッチボール経験がないまま子供が成長することを危惧します。

「たかがキャッチボール、されどキャッチボール」・・・キャッチボールが出来なくても日常生活で困ることはありませんが、物を目標に向けて真っ直ぐ投げたり、物を投げる時の腕のしならせ方や下半身のバランスの取り方などの技術を見つけていないと、本格的にスポーツをやったり、場合によっては自分や人の身を守ったり・・・いざと言う時に時に支障になるような気がします。

なぜか「ボウリング」をやって、「ボール遊び」のことを考えてしまいましたが、時々「ボウリング」を「ボーリング」と勘違いしている人がいますね・・・「ボーリング」は穴掘りですよ~!

2016年10月14日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ついに最年長、そして唯一... | トップ | 「フェンスにまたがったまま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL