La douce vie

sweetsや美味しいもの,雑貨,映画,art,音楽,本,マンガ,スポーツ観戦,ice show,旅行等ゆるブログです

映画「フォレスト・ガンプ」

2017-04-19 | cinema/観劇/舞台
バスを待っている間、フォレスト・ガンプは素敵なスニーカーを履いている隣の女性に自分の過去を話し始める。

フォレスト・ガンプは子供の頃、知能テストで普通学級の基準に満たされない、と学校側に判断されるが、母親の尽力で普通学級に入学する。背骨の歪みを矯正するため、足には脚装具。入学初日から悪ガキたちの意地悪にあう。でも、その初日から、運命の人、ジェニーに出会う。それ以来、ジェニーとフォレストはいつも一緒だった。

やがて、フォレストは脚装具(大リーグ養成ギブスなのか?)が外れると、足が速いことに周囲が気付き、アメフトの選手に。そしてその能力を買われてスカウトされ、大学へ。大学の卒業式で勧誘を受けた軍隊に入り、ベトナムへ。怪我を負い、病院送りになると、卓球へ目覚め、中国との親善卓球へ。そして、ベトナム戦争時に唯一の男友達だったババとの約束通り、海老漁船を買い、海老漁をはじめる。

フォレスト・ガンプは近代アメリカ史を通り過ぎる。家に泊まりに来る、プレスリー。大学のアフリカ系アメリカ人の初の入学。ケネディ大統領との面会。ベトナム戦争。ブラック・パンサーとの遭遇。スマイルマーク、アップル(企業)なんかもちらり。CGの使い方に感心したもんです。

ガンプの周囲の人々は苦悩する。子供の頃、父親の虐待を受けたジェニーは大学でヌードモデルになったり、薬をしたり。フォレストのまっすぐな愛は受け止められず、苦しみの放浪を続ける。
ベトナムで出会うダン中尉は重傷のところ、フォレストに助け出されることによって、命拾いするが、両足を失う。フォレストに助けられたことをずっと恨んでいる。

そして、フォレストはジェニーと再会するのだが・・・


ダン中尉もジェニーも苦悩の日々を送る。思えばフォレスト・ガンプも決して平たんな人生のはずではないけど、シンプルに考え、シンプルに行動することで、彼の道はぶれない。ジェニーが去った後も疲れ果てるまで走り続け、疲れたら帰る。
ダン中尉もジェニーもその後、フォレストの無垢なまっすぐさを受け入れることと、自分の人生を受け入れ、穏やかになっていくことがリンクしている。

当時は気がつかなかったけど、BGMで使われた曲にハッと気づく。
近代アメリカ史がストーリーのバックにあるのですが、思えば、トム・ハンクスもここ数十年のアメリカの顔そのものだな、と思う。青春映画や恋愛映画を経て、歳を重ね、「キャプテン・フィリップス」ではすっかりおじちゃんんになったな、と思ったものですが、自分も歳をとるわけです。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パティスリーポンデラルマの... | トップ | 宮沢和史さん音楽活動再開 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。