La douce vie

sweets、おいしいもの、雑貨、映画、art、音楽、本、マンガ、スポーツ観戦、ice show、旅行等ゆるブログです

フィギュアスケート:村上佳菜子選手引退

2017-04-24 | figure skathing、ice show  他
浅田真央選手に続き、村上佳菜子選手も引退を発表しました。

世界ジュニア女王になったことがつい先日のようで、そんな歳月が経っていたのかと思わされます。

ジュニア女王になった際はエレガントな表現力とチャーミングな笑顔が印象的だった村上選手。それまでの日本女子のトップスケーターとはまた違った印象で、こういう子が日本代表になってくれたら、楽しいだろうなぁ、と期待させる存在でした。

直後のシニアデビューでは「Jumpi’n Jack」で鮮烈なシニアデビュー。FSのマスク・オブ・ゾロの音楽も見事に解釈し、世界の壁を叩きました。
その後、成長期とともにジャンプの回転不足に悩まされますが、ソチ五輪代表に。

しかし、何より特筆すべきは彼女の競技プログラムでのオペラ座の怪人のSP。競技プログラムに技術だけでなく、音楽の解釈、大人の女性のエレガントさを兼ね備えたプログラムで、「かわいいかなこちゃん」からレディスケーターへの成長を知らしめました。こういうプログラムを日本人が完成させて演じてくれたことが本当に嬉しかった。

フィギュアスケーターには自分自身の証しとする基準がいろいろとあります。記録、ジャンプの難易度、スケーティング、総合力、芸術性などなど。村上選手は最後の芸術性に当たるタイプのスケーターだと思う。彼女はこの「芸術性」でいくつかの金字塔を打ち立てた女子フィギュアスケーターの一人だと思う。

長い間、お疲れ様でした。これからはプロの世界で芸術性の華をさらに咲かせてほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮沢和史さん音楽活動再開

2017-04-21 | music
宮沢和史さんが少しづつ音楽活動を再開されているようです。

この前はたしか俳句の番組にもご出演。詩人としての才能も特筆すべき方なので、なるほど、と感心しました。

宮沢さんのペースで無理なさらなければよいなと思います。

おかえりなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「フォレスト・ガンプ」

2017-04-19 | cinema/観劇/舞台
バスを待っている間、フォレスト・ガンプは素敵なスニーカーを履いている隣の女性に自分の過去を話し始める。

フォレスト・ガンプは子供の頃、知能テストで普通学級の基準に満たされない、と学校側に判断されるが、母親の尽力で普通学級に入学する。背骨の歪みを矯正するため、足には脚装具。入学初日から悪ガキたちの意地悪にあう。でも、その初日から、運命の人、ジェニーに出会う。それ以来、ジェニーとフォレストはいつも一緒だった。

やがて、フォレストは脚装具(大リーグ養成ギブスなのか?)が外れると、足が速いことに周囲が気付き、アメフトの選手に。そしてその能力を買われてスカウトされ、大学へ。大学の卒業式で勧誘を受けた軍隊に入り、ベトナムへ。怪我を負い、病院送りになると、卓球へ目覚め、中国との親善卓球へ。そして、ベトナム戦争時に唯一の男友達だったババとの約束通り、海老漁船を買い、海老漁をはじめる。

フォレスト・ガンプは近代アメリカ史を通り過ぎる。家に泊まりに来る、プレスリー。大学のアフリカ系アメリカ人の初の入学。ケネディ大統領との面会。ベトナム戦争。ブラック・パンサーとの遭遇。スマイルマーク、アップル(企業)なんかもちらり。CGの使い方に感心したもんです。

ガンプの周囲の人々は苦悩する。子供の頃、父親の虐待を受けたジェニーは大学でヌードモデルになったり、薬をしたり。フォレストのまっすぐな愛は受け止められず、苦しみの放浪を続ける。
ベトナムで出会うダン中尉は重傷のところ、フォレストに助け出されることによって、命拾いするが、両足を失う。フォレストに助けられたことをずっと恨んでいる。

そして、フォレストはジェニーと再会するのだが・・・


ダン中尉もジェニーも苦悩の日々を送る。思えばフォレスト・ガンプも決して平たんな人生のはずではないけど、シンプルに考え、シンプルに行動することで、彼の道はぶれない。ジェニーが去った後も疲れ果てるまで走り続け、疲れたら帰る。
ダン中尉もジェニーもその後、フォレストの無垢なまっすぐさを受け入れることと、自分の人生を受け入れ、穏やかになっていくことがリンクしている。

当時は気がつかなかったけど、BGMで使われた曲にハッと気づく。
近代アメリカ史がストーリーのバックにあるのですが、思えば、トム・ハンクスもここ数十年のアメリカの顔そのものだな、と思う。青春映画や恋愛映画を経て、歳を重ね、「キャプテン・フィリップス」ではすっかりおじちゃんんになったな、と思ったものですが、自分も歳をとるわけです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パティスリーポンデラルマのシャインマスカットタルトとボレロ他

2017-04-18 | patisserie/my favarite sweets
アンプチパケ、フランスのラデュレ、オーベックファンという錚々たるお店を経て、独立されたパティスリー。

味に間違いがないだろう、とワクワクして中川へ。そびえ立つマンション群の一角にお店を発見。

右側はシャインマスカットの瑞々しいタルト。

左側はボレロ。カシスの酸味、ホワイトチョコ、チョコレートムースの層がよいバランス。



サクサクしたシュー生地すき。

シャポー。マカロンの帽子を被ったピスタチオのムース。







欲張って、キャラメルシューラスク。ケーキも美味しいけど、シューラスクも美味しかった!

実力派だけど、街のケーキ屋さんとして根付くコンセプトを感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の散歩道

2017-04-17 | 国内旅行・散策・イベント
ふらふらとお散歩。



満開の桜の下を通り抜けます。

冬の寒さでできた心の中の塊がゆっくりとほとけるよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PAULのサンドオリーブトマトモッツァレラとカンパーニュフィグノア

2017-04-15 | おいしいもの・すきなもの(食べ物未分類)

しっとりとしたパンにふんだんにオリーブが入っているところに心惹かれます。スライスしたモッツァレラも何枚も入っているし、これなら1つでお腹いっぱいになります。バジルオリーブオイルのソースも美味しい。

 

フィグのボリュームが嬉しい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ターミネーター4」

2017-04-13 | cinema/観劇/舞台

 「ターミネーター4

観たことがあるだろう、と思いつつ観たのですが、観ていませんでした。最近、シリーズ物はどこまで観て、どこまで観てないのか分からなくなってきた。。。だって、「3」からどれくらい経っているんだろう?人気シリーズ(特にアクションもの)は最近若返りが目立ちます。

舞台は2018年、抵抗軍(人類)の指導者となったジョン・コナー。彼は将来過去に送られ、自分の父親となるカイル・リースを探していた。

カイル・リースは死刑囚だったマーカスと一緒にコナーの元へ行くのだが、そこでマーカスは自分の知らなかった事実を知ることとなる・・・。

期待していなかった分、面白く観ることができた。最後の方は同じみ、ターミネーター感があるし、安心してください。シュワルツネッガーも出てきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィギュアスケート:浅田真央選手引退発表

2017-04-11 | figure skathing、ice show  他
浅田真央選手が引退を発表しました。休養の際に書いたのではないかと思うので、今回は短めにします。

ジュニアチャンピオンになってから、シニアに上がってすぐ日本で開催されたGPファイルで、当時、トリノ五輪最有力候補と目されたスルツカヤ選手を抑えて優勝。3Aがトレードマークの彼女は伊藤みどり選手を彷彿とさせ、日本中の注目を浴びました。苦しんでいるシーズンでも、ギリギリで巻き返す浅田真央選手の競技人生はとてもドラマチックでした。

その後の彼女のスケート人生は紆余曲折ありましたが、私は彼女がジャンプに苦しんだ時期に滑った「愛の夢」そして、シニア本格デビューにしてソチ五輪で再び滑ったショパンが彼女のスケートの真髄を表したプログラムだと思います。1つ1つのエッジワークが音楽に溶け込んだフィギュアスケートが目指すべき方向性の1つであると思います。

リンクの外でもアルトゥニンコーチとの和解やタラソワコーチとのバンクーバー後も続いた縁を見るにつけ、メディアの見えないところでも人として誠意ある態度を示してきたことが分かります。
長いこと、日本のスケートブームの中心にいたのが浅田真央選手でよかったなと思います。
長い間、感動をありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花曇

2017-04-10 | 国内旅行・散策・イベント
枝垂れ桜、美しい。



こらちの桜の名前は?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リリエンベルグのソレイユといちごのタルト

2017-04-09 | patisserie/my favarite sweets

ソレイユ

マンゴーとレアチーズのケーキ。プルンとしてマンゴーが夏感を演出。

パティスリーが原価高騰を受けてどこも値上がりしていますが、このケーキは今でも380円です。

質を落としたくない、というパティシエの気持ちもわかりますが、300円台で美味しいケーキが食べることができる、というのは本当に有難いことです。

いちごのタルト。

リリエンベルグは果物そのものの美味しさを生かしたケーキの構成がとても好きです。

リリエンベルグさんは夏季休業が長いので、お越しになる前にHPをご確認された方がよいと思います。

 

*昨年のものです。今年に関しては不明です。すみません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加