La douce vie

sweetsや美味しいもの,雑貨,映画,art,音楽,本,マンガ,スポーツ観戦,ice show,旅行等ゆるブログです

アイスショー:THE ICE 2017

2018-01-23 | figure skathing、ice show  他
またまた、いまさらシリーズ。THE ICE2017は浅田真央さんが引退発表してプロとして最初のショー、と記憶しています。
これから、プロとしてというアイスショーはだいたい未来志向であるものが多いように思いますが、真央さんの競技人生を振り返る感が強いショーでした。もしかして、アイスショーもこれが最後なのでは?と訝ったのですが、そうでもないみたいですね。考えすぎ。

最初はバーレッスンのようなところから始まるのはなかなかお洒落。

小塚君。ウェルカムバック。また、氷の上に戻ってくれて、みんなの前で滑ってくれて嬉しいです。
復帰プログラムは小塚君のEXの中で一番好きなプログラム。小塚君のスケートの巧さと彼の爽やかなイメージが見事に融合したプログラム。
小塚君を支え、氷の上に戻す後押しをしてくれた、ファンやご家族、スケート関係者に感謝。

鈴木さん。リベルタンゴ。鈴木さんのリベルタンゴ、やはり彼女の音楽を捉える力は素晴らしい。

無良選手。ジャンプの強い選手のイメージがいつの間にかに表現者になって久しい。

織田君。彼の独特のスーッとどこまでも伸びるスケーティングは観ていて気持ちいい。観客と心を交わし合うことができるのも織田君の稀有な才能。

宇野選手。すっかり、トップスケーターの風格。このアイスショーとともに成長した宇野選手。今年の選曲は宇野選手の良さをさらに引き立てものですね。

ジェフ。すっかり、THE ICEの二枚看板の顔に。ショースケーターとしてパーフェクトなスケーター。
それから、真央さんのパートナーとしてもパーフェクト。

高橋君。これぞ、アイスショーといったプログラムとkissing youをしっとりと。あと、真央さんのお陰でラフマニノフを一部だけど再び観ることができて、嬉しかったです。

浅田真央メドレー。
真央さんが過去に使っていた曲と同じ曲を使っていたスケーターがそれぞれのプログラムの一部を滑るメドレー。これはいいですね、それぞれのプログラムを楽しみながら、どこか、真央さんの競技人生をちらりと思い出す仕組み。小塚君だけは、真央ちゃんのコピー。これは小塚君だから、短期間で出来たんだと思う。改めて見ると、曲の中にいろいろなステップが詰め込まれすぎていて、狭くないだろうリンクでも足りない感じです。これを女子のフリーの最後で滑っていたんだから。真央さんと小塚君はやはり特別な才能の持ち主だったのだ、と感じさせるメドレーでした。
最後は真央さんの競技人生最後のプログラム、リチュアルダンスで。私、このプログラム好きでした。蝶々夫人が真央さんの競技人生最後のプログラムであれば、あまりにも競技に徹したプログラムという感じで、残念に思ったけど、リチュアルダンスは彼女にしか滑れないスケーティングとか、衣装のセンスとか、競技成績としては納得がいくものではなかっただろうけど、若手とは別格のスケーターと感じられてこれが最後のプログラムでよかったと思えます。ま、個人的な意見に過ぎませんが。

真央さんのソロプログラムは途中で過去の写真のスライドが出てくるのが、サラ・マイヤーのプロ引退の時を思い出しました。

ローリー・ニコルのサプライズ。真央さんがローリー・ニコルに一貫してプログラム作成をお願いしたのは、勝つため以外に大切なことがあったのでしょう。あまりにもサプライズで会話が続かない。舞さんが頑張ってましたが、進行係がいてもよかったのでは。

今回は同じ時期、競技で切磋琢磨したプロの日本人スケーターが多くて、嬉しかったです。真央さんありがとう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座空也 空いろのどら焼き

2018-01-22 | patisserie/my favarite sweets
空也と言えば、最中ですが、
近頃はこんかポップなブランドを出しているんですね。

TAIYOというどら焼きは、こしあん、つぶあん、白いんげんの3種類。

こぶりなので、手に取りやすく、種類もあるので、あっという間になくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気多大社

2018-01-19 | 北陸/中部 旅行・散策・イベント
石川県七尾市にある気多大社。







神社と海は目と鼻の先。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルサンのコロンみたいなおつまみ

2018-01-18 | 食べ物 未分類
ブルサンのガーリックアンドハーブが好きなんですけど、同じブルサンから、コロンっぽいつくりのチーズを見つけて、つい買ってしまいました。

お酒のおつまみにぴったり。というか、お酒より、おつまみに手がいくのは私がお酒よりおつまみが好きだから⁇
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「マンオブスティール」

2018-01-17 | cinema/観劇/舞台
子供の頃、映画館で見たスーパーマン。

コミックの絵から抜け出てきたような、クラーク・ケント。
あれ以上のスーパーマンはないだろうと思っていたので、見るつもりはありませんでした。

考えて見れば、スーパーマンは非常に単純明解な勧善懲悪モノ。
きっと、あのストーリー展開では現代では受け入れにくいと考えられたのか、スーパーマンが母星にいた頃の両親のストーリーと異能を受け入れるまでの養父母との物語、対決相手のストーリーなど前日談のストーリー。

胸元のSも、ちょっとダサいと思ったのか、エスではないとの設定に。
これが2000年代のスーパーマンなのだろう。過去と現在を、行き来するところも、これでもかとこれでもかと、畳み掛けるようなCG。

ふと、子供の頃にシンプルなストーリーを見ることができてよかったなと思う。

あ、主人公の役者さんは今の時代のいい男でよかったです。
脇を固めるのはダイアン・レイン、ケビン・コスナー。そして、実父はグラディエーター!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「新御宿かわせみ.4 蘭陵王の恋」平岩弓枝

2018-01-15 | book/comic
新御宿かわせみは数冊読んだのですが、代替わりした登場人物たちに馴染めず、読むのを止めようと思っていたのですが、つい手に取ってしまいました。

最近、本を読む集中力をなくしていたんですが、だいたい頭に入っている登場人物、そして、かわせみの魅力でもある季節のうつろい。短編であることも手伝って、久々に本を読む楽しみを思い出しました。江戸から明治にかけての混乱の時代風潮も、かわせみシリーズの最後の方からの雰囲気だな。

るいさん、お吉さん、嘉助が時々ちょこっと現れるのが嬉しい。狸穴の方月館、通之進、宗太郎も懐かしい。
千春ちゃんもお年頃ですか・・・。

前に読んでからしばらく経つので、麻太郎がいつのまに、自分の出生の秘密をここまで詳しく知ったのか、思い出せない。しかも、こんなに詳しく教えるものかなぁ、と思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夜の金沢城公園・玉泉院のライトアップ

2018-01-12 | 北陸/中部 旅行・散策・イベント
こちらのライトアップは玉泉院。

平安絵巻的な音楽が流れ、ライトの色も移り変わっていきます。










玉泉院からお城方面へ散策。

紅葉をライトアップしてとても綺麗でした。

でも、あまりにも人がいなすぎて怖かった。

あ、でも、警備員さんの巡回は2回くらい会いました。



こちらは公園から少し歩いたところにある石川四高記念館。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊島屋の鳩サブレーのコラボ

2018-01-11 | patisserie/my favarite sweets
鎌倉の親戚が、鳩サブレーを送ってくれました。

取り急ぎ、お礼をと思い、宅配の袋は開けたものの、鳩サブレーと確信したところで、封を開けずに、電話をすると、「中見た?」と言われたので、慌てて開けると、缶が映画とコラボしているではありませんか。

鎌倉の親戚は映画好き、鎌倉名物×映画と、お土産のお手本みたいだなと感心しました。

鳩サブレーは懐かしく、美味しいです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海女の磯汁

2018-01-09 | tea,juice,liquor,soup,drink
以前、「いちご煮」をご紹介したのですが、今回は「海女の磯汁」

雲丹、ツブ貝、帆立それぞれが醸し出す潮汁で、つぶ貝だろうか、帆立だろうか、のヒモがわりと入っていて(比較にならないけれど、いちご煮と比べて)存在感があります。

あまりにももったいないので、我が家ではお正月のお雑煮として食べました。

潮汁が五臓六腑に沁みわたる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「LIFE!」

2018-01-08 | cinema/観劇/舞台
LIFE!」

ウォルターは雑誌「LIFE」の写真管理をしている。内気で気になる彼女にも声を掛けられない。

そんなある日、雑誌「LIFE」が休刊する。自分もリストラ候補の一人。

最後の写真をと送られたはずなのに、その写真はない。

彼は最終号の表紙にその写真を載せる旅に世界を駆け巡る。

やがて、内気な彼はどんどんと変わっていく。

変わっていく彼は余計なものがそぎ落とされて男としても魅力的になっていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加