痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

だれかをゆるすことは自分のために…

2017-09-17 15:57:27 | 日記
だれかをゆるせない、だれかをうらん

でいる、だれかに憎しみをいだいてい

る、だれかに怒りや腹を立てまま長年

いる。


そのような状態が長く続きますと、そ

の怒りの炎🔥で自分自身をも焼きつく

しかねませんね。


それほど、怒りや憎しみは自分の力で

はどうしようもできないのではないで

しょうか。😓


深く傷ついていればいるほど、復讐に

似た感情が支配してくるかもしれませ

んね。


相手に向けらているはずのゆるさない

という熱情が実は自分にも向かってい

るということを気づかないといけない

のかもしれませんね。


ゆるさないという心の奥底の叫びがさ

らに自分自身を苦しめているのです。


では、ゆるせばいい、ゆるしなさいと

言われてもそう簡単にはいかないのが

人間の感情であり、心の奥底に秘めら

れた悲しみなのかもしれませんね。


「あなたがたの一人ひとりが心から兄

弟をゆるさないなら、わたしの天の父

もあなたがたに同じようになさるであ

ろう」(マタイ18・35)のことばは非常

に重いですね。


まず、自分はゆるされた。

ゆるされている。

キリストのあわれみをいただいた。

を十分に受け取っていなければ、相手

も同じようにゆるされている存在であ

るということを受け取ることは難しい

でしょうね。


自分で復讐や裁きをくだす前に、正し

くお裁きになられるお方にゆだねると

いう方法はわたしたちの心を落ち着か

せてくれますね。


「受けた傷をあわれみに転じ、侮辱を

とりなしに変えて記憶を清めることが

できるのです」2843

また、「愛が罪より強いものであるこ

ともこの世で証明します」2844

と、カテキズムが教えていますね。


いずれにしても、祈りなくしては心がくじけてしまいますから、ひたすらあわれみ深いイエスに助けを求めて祈り、ゆるして自分の身が楽になれれば幸いではないかなと思うのです。
(/_;)/~~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土台とその上に立つ人 | トップ | 空はどんより曇ってはいても »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。