痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

スキンシップとハグ

2016-10-08 19:54:27 | 日記
以前何かの番組で見たのですが、海外

でボランティアをされている日本人の

方が内戦で親を亡くした子どもたちの

お世話をするとき、よくだっこやおん

ぶをされて、それを注意されたと言う

ようなことがあったということです。


泣いている赤ちゃんもだっこするだけ

で泣き止んだりもするのですが、甘や

かしていると思われたのでしょう。


けれど、のちに親を亡くした子どもた

ちにだっこなどのスキンシップが非常

に傷ついた子どもたちの情緒を安定さ

せることが立証され、それ以後海外支

援の場においてだっこなどのスキン

シップが行われるようになったという

ことです。


赤ちゃんや小さなこどもへの適切なス

キンシップは必要な関わり方の一つな

んだと思います。


けれど、今日ある学習会へ参加して大

人、特に女性へのスキンシップはセク

ハラに成りかねないということです。


頭や身体を触らなくても、話しはでき

るということ。

肌と肌とのふれあいが親密になる方法

でなくてもよいということですね。


スキンシップをしなくてもコミュニ

ケーションで距離感は図れるというこ

とです。

ハグも嫌な人にとっては苦痛なんです

ね。

ハグをしないからといって別に相手を

嫌いだとか拒否しているわけでもない

ことは理解していないと、余計に気ま

ずい間柄になりかねませんね。


ハグを断ると大概、断られた人の方が

傷つくそうですが、その経験のあるか

たはどうか心配されませんように。


ハグが苦手な方もおられるというだけのことですから。


スキンシップも時と場合、相手を考え

て。

相手の立場や状況や相手の意に反する

ことはしない方がいいのではないかな

と思いました。


今日の会でお話を聞かせていただきな

がら、まずは相手のお話をよく聞けた

り、相手の気持ちや心に添うことの方

が何より仲良くなる大切なことなのか

なと思いました。(^_^)✋
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 傷つく傷つかない人の心も | トップ | もう見つけることはできない... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。