痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

苦しみの時に他の人の苦しみを聞くと

2017-10-16 20:25:52 | 日記
自分が苦しみにある時、わたしはどち

かというと無言になります。


この苦しみはきっとだれかに話しても

どうしようもないことだとどこかでわ

かっている場合はとくにそうでしょ

うか。(T_T)


だれかに話して気が晴れるならそれは

幸せなことだとも思いますね。

ただし、聞いてくださるかたの負担に

ならないならばですが…


おおかた、人の苦しみを聞くというこ

とは、当人と同じようにわずかであろ

うとも苦しみを共に味わうということ

でもあるのですから。


自分の心も精神も体調にも余裕があれ

ば、他の人の苦しみを少しは聞けたり

助けたり支えたり出来るかもしれませ

んね。


ところが、今朝、わたしはお仕事が

やっとのお休みでしたので、日頃のた

まった疲れや抱えてしまった苦しみや

痛みをどうしようかと思っていた矢

先、あるかたからお電話がかかってき

ました。


すると、ご自身がどんなに今お辛い

か、おからだの不調からくる痛みと苦

しみ、それに伴うお薬の量が増えての

副作用の症状など、延々と話されたの

でした。


かけることばがありませんでした。


けれど、最後にはそのかたの口から、

わたしはキリストと同じような、まだ

まだ及びはしないけれど、痛みや苦し

みを味わらせてもらってるからきっと

イエスが復活したようにわたしも辛さ

から復活出来ると信じていますと。


まだ乗り越えるまでは行かないけれ

ど、この苦しみを日々キリストに捧げ

て行きますとおっしゃいました。


そうですね!

わたしも今苦しいけれど、ご一緒に霊

魂の救いのためにこの苦しみと痛みを

お捧げしましょう!


そう言って電話を切ったあと、どこか

清々しい思いになりました。😊


自分が苦しい時に、更に苦しい人の話

を聞き、こんなに勇気をいただけると

は思ってもいませんでした。😅


本当に神さまのお計らいには何の無駄もなくわたしたちのあいだを行ったり来たりしておられるんだと感じました。お電話ありがとうございました。
神に感謝!(^o^)💞
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すべてにおいて対処する秘訣... | トップ | 賛否両論にはつけないけれど… »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事