痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

愛することを恐がらないで。

2017-07-11 08:11:42 | 日記
ひとはだれしも自ら傷つきたいとは思

いませんね。

大事にされたいし、必要とされたいし

愛されたい。


それも無条件に。


何かをしたから愛してあげるとか何か

ができたら愛してあげるなどは非常に

残酷な愛しかたのようにも思うので

す。


神さまの愛にならいたいと思うので

す。


神さまは、ひとことも言われませんで

した。あなたは愛してあげるが、あな

たは愛してあげないなどとは。


神はご自身について愛であり、すべて

の人を愛して救うのが御心だとおっ

しゃいましたね。(一ヨハネ)


愛と言えば、肉の愛も家庭をもち、賜

物である子どもを産み育てるという尊

き使命もありますが、霊魂の愛へとす

べてが包括されていますね。


愛がなければむなしい。


何をするにしても、何を考えるにして

も神様抜きではむなしいものですね。


愛はわたしたちの生命そのものです。


愛することから始めなければ、すべて

が恐ろしいものになってしまいます。


まず相手の存在を愛するのは、神さま

が愛しておられるから。


神さまが愛しておられる人間をわたし

たちも愛することから始めたいと思い

ますね。

できなければ、相手のために祈ること

から始められればと思いますね。


この地球、ひとも動物、植物、あらゆ

る物、自然を大切にするのも神さまが

おつくりなられ、わたしたちに大切に

するようにお任せになられたから。


すべてが愛を学ぶために用意されたこ

と。


教えることも愛することから。


相手が拒否していればなおさら。

言葉より思いやりとおこないが人の霊

魂を救うのは、神さまのなさりかた。


愛することから逃げなくてもいい。

神さまの愛は人間の愛より大きいから

心配いらない。


愛することを恐がらなくてもいい。

すでにわたしたちはみな愛されている

から。


知恵を願います。

この世の知恵ではなく、神の知恵を願

い求めて祈りましょう。

知恵は、どうすれば愛せるようになれ

るかを教えてくださいます。


至聖三位一体の神の愛。


聖なる神の愛。


わたしたちはそのなかに生き、動き、存在していますから、だれも愛から見放されてはいないでしょう。🌠✨
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日という日を生きよう! | トップ | 思い出してくださりありがと... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。