痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

たとえを用いて話すイエス

2017-07-16 18:46:35 | 日記
今日の福音書の箇所は、マタイの13章

でしたね。


種まきのたとえでした。それは、皆さ

まも十分ご理解出来るでしょうという

ことで、神父さまは、イエスがなぜた

とえを用いて話されたかという視点で

説教されました。


10 弟子たちはイエスに近寄って、

「なぜ、あの人たちはたとえを用いて

お話になるのですか」と言った。


イエスはお答えになった。


「あなたがたには天の国の秘密を悟る

ことがゆるされているが、あの人たち

には許されていないからである。

…見ても見ず、聞いても聞かず、理解

できないからである」


神の国はたとえを用いて話されないと

わたしたちにも分からないものなんで

すね。神の国の神秘は色んなたとえで

話されていますね。


けれど、そのたとえによって、わたし

たちは心で理解し、悔い改めて、神の

救いにあずかったわけですね。


神の国とは、神の支配を信じて従うこ

と。


神の御心は、わたしたちが御子を信じ

て救われて永遠の命を得ること。


みことばを聞いて従う。


しかし、聞いても聞かず、悟らない人

もいるということ。


そういうひとには、たとえで話され

て、真理はむしろ隠されているもの。


聖なる教え、聖なるご聖体はたとえで

隠されています。


ただ、信じるものには明らかになって

いるもの。


神さまはわたしたち一人ひとりの心を

ご存知であり、その人がいちばんふさ

わしいときに自らを明らかにされてい

かれますね。


あからさまな教えの攻撃よりも、イエスのように神に信頼し、たとえを用いて、オブラートに包んでお話するのも、大きな愛なのかなと思いました。(^_^)🌠✨

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 解らないことは話せないけれ... | トップ | ありがとうって言葉にしたい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。