痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

生きるための力。

2017-01-04 19:26:41 | 日記
人間はいつおとずれるか分からないそ

の命が終わるときまでを生き続けます

ね。

生まれてすぐには両親もしくは養育者

の保護のもとその命は生かされ続けま

すね。


まだ未成年の間は誰かの支えによって

多くの力を借りながら。


人が生きるためにはどれ程のエネル

ギーを必要とすることでしょう。


サッカー選手が事故で車イスの生活に

なり、リハビリと持ち前のガンバリデ

車イスバスケの選手へと転身していく

ドラマを観させていただきました。


「君へ捧げるエンブレム」


直前に誰かのツイートで知りまして、

わたしも観てみようと思いました。


桜井翔さんも熱演でしたので、目を離

せなくなり最後まで観ました。


生きるための力、それは自分をあきら

めないという力なのかなと思いまし

た。


何かが特別できていた人がその能力を

奪われたとき、人は絶望を味わいます

が、それでも命が続く限りまた次の希

望を見出だして生きていくのでしょ

う。


人は弱くてもろいけれど、強くてたく

ましくもありますね。


わたしたちが生きていくための力は、

自分自身がそれぞれ持っている。


その力はそれぞれにちょうどいい感じ

で与えられているように思われまし

た。


皆が持っている生きていくための力。きっと、自分自身が自分をあきらめないことと誰かの支えによってその力はさらに大きくなるようにも思いました。(^O^)✋
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんなに仲の良い友だちであ... | トップ | 共依存、相互依存、神依存 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。