痛い(州´゜◆゜)>イタタ ★☆★☆日記

私は思う。日々の疑問を共に考えてみよう。

人の苦しみ、自分の苦しみ☆.*。*

2017-09-29 19:22:06 | 日記
自分の苦しみは、本当のところ自分に

しか分からないですね。


この自分の苦しみをどんなに言葉や態

度で表そうとしても表現のしようがあ

りませんね。


だれかに分かってもらいたいとか、だ

れかに聞いてもらいたいとか、どこか

に逃れてしまいたいと考えてしまいま

す。


それで、気持ちが楽になるのなら、有

りがたいことなのだとも思いますが…


けれど、言わなければよかったと後か

ら後悔することもあり、余計に苦しみ

を増すことさえありますね。


自分の苦しみは、自分が背負うもので

すが、それではあまりにも辛すぎるこ

ともありますね。


人の苦しみは、その人のもの。

わたしには背負えません。

自分の苦しみだけで精一杯だからなん

だと思います。


時々、自分の苦しみを背負いながら、

人の苦しみをも背負う方もおられます

ね。

それはだれにでもできはしないこと…



苦しみが苦しみを呼ぶこともあります

が、苦しみを喜びに変えることも出来

ますね。


人間とは不思議なものですね。


苦しみの中から、大切なことを見出だ

したりもするでしょう。

自分の苦しみを通して、人の苦しみに

優しくなれたり、一緒に涙することも

あるでしょう。


苦しみのもつ意味は、非常に深く、と

てもひとことでは言えませんね。


苦しみの中から、人間は大切な何かを

教えられるのでしょうか。


あまりに苦しいことが重なってきます

と、このまま死んでしまうんじゃない

かと思うことさえありますね。


わたしは祈ります。


すでに自分ではどうすることのできな

い様々なことのために。

自分の苦しみのために、人の苦しみの

ためにも。


何でもおできになる神さまはこことい

うときには必ず助けてくださいます

ね。


神さまを、信頼することは大きな心の支えとなり、荷物がスッと軽くなるような気持ちにもなるものですね。
(*´ー`*)・*。*.☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加