aratana!

前田新奈 BLOG

[次回公演]レナード衛藤BlendrumsTheater「Silently She Dances - 静かなるダンス」

月島ホール公演終了!

2016年07月24日 10時08分13秒 | Performance2016
「言葉と出会う音楽会」ー童話編ー @月島ホール
終了しました。
たくさんのご来場をありがとうございました。
ライオンになり鳥になり猫になり。。
絵本や童話も奥が深い。
テーマはいつの時代も重なるものがありますね。


さあ、今日から2週間はいよいよ佳境に入ります、「Silently She Dances」に没頭です。
チケット好評発売中!!

レナード衛藤さんオフィシャルサイトはこちら
レナード衛藤さんブログはこちら
(創作過程を紹介してくださっています)



昨日の鳥の様子(笑)

写真:上原なな江さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品プロセス

2016年07月21日 22時36分15秒 | Performance 2014
こちらのブログのトップに貼り付けてあります、「Leonard Eto Blendrums Theater」のPVはもうご覧いただけましたか?
常々ご紹介させていただいております「Silently She Dances」の創作過程を綴ったレナード衛藤さんのブログはこちらです。
10回連載予定のうち、4回分更新されており、お読みいただけますよ〜♪

いやあ〜、この数日はたくさんリハーサルをいたしました。
普段、自分が踊ったり振付をするときはCDなどの音源を使ってするわけですが、今回はすべて生の太鼓で。
私が振付を考えたり試したりする時間もすべていつでも音を出していただき、一緒に創っていけるということの素晴らしさたるや。
その瞬間瞬間はもちろんのこと、その後の身体に残るものもすごいのです。

こういったリハーサル、映像に残す作業、そしてレナードさんのアイディアの豊穣さも含め、すべてのプロセスから得たものが蓄積されて、今に至っています。
これから本番まで、まだ約2週間あります。
まだまだ進化が止まらない予感。

休む間もなく私に驚きをもたらしてくれるこの作品、とにかくご覧いただきたい!
まだチケットありますので是非、足をお運びくださいませ!


写真はレナードさんのブログからお借りしました。


乾直樹さんとのリハーサル。
撮影:レナード衛藤さん

  
PV撮影の様子。
写真:飯田耕治さん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Silently She Dances -静かなるダンス」創作過程を連載で♪

2016年07月10日 09時55分10秒 | Performance2016
「Silently She Dances -静かなるダンス」創作過程をレナード衛藤さんがブログにてご紹介されています。全10回の連載とのこと、これは見逃すわけには行きますまい!!

是非是非、チェックしてみてください。
第1回は「S. S. D. プロセス-1 太鼓アンサンブル強化!」
第2回は「S. S. D. プロセス-2 新しい才能との出会い」
として更新されていますよ!

また、あらすじが公開されましたのでここにご紹介いたします。

【あらすじ】
「動かないときも私は踊っているの」と彼女は言った。生まれつきのダンサー。片時もじっとしていられなかった女の子。子どもの頃は日本語が下手だとからかわれ、外見が違うといじめられた。けれど、いったん彼女が踊り出すと全てが変わった。彼女の名は、アレックス。美しきダンサーの人生が始まったかに見えた。そこに「大災厄」が起きた。巨大隕石が落下し、太平洋を囲む全ての国が津波に飲み込まれた。日本も例外ではなかった。大勢の人が亡くなり、地震や噴火などの天災や有害物質を垂れ流す事故が相次ぎ、やがて、法ではなく暴力が支配する世界が訪れた。アレックスは生き延びながら、踊ることで人々を勇気づけた。それを快く思わない権力者達。歌舞音曲を禁じられた社会で、アレックスは志半ばで命を絶った人々のために踊る。圧力に屈せずに舞い続けるアレックスは、やがて命あるすべてのものを巻き込んでいく。
Silently She Dances 魂の踊り
Silently We Dance そして、私たちの自由

ーーー
チケット好評発売中です!!




最後に、、、
今日は投票所に足を運んでください。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉と出会う音楽会

2016年07月10日 09時28分59秒 | Performance2016
昨日は西船橋にあります、葛飾区民ホールにて踊ってまいりました。
このホールでは2か月に1回程度、区の助成によって、区民に音楽会や舞台に無料でご招待するという企画をやっていらっしゃるそう。
素晴らしいですね。


こちらは演目のひとつ「ジオジオのかんむり」のお供。
久々に手を動かしました。


こちらはパーカッショニスト上原なな江さんとのシーン。


この公演は今月23日、月島ホールでも上演されます。


お楽しみに♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタジオパフォーマンス新作出演者募集のお知らせ

2016年06月24日 23時52分43秒 | ワークショップ クラス 2016
スタジオパフォーマンス新作出演者募集のお知らせです。

昨年12月、「オドリゴコロプチ」にてオドリゴコロ募金のご報告を兼ねた作品発表をさせていただきましたが、
今年もまた、同じく12月に新作を上演できることになりました。

一つの作品を一緒に創り上げ、最後はオドリゴコロプチにて生演奏で発表します。
ご興味さえあれば、創作作品が初めてでも問題ありません。
申込前にサンデーワークショップにて『お試し単発クラス』もありますので、合わせて下記の詳細をご確認ください。


Angel Rのページはこちら

スタジオパフォーマンス
『オドリゴコロプチ』

本番日時:2016年12月18日(日)
会場:Angel R Dance Palace 表参道校

作品名:未定
募集人数:16名
※定員になり次第募集締切
本番生演奏:鼎-tei-

スケジュール:
7月24日(日)スタート
毎週日曜日18:50~20:20
Angel R表参道1スタジオ 全16回。
※本番前12月11日(日)は参加必須。

お申込み:
6月27日(月) 12:00正午より専用申し込みフォームにて受付開始。
7月12日(火)締切

お試し単発ワークショップ:
6/26(日) 
7/10(日) 
17:10~18:40
@表参道校1スタジオ


皆様のお申し込みをお待ちしております!!


写真は作品イメージです。(“クロカミ”より)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな気持ちで。

2016年06月22日 18時06分54秒 | niina
昨日は夏至。
日が長い、って得した気分になりますね。
今月2本目の「いのちてんでんこ」芸術鑑賞会も無事終わり、まだ落ちぬ陽の下で黄昏ているところです(笑)
黄昏られるくらい体調も回復してよかったです^^

あの、愛媛公演から、ちょうどひと月が経ちました。
今までの人生でないくらいの激動の1か月でした。
それ以前の3か月も激動だったのに。さらに。
ジェットコースター並みに駆け上がり、駆け下りて、感情もどれがほんとうかわからないくらいぐしゃぐしゃになって。
いい大人なのですが、、、もう関係なかったです。

おかげで身体にもざざーんと、その波が襲いかかりました。
いろいろとご協力くださったスタジオや先生方に感謝しきりです。
ありがとうございました。

この体調不良は、きっと身体の懺悔だったと感じています。

母への懺悔、
バレエへの懺悔、
そして自分の大切な身体への懺悔。

何を言ってるんだか、、? ですよね 笑;
身体とこころは繋がっている、と言いたいのかな。

この激動はまだまだ続くのだろうか。
週末は母の散骨。
とにかく、また新たな気持ちで夏にむかいたいと思います。
aratana=新奈ですし!^^

今夜は暫し、静かな夜を過ごします。



また、7-8月には舞台が集中しており、代講が多くなってしまいます。
各スタジオの代講情報を参照していただけたら幸いです。
Angel R Dance Palace
チャコット横浜スタジオ
ノアバレエスクール池袋校


ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

得たもの

2016年06月08日 20時10分29秒 | niina
『なにかを失うということは、なにかを得る』。
当然のことでしょう、と思ってはいたけれど、これほどのことかと感じる今日この頃。

得たもの。
それは周りにいてくれる人々の「愛」。
「愛」というと漠然としているけれど、実感としてあるのです。私にとって大切なものが浮き彫りになったような感覚です。
「愛」は、どんな感情よりも抽象的で普遍的だと思います。 だからこそ、実感として訪れたときの感動は大きい。

5月22日に母が倒れたとき、そのことを最初にお伝えしなければならなかったレナード衛藤さんの私へのことばにどれだけ救われたか、
そして後日そのことを知った共演者の方々がかけてくれたあたたかいことば、ことばはないけれど伝わること、、
離れているけれども気遣ってくれる友人たち。
残された父親の愛情。
そして私の想像を越えた母の愛。。。


ツアーのご報告がまだできておりませんでした。
こちらはレナードさんのブログでのツアーのご報告です。
私も近々書きたいと思います!


マンションの10階から見える夕日はとても美しい。@実家

空の下には以前、祖母と祖父が住んでいたマンションが。
ノスタルジックになる条件揃い踏み! (笑泣)


先祖から頂いたこの人生、舞台に立つこと、踊ることで、お返しをしていこう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台のお知らせ

2016年06月07日 22時13分01秒 | Performance2016
〜言葉と出会う音楽会 Vol.2 童話編〜


日時:2016年7月23日(土)午後2時開演(1時半開場)
会場:月島社会教育会館4Fホール
   有楽町線・大江戸線「月島」10番出口 Tel 03-3531-6367
料金:前売り4,000円(当日4,500円)全席自由
問合:090-4093-7846 (言葉と出会う音楽会事務局)

<出演>
語り・歌:石鍋多加史
  語り:半田浩平
 ダンス:前田新奈
 ピアノ:一色典子
パーカッション:上原なな江

<演目>
時代も国も超えて愛され続ける文学作品。
言葉で紡がれた世界を、音楽と朗読とダンスで舞台に描き出します。
「パパの彼女は」    作:ジャニス・レヴィ、作曲:上明子
「ジオジオのかんむり」 作:岸田衿子 作曲:上明子
「注文の多い料理店」  作:宮沢賢治 作曲:土井啓輔
「朱雀門」       作:紀長谷雄 音楽 作曲:鈴木静一
「100万回生きたねこ」作:佐野洋子 

<スタッフ>
 舞台監督:中津邦仁
 照明:鹿島茜(スペースラボ)
 タイトル投影:野沢健児
 制作:言葉と出会う音楽会事務局


どうぞよろしくお願いいたします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母・前田(阪口)美奈子が永眠いたしました

2016年05月31日 10時00分29秒 | niina
昨日私の母、前田(阪口)美奈子が永眠いたしました。
78歳でした。
明日は母親の79歳の誕生日を祝うはずだったのですが。。


母の死は、なにか大きな意味を感じざるを得ないタイミングでしたので、自分のためにもここに書き残しておこうと思います。
ータイミング。
“いのち”や“魂”という普遍的なテーマを持った作品「Silently She Dances-静かなるダンス-」に取り組んでいるとき。
そしてその作品が愛媛で初日を迎える、まさにその日の昼に、母は心肺停止となり倒れました。意識不明。

そしてそのことが起きることをどこかでわかっていた自分がいました。
四国への出発前日、弱りつつある母を抱きしめ、なぜか涙が流れました。
母はわたしに「大好き」と言ってきた。。
ここ何十年もなかったような母娘のつながりを感じ、何か予感するものがあったのです。

幸い翌日から、母はだんだんと意識を取り戻しました。
しかし私はまだツアーの本番が残っている。
ツアーの主催者であるレナード衛藤さんにはこのことを伝えましたが、ご自身もこういった状況を経験されており、わたしの意思で決めることだ、と、大きな懐で受け止めてくださいました。
母は持ちこたえてくれていたので全ての本番を終えてから帰ることができました。

しかしやがて、いわば延命するかどうかの決断をするときがきました。言葉には語弊がありますが、、
我が家はそれはしないと決めていました。
それからしばらく、母は苦しそうにあちこちを旅しているようでした。
それを見守る時間はわたしにとってはたくさんのことを感じる時間でした。
同時に冷静な自分が、「このことがこれからの舞台人生に生きることは間違いない」と思う、そしてそれを 「当然だろ」、と受け流す父。
さすが、長きにわたる俳優人生。すごい。
でも同時にすぐにはらはらと涙を流す父。こんな父は見たことがなかったな。。

倒れてちょうど一週間、母がいままでにないはっきりした意識で何かを訴えた時がありました。
それが腰の痛みのせいだとわかるまでに何時間もかかったけれど、姿勢を変えてあげると、それまでの表情が嘘のように穏やかな顔になった。
今までにない穏やかさ。
そしてその夜、母はわたしの夢枕に現れ、「もう苦しくな〜い」って言っていた。清々しい魂が透けたような笑顔で。
“ああ、そろそろかな。。”

翌日、母は召されていきました。


わたしは母の最後にたくさんのことを教わり、感じることができました。
そのような時間をもらったこと、母に感謝せねばなりません。


母は元“劇団民藝”の女優でした。
私の名前は劇団の演目でもあるチェーホフ「かもめ」の主人公の名前をいただきました。
「ニーナ」は女優であることが生きることそのものだったキャラクター。
私もどうやらその名の通り、ダンスが生きることそのものになっているようです。

劇団民藝 「法隆寺」より (滝沢修さんと)



この間、わたしを支えてくださった方々にこころから感謝を。。
また、この一週間、クラスを代講してくださる友人に感謝を。。
クラスを楽しみにしてくださったみなさまには申し訳ありませんでした。

お通夜・お葬式は執り行わず、親族のみで荼毘に付し、海に散骨をします。
海に還ることは母の心からの希望でした。

母の魂は永遠に私たちのこころの中に生き続ける。
引き続き創作が続く「静かなるダンス」に向け、
そして「いのちてんでんこ」の上演に向け、ますます身が引き締まる想いです。

お母さん、ありがとう!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぜひご一読を♪

2016年05月18日 23時24分19秒 | Performance2016
Yahooニュース に、レナード衛藤さんのインタビューが。
レナードさんとデーモン閣下との創作について、そして「Silently She Dances - 静かなるダンス」という作品について、興味深い記事です。
あらためて、この作品に関わることができていることの衝撃。
本日よりブレンドラムスツアーはじまっています。
明日は京都にてライブ、そして明後日はいよいよ広島でデーモン閣下との「Silently She Dances - 静かなるダンス」!
そしてわたくしめが出演いたします愛媛公演まではあと4日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加