「スポーツすると早死する」説は本当か

スポーツと寿命

心拍数・・一流マラソン選手では、30回程度

なかなか面白い記事です

週刊FLASH 2016年8月30日号

「スポーツすると早死する」説は本当か徹底検証してみた

 8月7日、第58代横綱・千代の富士、九重親方の告別式が営まれた。昨年6月に膵臓ガンの手術を受けたものの、今年に入って再発。7月31日に61歳で急逝したのだ。

 そんな千代の富士にとって最大の目標だった第55代横綱・北の湖も、2015年11月に62歳で亡くなったばかり。日本人男性の平均寿命が80.79歳(2015年)であることを考えると、両横綱の死はあまりに早い。

 角界には「還暦土俵入り」という行事がある。第22代横綱・太刀山が1937年におこなって以降、60歳を迎えた横綱経験者は、土俵入りを披露することが慣例になっている。

 だが、太刀山以降の横綱経験者のうち、健在であれば還暦に達しているのは38人。そのなかで、還暦土俵入りをできたのは、わずか10人だ。残る28人は、還暦を前に亡くなったり、健康を保つことができなかったのだ。

 千代の富士や北の湖も、勇姿を披露して、ほどなく亡くなっている。明らかに「横綱経験者は早死にだ」といえるのではないだろうか。

●過激な運動で免疫力低下 ガンになりやすい肉体に

「お袋は91歳まで生きたんだ。俺にも長生きの遺伝子があるのかな?」

相撲協会診療所の元所長・林盈六医師に対し、生前の北の湖はこう尋ねたという。

千代の富士さんも北の湖さんも、現役時代は血液検査をすると、血糖値から肝機能まで全部よかった。筋肉量や体脂肪率も申し分ない数値でした

 力士たちの診察や健康管理をおこなってきた林医師は、「体、内臓が丈夫な力士が出世していった」と言う。

「それほど優秀な幕内力士が短命なのは、過激な運動のしすぎとしか考えられない。過激な運動は、DNAに悪影響を与える活性酸素を過剰に発生させるし、免疫力も落ちていく。そのため、ガンになりやすい、治りにくい肉体になってしまっている。残念ながら、稽古熱心な力士ほど、顕著です」(林医師)

平均寿命が高い競技は引退してもできる生涯型

 大妻女子大学副学長の大澤清二教授は、実際にアスリートと寿命の相関関係を明らかにした。表は1939年までに生まれたアスリート1920人の寿命を追跡調査した表だ。力士の平均寿命は56.69歳でワースト1位になっている。

 なお、この調査は1998年に発表されたもの。その後日本人の平均寿命は伸びているから、表の数値も多少は上昇していると考えられる。

「このときアマチュアの力士も調査しましたが、こちらは73.61歳と一般人と大差なかった。プロとアマではストレスがまったく違うためです。ストレスは、ガンなど多くの病気の危険因子です。また、競技レベルが上がるほどに怪我も増える。怪我がストレスになるという悪循環です」(大澤教授)

 ただ、ストレスやプレッシャーは、ほかの競技もあるだろう。中長距離の陸上が80.25歳、剣道が77.07歳と高い数値を出しているのはなぜなのか。

「平均寿命が高い競技は、いずれも生涯型で、引退後も自分のペースで続けられるものが多い。一方、相撲は筋肉や脂肪で人工的に体をつくりあげる競技ですし、レスリングやボクシングは厳しい体重制限、食生活のなか何カ月もトレーニングをおこなう。引退後、現役時代と同じように競技を続けることが難しい種目なのです。瞬発力系のスポーツである水泳や陸上短距離も、選手寿命が短く、引退後は運動不足になってしまいがちです」(同)

 

sports_hayajini_2

●ゾウもネズミも人間も15億回心臓打てば寿命

 東京慈恵会医科大学相撲部の総監督を務める医師・富家孝氏はこのような見方を示す。

「千代の富士の場合はたしかに早世でした。しかし、60歳になったら、ガンは誰もが罹る可能性がある。貴ノ浪の急性心不全だって、リスクは一般人と変わらない。急死の8割は、心臓が原因ですから。アスリートが必ずしも短命とはいえません」

 では、生物学的にみればどうか。生物学者で東京工業大学の本川達雄名誉教授に聞いた。

「息を一回吸って吐くあいだに、心臓は4回打ちます。哺乳類なら、どの動物でも、一生のあいだに心臓は約15億~20億回打つ。ゾウの寿命は70年、ネズミの寿命は2、3年ですが、その回数は変わらない。その回数をヒトに当てはめると、せいぜい40年で15億回に達してしまう。 ですが、いまは野生では暮らしていませんし、医療も発達している。そのおかげで、生き長らえているんです。激しい運動をすれば、そのぶん、心臓の限界に早く達することもあるでしょう」

●心拍数が70回以上なら心臓病の死亡率は2倍

 東北大学の研究では、心拍数が1分間に70回以上の人は、70回未満の人に比べて、心臓病が原因の死亡率が2倍になったという。

 そのため、「スポーツをすると無駄に心臓を消耗するため、長生きできない」という考えも根強い。しかし、前出の大澤教授はこう説明する。

「アスリートは一般の人よりも心拍数が少ない『スポーツ心臓』を持っているんです。成人の平均的な心拍数が60~70回なのに対して、アスリートは40~50回。一流マラソン選手では、30回程度です。

 極端に心拍数が少なければ短命になったり、不整脈なら突然死のリスクもありますが、激しい運動に適応して心臓が大きくなっており、一度に送れる血液量が増大して疲れにくくなっているのです」

 そんな人並み外れた身体能力をもちながら、早世してしまうアスリートがいる。なんと凄絶な勝負の世界か。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 難民申請さえ... 大動脈解離で... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。