ISOとか 規格ビジネスは とくなものでない

なかなか良い点をついています

ネットゲリラ

何でも利権利権の腐りきった五輪

農産物の国際基準、というんだが、通称GAP。日本語では「適正農業規範」とか「農業生産工程管理」と呼ぶそうだが、まぁ、端的に言ってしまえば「農業のISO」だ。ISOではウチの業界も大騒ぎをして、なんせ、ISOを取得してないと自治体の行う入札に参加できない、と脅されて、仕方なく取得したわけです。何百万もかかり、手間が増え、更新にも毎年何十万もかかる。ところがやってみたら、役所がまっ先に音を上げたw 役所にも役所のISOがあり、とてもそんなの守ってらんない、というので、いつの間にか役所自体が、ISOなんて口に出さなくなって来たw この手の規格ビジネスというのは、欧州の貴族、上級国民たちの食い扶持のためのシステムで、こんなのマトモに運用したら、捨てガネを毎年100万ずつ払える大規模農家しか生き残れない。

 2020年東京五輪・パラリンピックの選手村などで、国産農産物が十分に提供できない可能性が出てきた。農家には国際的な安全基準などのクリアが求められているが、大会組織委員会が定めた認証の取得率は約1%。高い審査料や厳格な生産管理に及び腰の農家も目立つ。国や自治体は五輪を和食PRの好機とみて、農家を後押しする対策に乗り出した。


で、こうした基準を守るためには、「農産物に素手で触らない、いつも手袋」とか、無意味な規則が多くて、「何でわざわざ高いカネ払って、仕事しにくくしなきゃならない」と不満続出。まぁ、実際には1パーセントの農家くらいしか導入できないだろうw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 野党がテロ等... 日本が米国の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。