自衛隊は よくもっている 西村眞悟の正論

これでは スパイ 工作員歓迎と 言っているのと 同じ

そうなんですね きれいごと いうのは 国家破壊のためか 納得

西村眞悟

陸幕長の方が大臣の首より重い

・・・・

防衛省、自衛隊の情報・インテリジェンスの管理に関して言っておく。
世界のどの国の軍事組織において、
部内の文書・情報をすべて公開するのが原則だとしている組織があろうか。
そんなことをすれば、戦う前に負ける。
負けるということは国家が崩壊するということだ
それ故、
部内情報をすべて公開するのがいいとか、
公開を要求されればそれを拒否できないとか、
そのような配慮をする防衛を担う国家組織は、世界の何処にもない
従って、
我が自衛隊にも、
情報に関して「使用後廃棄」の内規があり、
この度、日報の電子データーが、
その内規に反して残っておれば、
その内規に従って廃棄することは当たり前ではないか。

さらに、度々、田母神元空幕長が
自身の経験に照らして指摘する憂うべき状況をいえば、
新人を採用する時に、
その者の両親や兄弟姉妹や叔父や叔母のことを履歴書に記載させることは
「個人情報保護」のためできないこと、
また、その者の素行や行状や評判を聞き取り調査することもできないこと、である。
その結果、現在、防衛省や自衛隊の中に
かなり高い割合で共産党員やそのシンパの子弟が入っている。
これが、自衛隊内の情報が、共産党や野党に流れる要因であり、
さらに憂うべきは、
中共やロシアさらに北朝鮮に流出する要因である。
よって、自衛隊内に、一定の情報に関して、
「使用後廃棄」の内規があることは当然であり、
その内規に従って残存していた情報を廃棄することが当然である。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ドクター・中... 無能な国防ト... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。