アイドルとナチス衣装批判・・日本人が舐められている

徹底的に戦う姿勢を・・「日本第一党」の桜井誠党首

せと弘幸

アイドルとナチス衣装批判

なぜ、今は駄目になってしまったの

アイドル衣装「ナチスに酷似」 ネット批判、英紙も報道
     人気アイドルグループの「欅(けやき)坂46」がライブで着ていた衣装がナチス・ドイツの制服に酷似していると、インターネット上で批判が集まり、海外メディアが報じる事態になっている。
     同グループは10月22日、横浜アリーナでハロウィーンに合わせたライブイベントを開催。その際、ワシのような紋章を付けた黒い帽子、黒いマントの衣装で登場した。グループのメンバーのブログにも、その服を着た写真を投稿した。
     ツイッター上には「新衣装が思い切りナチスドイツの軍服なんですけど」「これはアウトだろ」などの投稿がされ、ボタンの位置など類似性を指摘する画像なども投稿された。
     さらに英大衆紙「デイリー・メール」や「デイリー・ミラー」(電子版)など海外メディアがこうした騒ぎを報じた。デイリー・ミラーは「第2次大戦時のナチスの兵士の制服に似た衣装がファンにショックを与えた」などとし、イベントの様子を報じたテレビ番組の動画付きの記事を掲載している。
     「欅坂46」の所属事務所は「担当者が不在で、現時点ではコメントできない」としている。
    朝日新聞 2016年10月31日

私がまだ若かった頃。

 1477922795511CwIFwcPUsAAGOhM











 沢田研二「サムライ」をこの衣装で熱唱。坂本龍一  YMO散開コンサートの坂本龍一は濃いメイクとナチス風の衣装に身を纏いテクノポップを演奏する 当時中学生や高校生はテレビから目が離せなかった。

 この在日や左翼は昔はナチス衣装でテレビに出たり、紹介されていたのにナチスの衣装や鉤十字の腕章をしても、全く問題にされることはなかった

 何で昔は良かったのに今問題にされているのかが、さっぱり分からない。格好が良かったからただ着ていただけなのではないか。今のアイドルは本当に可哀想だ。

・・・ 何か気分悪いですね。若者が<カッコイイ>と思って着用しているものを、朝日がいい気になって叩き、それにしばき隊やら左翼が同調して叩きまくる。
 これだって憲法で保証されて<表現の自由>を認めない行為じゃないのかね。ハロウィンイベントでナチ衣装の若者が必ず現れるので、その牽制の為にこんな報道しているのかも知れない。・・・

出ました。 ユダヤ系人権団体・サイモン・ウィーゼンタール・センター

 ユダヤ系人権団体・サイモン・ウィーゼンタール・センターが声明を発表 「ソニーミュージックと秋元康は謝罪を」・・・

一言だけ、呆れます。

 尚、「日本第一党」の桜井誠党首もこの問題を別な視点より取り上げていますので紹介させて頂きます。

ttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12215357301.html

・・・

 

個人的にはアイドルにはまったく興味がないのですが、今回欅坂46なるアイドルグループがやり玉に挙がっていたので、この問題について取り上げたいと思います。事の発端は、欅坂46がナチスの軍服を模したと思われる衣装を着て、ハロウィンの特別パフォーマンスをしたことです。このことを知った、中東の朝鮮人グループ、サイモンなんちゃらことサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)がまた抗議の声をあげたというのものです。

 


SWCの副館長アブラハム・クーパーはホームページ上で「この不適切かつ深刻に侮辱的な呈示に対して、ソニー・ミュージックとグループのプロデューサー秋元康に謝罪を求める」と声明を発表しました。「10代の若者がステージと観客席でナチス風のユニフォームで踊っていることは、ナチスによる虐殺の被害者にとって多大なる苦痛だ」「仮に危害を加えるつもりでなかったとしても、あの上演はナチスの被害者の記憶を安っぽくするものだ。ネオナチスの感情が高まっているドイツや他の国にいる若者に、間違ったメッセージを発信していることになる。国際的なブランドであるソニーは日本に恥をかかせており、もっと良いものを出すことを期待している」と抗議しています。

 


桜井が在特会の会長だった時代、このサイモンなんちゃらが「在特会の活動は差別だ」と騒いだため、抗議文を一通叩きつけました。在特会のどういう活動が差別なのか?そもそも中東の朝鮮人たる君たちに何の関係があるのか?今後、君たち中東の朝鮮人ことユダヤ人は我々に敵対すると見做して良いのか?とするものです。ところが、この抗議文を一通送っただけでこのサイモンなんちゃらは、以降一言も在特会について口にしなくなったのです。

 


後で聞いた話ですが、サイモンなんちゃらに抗議して徹底的に戦う意思を表したのは在特会が世界初だったそうです。そのため、恐れおののいたサイモンなんちゃらが矛を収めて(尻尾を巻いて)逃げ出したというのが、実際のところだったようです。ちなみに、このサイモンなんちゃらはかつてユダヤ人のガス室送りについて疑問を呈した『マルコ・ポーロ』という雑誌に噛みつき、廃刊に追い込んだ「実績」をもった中東の朝鮮人グループです。

 


要は日本人が舐められているということです。たかだかユダヤ人の一グループに過ぎないサイモンなんちゃら如きに差別かどうかなど判断する資格はなく、何でもかんでも差別差別ですべてを塞ごうとしている彼らに対し、日本ではパヨクしばき隊残党などがいましたが、断固として毅然たる態度で臨めば逃げていくのです。そのことを在特会時代の桜井が証明しています。誰であっても話は聞くべきですが、話が通じない相手には、徹底的に戦う姿勢を持って臨むこと、それが行動する保守運動の基本方針です。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 沖縄「土人」... 大麻 高樹沙... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。