放射線 規制値 諸外国は日本の10倍以上甘い

小宮山厚生労働大臣の政治主導

瀬戸弘幸

「福島原発と左翼」のアマゾンランキング

2012年民主党政権下でこのような発表がなされた。(発表当時)

 ・・・その後1年あまりが経過し、今年(2012年)4月、新たな規制値が設定されました。半減期が8日と短いヨウ素131はすでに検出されなくなっていますが、引き続き検出があり得る放射性セシウムに関して、新たな規制値では、それまでの1kgあたり500ベクレルからさらに厳しい100ベクレルまで引き下げられました

g31_002

















 これが何の根拠もなく決められた、そして今もこの基準値が使われています。諸外国は日本の10倍以上となっている、どうしてこのような事が起きているのか?

 外国産の輸入ジャムが500ベクレルで売られている時に、日本のジャムは100べクレル以上のものは出荷停止となっていた。本当にバカげているとは思いませんか?

 しかも当時の小宮山厚生労働大臣の政治主導による反原発風評被害の拡大が目的だったとしか思えないような愚策だった。人気取りの為にただ数値を下げれば良いといったことで引き下げられた。

 関心のある方はこちらを更にご覧下さい。

 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1714?page=2

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロンドンテロ... トランプ政権... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。