離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

離婚相談事例:昨年末から別居!でも娘を思うと、離婚に踏み切れません。迷う毎日から解放されたいです。

2015-09-18 09:30:28 | 別居の悩み
★昨年末から別居!でも娘を思うと、今すぐには離婚に踏み切れません。迷う毎日から解放されたいです。


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキング あなたのクリックで順位があがります^^


メルマガ:夫婦の心理楽で反響の大きかった相談事例をご紹介させていただきます。このメルマガは、読者さまからの相談を公開無料相談としてお受けしています。

はじめまして。以前から 小林先生のブログを読ませていただいて 我が事のようで勇気をいただいています。

主人と私は、昨年末から別居を始めました。娘は6歳ですが、別居は仕事の為だから、出て行った訳ではないと主人が直接説明しました。娘はパパが大好きなので、なるべく傷つけたくないという親心です。

別居に至るまで4年間。たくさんありました。罵倒、否定、大声でケンカ、泣き叫ぶなど、普段は冷静で感情をあまり表さない私ですが、大事な娘の前で 自分の気持ちを抑えられずに、情けない姿を見せてしまいました。娘はそれを見て泣き叫び、主人は「ケンカを子供に見せるな」と。

理由は、主人の行動に理解ができなくなったこと。仕事がハードで、一日13時間労働、休みは月に5日。仕事とはいえ、身体も心配なので、労働時間の事を言うと機嫌が悪くなる。家族の為に働いてるのに言われたくないと。言い方が悪かったのかもしれません。

お金がすべてではありませんが、主人の稼ぎは労働時間に対してあまりにも低く、それだけ働いてるのに生活に余裕はありません。自身で判断し、主人も賛成だったのでパートに出る事を決めました。

仕事も始めて、最初は主人も家の事を少ししたり、子供をみたりしていました。しかし、すれ違いが増え、過ごす時間もなくなり家事育児も全部、ひとりで抱え込む事が増えてきました。

それに対して、出来てない事を指摘されたりする事がたまらなく嫌でした。孤独と不安からケンカが耐えなくなりました。その頃から、主人の度重なる外泊が増えていきました。夕飯を作っても食べず、深夜帰宅。以前浮気をしていた事があり、もう確かめる元気もありません。

彼が好きなら、仕方ないと思います。休日は疲れているのは十分承知していますが、一日中寝ていて、娘は遊んでほしくても言えずにひとりでおとなしくTVを見ている。。あまりにも家族に向き合う時間がなく、話しかけても会話もないので仮面夫婦になっていきました。

愛情もなく、形だけ。今までほぼ、母子家庭状態、でも生活費はなんとか入れてくれていたのでやっていけました。別居を始めてから、やっと生活できるほどのお金しか支払われず、私がパートではなく、本格的に仕事を始めるしかない状態です。

人は変わらない、私が変われば…と心がけてきましたが、心が折れそうです。

自分で稼ぎがあり、きちんと自立できれば、主人とは無理にやり直さなくても私自身は幸せかもしれない。でも娘を思うと、今すぐには離婚に踏み切れない。迷う毎日から解放されたいです。

(りんごさん 30代後半女性)


【小林美智子からのアドバイス】

●主人と私は、昨年末から別居を始めました。
→そうですか。い~っぱいいろいろなことがあったんですね。りんごさん、疲れちゃったね。お疲れ様でした。


●娘はパパが大好きなので、なるべく傷つけたくないという親心です。
→娘さんは、パパが大好きなんですね。


●普段は冷静で感情をあまり表さない私ですが、
→りんごさん、りんごさんは、いろんな想いを溜めこんじゃうタイプなのかな?もしそうだとしたら、それはなんで?


●大事な娘の前で 自分の気持ちを抑えられずに、情けない姿を見せてしまいました。娘はそれを見て泣き叫び、
→うんうん、りんごさん、それは辛かったね。


●主人は「ケンカを子供に見せるな」と。
→そっか、りんごさんは、ご主人に「ケンカを子供に見せるな」って言われちゃったんですね。ご主人の言ってることは正しいけど、でも、それって、ご主人より、りんごさんのほうがよくわかってるんだもんね。だからこそ、余計、辛くなるし、わかってもらえなくて悲しくなるしで、ご主人のこと、ドンドン、イヤになっちゃうよね。


●理由は、主人の行動に理解ができなくなったこと。仕事がハードで、一日13時間労働、休みは月に5日。
→そっか、りんごさんのご主人は、1日13時間も働いて、お休みが月に5日しかないんですね。


●仕事とはいえ、身体も心配なので、労働時間の事を言うと機嫌が悪くなる。家族の為に働いてるのに言われたくないと。言い方が悪かったのかもしれません。
→うんうん、りんごさんは、ご主人の身体が心配だったんだよね。でも、ご主人にとっては、身体を心配しているように聴こえなかったのかもしれないね。

りんごさん、1日13時間働いて、お休みが月に5日しかなくて、お給料が少ない。このことって、りんごさんより、ご主人のほうがよくわかってるんじゃないかな。

りんごさんは、わかってるなら、仕事探すなり、どうにかすればいいと思ってて、ご主人が行動を起こさないことに、もしかしたら怒っているのかもしれませんが、ご主人には、ご主人の想いがあるのかもしれませんね。

りんごさん、今回の相談内容を読んでいて、1番感じたのが、

・りんごさんが、ご主人の身体を心配している想い
・ご主人が、りんごさんと子供さんのために頑張ってる想い

この温かい想いが、お互いに伝わってなくて、もったいない!ってことなんですね。


●自分で稼ぎがあり、きちんと自立できれば、主人とは無理にやり直さなくても、私自身は幸せかもしれない。でも娘を思うと、今すぐには離婚に踏み切れない。迷う毎日から解放されたいです。
→りんごさん、まずは、ココロを解放しよう!りんごさん、離婚してもいいよ。離婚しなくてもいいよ。どっちでもいいよ。りんごさん、いずれ、自然にこたえが出るはずだよ。

でもね、今、決める時期じゃないと思うよ。

というのはね、今、りんごさんもご主人も、ものすっごく疲れています。疲れている時って、早くラクになりたいから、結局、逃げみたいな感じになっちゃうことが多いのね。

そして、逃げのような感じになって決めたことって、後悔しやすいの。


●人は変わらない、私が変われば…と心がけてきましたが、心が折れそうです。
→うんうん、りんごさんは、今まで一生懸命、頑張ってきたんだよね。

でもね、それって、よ~く思い出してみて。夫はこうしたらいいのに!夫はなんでこうしないんだろう!みたいな、オンパレードじゃなかった?

というのはね、私も、今の夫とうまくいってなかった頃、私の気持ちをわかってほしくて、一生懸命になって、でも結果的には、夫に対して、いろんなこと押し付けちゃってたんだ。

だからね、りんごさん、一生懸命、頑張るのって、相手からすると押し付けられてるように感じちゃうこともあるんだよ。

だからね、ひと休みして、まずは、子供さんと楽しんじゃおっか♪

あとね、ココからは、私自身が、離婚したいほどイヤな夫とうまくいくようになったからこそ、ぜひ、チャレンジしてほしいことがひとつあるの。

それはね、自分の気持ちをわかりやすく手短に伝えること。

例えばね、ご主人の重労働に関してだったら、

「身体が心配だったの。」

このひとことだけでいいよ。

・1日13時間働いてる
・月に5回しか休みがない
・労働に対してお給料が見合ってない

こんなこと、言わなくていいよ。だって、一生懸命言って、文句言われたくないもんね。

あとね、「稼ぎ」は「男のプライド」です。

りんごさんのご主人は、稼げないことで、自分に自信をなくしているかもしれません。

りんごさんの優しさ、りんごさんの思いやり、りんごさんの想い、ご主人に誤解されちゃってるのが、すっごくもったいない!

だからね、りんごさん、言い方・言う内容、ホンのちょっと工夫してみて。

今後の方向性を検討するのは、それができてからのほうがいいと思うよ。

りんごさん、まずは、ひと休みしながら、のんびりやっていってね。ファイトです^^

りんごさんの公開無料相談をお受けしたメルマガ:夫婦の心理楽の詳細はこちらをクリックすると読めます!



メルマガ掲載後、りんごさんからメールが届きましたのでシェアさせていただきますね。

小林先生、先生の温かく 力強い言葉、しっかりと胸に響きました!

辛い時には、自分が一番辛く感じ周りが見えないものですね。今思えば、出口が見えない、くらーいトンネルを彷徨っていました。ただただ、怒り、悲しみの感情がこみ上げ、孤独を感じ、毎日起きるのが辛かったです

実は別居後、思い切って、少しずつ自分をいたわる事をしてきたら、ちょっとずつですが、あの時の自分を客観視できるようになってきました。

今では娘とも 穏やかに、楽しく過すことができるようになってきました。

そして、今まで、わたしだけでなく、主人も寂しく、辛かったんだと分かりました。自分だけじゃなかったんですね。

「相手に伝えたい事を伝える」

この単純に思える作業が、私は特に苦手だった事に気づきました。

私達は、8歳わたしの方が年上で、つまらない意地や見栄があったと思います。

先生がおっしゃるように男女では特に、考え方が違うので、そこから誤解を招いたり、勘違いしたりで分かりたいと思えば思うほど、ドツボにはまっていきました…

それが、押し付けに感じられたのかもしれません。自分が彼のお母さん的存在になっているように感じたこと、ありました。

気づいたら、なんだか疲れて 気持ちがわからなくなっていました。

今では、いろいろあるけど笑顔を忘れないようにしたいなと。…笑う事を忘れていた事にも気づきました(~_~;)

まだまだ模索中ですが、これからも家族が健康で温かくいられるように、何よりも、わたしが楽しみたい!と思えるようになりました。

本当にありがとうございました。


あなたは、お読みいただきどんなことを感じましたか?

そして、あなたは、いつ笑った?^^

実は、カウンセリングを受けていると、「最近、笑ってないことに気づきました」っていう方、結構多いんですよ。

パートナーのために笑わなくてもいいよ。でもね、自分のために笑おうね^^

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
離婚を決める前に読んでください!夫婦のお悩み一覧

☆………★………☆………★………☆………★

離婚相談チェンジ

カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。
固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

問い合わせフォーム

★男性のためのカウンセリング
★女性のためのカウンセリング

Copyright(c)チェンジAll Rights Reserved

☆………★………☆………★………☆………★

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫婦円満ことわざ大辞典(9... | トップ | 夫から離婚宣告!夫にだけイ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。