離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

別居から離婚になりやすい3つの要因:夫婦問題カウンセラー小林美智子が伝授!

2014-04-05 12:38:02 | 別居の悩み
★別居から離婚になりやすい3つの要因


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキングいつもクリックありがとうございます^^


今回は、別居から離婚になりやすい3つの要因をお伝えします。

別居から離婚になりやすい3つの要因

1.別居の目的を認識していない
2.ちゃんと話をしない
3.受け入れ態勢ができている


それでは、ひとつずつみていきましょう。

1.別居の目的を認識していない
相談者の方のお話を聴いていると、『別居の目的』を認識していない方が多いといつも感じています。

・なぜ別居しているのか?
・別居してどうしたいのか?

明確に答えられる方って、実はとっても少ないのが現状です。

例えば、あなたが、夫に自分の大変さをわかってほしいと思って別居を選んだのであれば、わかってもらうための工夫が必要になります。

また例えば、あなたが、夫婦喧嘩ばかりで疲れ切ってしまった場合だったら、夫婦喧嘩になってしまうパターンを冷静に知ることで解決の糸口がみつかることもあります。

このように、目的がわかっていれば、冷静になることで解決策をみつけることができるんですね。ところが、ただただ感情的になってしまうだけだと、何もせずに流されてしまったり、頭だけで考えて行動にうつせず、あいまいなまま離婚につながるケースがとても増えています。


2.ちゃんと話をしない
20代や30代のご夫婦はメールやラインなど、バーチャルな世界に慣れてしまっているためなのか、特に向き合って話すということが苦手で、ちゃんとした話もせずに離婚を選ぶケースがとても増えています。

また、40代や50代のご夫婦になると、相手を決めつけてしまったり、諦めてしまったりで、ちゃんとした話ができないことも多いんですね。


3.受け入れ態勢ができている
3組に1組が離婚する時代。ご両親世代でも、離婚に対するハードルも下がり、孫かわいさでやや歓迎ムードみたいな状況になり、離婚しやすい環境になってきました。



結婚生活は長いので、夫婦間には、いろいろなことが起こります。また、いろんな想いがあるでしょう。

でもね、ちゃんと話ができて、ちゃんと向き合うことができないと、実はパートナーを変えても、同じことを繰り返すことになってしまう確率が高いんですね。コレは私の実体験です^^

パートナーと向き合うということは、自分とも向き合うということです。

そろそろ、「なんで?」から「どうしたら!」に切り替えてみましょうか^^

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
離婚を決める前に読んでください!夫婦のお悩み一覧
別居に関するおすすめ記事をまとめました

☆………★………☆………★………☆………★

離婚相談チェンジ

電話番号 
・NTT固定電話 0442115622
・携帯電話 08065184122

★男性のためのカウンセリング
★女性のためのカウンセリング

Copyright(c)チェンジAll Rights Reserved

☆………★………☆………★………☆………★

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勇気を出してご相談して本当によ... | トップ | もっと、○○すればよかった!って... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。