離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

離婚相談事例:私の不倫と浮気~離婚話~娘を傷つけたくないです、どうしたらいいですか?

2011-11-05 12:33:28 | 不倫・浮気・セックスレスの離婚相談事例
★私の不倫と浮気~離婚話~娘を傷つけたくないです、どうしたらいいですか?


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキングいつもクリックありがとうございます^^


今日は、夫婦の悩み相談&離婚相談です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<アドバイスの前に、たまきさん・皆さんへお願い>>
文面だけに対するアドバイスとなっておりますので、私の個人的見解・間違った解釈などもたくさんあると思います。あくまでも参考程度にお読みいただき、今後のことは自分なりに判断なさって下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【相談】たまきさんより
「たまき」です。よろしくお願いします。

夫44歳、妻30歳、娘4歳。結婚6年で、セックスレス1年半以上です。

夫の妻に対する無視、無理解、子作り計画(避妊)を無理解、嫁姑問題の無理解。

妻(私)の不倫(2ヶ月間)、浮気(一晩限りを3人)

私は夫からの無視や無理解、セックスレスなどの寂しい思いに耐えきれず、不倫や浮気をしました。

子供を思うと後悔していますが、夫に対しては正直に言うと、こんなに私を追い詰めた夫が憎いです。

初めのうち、夫は子供の将来の為に添い遂げよう。と言いました。

私も子供とは離れたくありませんので、承諾しました。ですが、その間もセックスレスは継続。また、私の就職の為の勉強に否定的だったり、軽視したり厭味を言われていました。

不倫を解消し、夫婦が和解した時に、「次に浮気したら子供は絶対に自分(夫)が育てる」と強く言われていました。

ですが、夫との夫婦生活(性生活)を心身ともに拒絶している自分自身に気付いたのです。別々の3人と一晩限りの浮気をしました。「もう夫婦関係修復はできない」と離婚を申し出ました。

夫の離婚条件は二つ
1.娘は夫が育てる
2.私の不貞を両親に告白すること

不貞した私が悪いのですが。娘は4歳。どうしても離れたくありません。私はパートですが、仕事もしています。主に子供の世話も私がしています。実家には母も弟も祖母もいます。

ですが夫は反対しています。浮気をした事実もあるし、以前から私が子育て中に時々起こすヒステリーを軽蔑していて、「貴女みたいな人間にしたくないから、育てさせない」と言います。

子供と引き離される原因を作った私ですが、もう一緒に暮らす可能性は0なのでしょうか?不貞した母親が、子育てするのは無理なのでしょうか?

不貞行為を両親に告白する必要性はあるのでしょうか?子供の耳に入り、傷付けてしまうのが恐いです。これも自業自得ですか?私には自業自得でも、娘が傷付くのは避けたいのです。

何かアドバイス頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします

【アドバイス】たまきさんへ
相談にお申込いただき、ありがとうございます。たまきさんにとって、少しでも元気が出るようなアドバイスができればと思います。ただ個人的見解が、強く入ります。参考になさってくださいね。

気になる文面
■夫44歳、妻30歳、娘4歳。結婚6年で、セックスレス1年半以上です。
→たまきさんご夫婦は、14歳、年齢差があるんですね。そして、娘さんが4歳で、セックスレスっていうことは、出産後から、セックスレスになってしまったのかな?

■夫の妻に対する無視、無理解、子作り計画(避妊)を無理解、嫁姑問題の無理解。
→そうですか。結婚して6年間、たまきさんの中で、きっと、いろいろな想いがあったんでしょうね。

ところで、夫の無理解3連発みたいになっちゃってるけど、具体的にどんなところが、たまきさんにとって、無理解って、感じるのかな?そして、たまきさんが、無理解って、感じるようになったキッカケみたいなものって何かあったのかな?

・妻に対する無理解
・子作り計画の無理解
・嫁姑問題の無理解
それぞれ、感じたことを書き出して、気持ちの整理、してみましょうか。

■私は夫からの無視や無理解、セックスレスなどの寂しい思いに耐えきれず、不倫や浮気をしました。
→不倫や浮気って、現実で満たされないものを求める。と言われています。たまきさんは、不倫や浮気に何を求めていたのかな?そして、相手のどんなところに、心が惹かれてしまったのかな?それとも、夫に何かを訴えたかったのかな?

■子供を思うと後悔していますが、夫に対しては正直に言うと、こんなに私を追い詰めた夫が憎いです。
→たまきさんは、夫にどうしてほしかったのかな?

■初めのうち、夫は子供の将来の為に添い遂げよう。と言いました。
→夫は、はじめの頃は、修復を選んだんですね。

■不倫を解消し、夫婦が和解した時に、「次に浮気したら子供は絶対に自分(夫)が育てる」と強く言われていました。
→たまきさん、夫は、この時、どんな想いだったのかな?

■ですが、夫との夫婦生活(性生活)を心身ともに拒絶している自分自身に気付いたのです。別々の3人と一晩限りの浮気をしました。「もう夫婦関係修復はできない」と離婚を申し出ました。
→そうですか。たまきさんは、離婚覚悟で、3人との一晩限りの浮気をしたということですね。

質問の回答
■子供と引き離される原因を作った私ですが、もう一緒に暮らす可能性は0なのでしょうか?不貞した母親が、子育てするのは無理なのでしょうか?
→ごめんなさい。この辺は、私の専門外なので、正直、よくわかりません。

■不貞行為を両親に告白する必要性はあるのでしょうか?
→この辺は、かなり、個人差がありますので、何とも言えませんが…

■子供の耳に入り、傷付けてしまうのが恐いです。これも自業自得ですか?私には自業自得でも、娘が傷付くのは避けたいのです。
→たまきさんが、子供さんを傷つけたくない想いって、きっと、夫も同じなんじゃないかな。この辺は、話し合いだと思うんですね。

■何かアドバイス頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします
→ココから先は、かなり、個人的見解が、強く入ります。間違っていたら、何の役にも立たないアドバイスになってしまいます。その際は、ご容赦ください。

今回の文面を読んでいて、まず感じたのは、
たまきさんは、どうせ私のことなんて、誰もわかってくれない!!
というような、想いが強くて、泣いて訴えているように、感じちゃったんですね。

自分なりに、頑張っても、誰も理解してくれない!!
・なんで、夫ってこうなんだろう!
・そして、なんで、私ってこうなんだろう!
みたいな。そして、罪悪感のような、もっていきようのない感情を、夫のせいにしたり、自分のせいにしたりして、疲れきっちゃっているように、勝手に感じちゃいました。

たまきさん、女性ってね、女性同士で話していると、お互いのこと、だいたい理解できるんですね。

ところが、男性にとって、女性の話し方って、ものすごく、早くて、わかりにくくて、通じてないことの方が、多いかもしれないんですね。

いまさらですが…夫は、たまきさんの言っていること、ちゃんと理解できていたのかな?男性って、

・ニュアンスじゃ、伝わらない
・早口だと、理解できない
・思いついたことを、次々、しゃべられると混乱しちゃう
みたいなところがあるんですね。

今後、たまきさんご夫婦が、どうなっていくのか、正直よくわかりませんが、きっと、今後のことでも、話し合いをする場面が、出てくると思うんですね。そんなときは、女性同士の話し方と、対男性との話し方を、変える必要が出てきますので、この辺のことを、心掛けてくださいね。

そしてね、
・私への愛情があったら、こうしてくれるはず
・私のこと大切に思っていたら、こんなことしないはず
女性って、こんなふうに、思いがちですけど、コレって、自分が感じていることであって、男性は、このようなこと、何も考えていないことが多いんですね。

たまきさん、これ以上、自分を責めなくても、大丈夫だよ。だって、自分のこと、責めたら、夫のこと、もっと、責めたくなっちゃうでしょ。それに、疲れてるときって、何しても、イライラしちゃうんだよね。

だからね、
まずは、ひと休みして、ちょっとだけ、元気になったら、今までのことを、じっくり、振り返ってみましょうか。応援しています

★他の相談事例を読む

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。



☆………★………☆………★………☆………★

離婚相談チェンジ

電話番号 
・NTT固定電話 0442115622
・携帯携帯 08065184122

お問い合わせフォーム

Copyright(c) チェンジAll Rights Reserved

☆………★………☆………★………☆………★


『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【小林美智子オリジナル@夫... | トップ | 離婚相談事例:些細なことで... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。