離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

離婚相談事例:無口で短気な外面夫に常に気を遣っています…離婚してもよいのか?

2011-02-18 18:53:30 | 夫婦喧嘩・性格の不一致の離婚相談事例
★無口で短気な外面夫に常に気を遣っています…離婚してもよいのか?


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキングいつもクリックありがとうございます^^


今日は、夫婦の悩み相談&離婚相談です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<アドバイスの前に、れしゅさん・皆さんへお願い>>
文面だけに対するアドバイスとなっておりますので、私の個人的見解・間違った解釈などもたくさんあると思います。あくまでも参考程度にお読みいただき、今後のことは自分なりに判断なさって下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【相談】れしゅさんより
はじめまして。れしゅと申します。現在39歳、結婚16年目の45歳の夫と15歳の長男、10歳の長女がいます。また、夫の両親、弟(義弟)と同居しています。

夫が無口で短気という性格で、夫が家にいるときは常に気を遣っていなければならないし、夫婦・家族として会話がほとんどありません。そんな生活を変えたいという思いで相談させていただきました。

夫は、基本的に無口で家でもあまり会話はありません。子どもともです。そのくせ口を開いたと思えば、子どもに対しての小言や義両親に対する不満ばかり。夫は自分の両親のこともあまり好きではないらしく、日中義両親のしたことが夫の気に入らないことだったりすると、帰ってくるなりものすごく不機嫌になります。

機嫌が悪くなると手をあげたりはしませんが物にあたったり、いつもは何気ないことにも怒ったりするので、子どもも夫の顔色ばかりうかがっています。中3の長男にいたっては、夫と二人きりになるのを極力避けるようになっています。(今はそういう年頃になっていますが、小さい時からそうでした)ただ、私には声を荒げて怒ることはしません。理由はわかりませんが…

私も本来はどちらかというと短気で強気な方で、夫以外なら誰に対してもはっきりとものを言い、言い過ぎてしまうくらいの方です。なのに、夫にだけは何も言えません。結婚、3年目くらいの時に夫がちょっと言うことを聞かなかった長男(当時2歳)に対して「てめぇ、ふざけるな!!」と暴言を吐いたことがありました。

この様子を見て以来、怖くて何も言えなくなった気がします。今でも子どもにすぐに怒りますが、その理由が理不尽でも私は怖くて間に入ってあげられないのです。心臓がバクバクしてしまって、声が出せなくなります。さすがにやくざ風には怒らなくなりましたが…

テレビっ子で、機嫌がいいとテレビの話はよくしてきます。車が大好きなので車の話もよく話します。でも子どものことや義両親のことなど、ちょっと核心に迫った話になると考えているふりをしたままその場をやりすごされてしまいます。

結婚当初からそんな感じでしたので、私は義両親の不満も子育ての相談も一切しなくなりました。それが会話がない一つの原因だとは思うのですが、相談してもほとんど相談にならないし、それどころかその態度がかえって頭に来たりするため相談する気になりません。

常に怒っていないか、怒らせないようにしなきゃと気を遣って生活するよりできることなら、別れて子どもと3人笑顔で暮らしていきたいと思っています。さらに、義両親のことも苦手なので解放されたい思いもあります。

ただ、今の生活環境は義両親のおかげもあり、お金に困る生活ではなく子供たちもある程度贅沢な暮らしをしている方だと思います。それが離婚することになれば今のような生活は送れないのは確実です。子どもにそういう思いをさせてまで、離婚してよいのか…夫は平日は帰りが遅いので、休日だけうまくやり過ごしてこのまま暮らしていった方がいいのか…

ちなみに、夫は外面はとても良く見た目も穏やかでやさしそうです。事実普段は私には優しくしてくれていると思います。でも、こういう考えが出てきてしまっている私にはその優しさでさえ「気を遣われている・他人行儀だ」としか思えません。

私がこういう風に思っていることは一度も話したことはありません。逆ギレが怖いです。正直、自分でもどうしたらいいのかわかりません。長くまとまりのない文章ですみません。何かアドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いします。

【アドバイス】れしゅさんへ
れしゅさん、毎日大変ですね。家庭って安全安心な場所なのに何だかココロが疲れてしまいますね。でもれしゅさんは今まで一生懸命家族のために頑張ってきたんですね。お疲れ様でした。れしゅさんが少しでも元気がでるようなアドバイスができればと思います。ただ個人的見解が強く入ります。参考になさってくださいね。

気になる文面
夫は、基本的に無口で家でもあまり会話はありません。子どもともです。そのくせ口を開いたと思えば、子どもに対しての小言や義両親に対する不満ばかり。夫は自分の両親のこともあまり好きではないらしく、日中義両親のしたことが夫の気に入らないことだったりすると、帰ってくるなりものすごく不機嫌になります。
→れしゅさん、子育てって結構連鎖することがあるんですよ。もしかしたら夫は義両親から文句や小言ばかり言われていたのかな?人って自分が親からやってもらったことしか子供にできない。などと言われています。子供の頃に感じたこと親からやってもらったことが当たり前の光景だからです。

■機嫌が悪くなると手をあげたりはしませんが物にあたったり、いつもは何気ないことにも怒ったりするので、子どもも夫の顔色ばかりうかがっています。
→何だか子供より子供みたいで困っちゃいますね。

■結婚、3年目くらいの時に夫がちょっと言うことを聞かなかった長男(当時2歳)に対して「てめぇ、ふざけるな!!」と暴言を吐いたことがありました。この様子を見て以来、怖くて何も言えなくなった気がします。今でも子どもにすぐに怒りますが、その理由が理不尽でも私は怖くて間に入ってあげられないのです。心臓がバクバクしてしまって、声が出せなくなります。さすがにやくざ風には怒らなくなりましたが…
→そうですか。とっても恐かったことでしょう。でも2歳の長男さんはきっともっと恐かったことでしょう。たぶん今でも長男さんの夫に対する恐怖心はかなり残っていると感じます。

■ちなみに、夫は外面はとても良く見た目も穏やかでやさしそうです。
→そうですか。夫は外面人間だから、外でストレスを溜めて帰ってくるのかな?

■事実普段は私には優しくしてくれていると思います。
→今の夫にとって、れしゅさんだけが信頼できる人のようですね。

質問の回答

■常に怒っていないか、怒らせないようにしなきゃと気を遣って生活するよりできることなら、別れて子どもと3人笑顔で暮らしていきたいと思っています。さらに、義両親のことも苦手なので解放されたい思いもあります。
→そうですね。毎日がお辛いですよね。ココから先はバリバリ個人的見解が強く入ります。参考程度にお読み下さい。

今回の相談内容を読ませていただいて1番気になったのが子供さんの件、特に長男さんの件です。れしゅさん、今夫婦の問題を解決しようとしてもなかなか難しいですし、かなり時間もかかると感じます。

でも長男さんの件は、今すぐにでもどうにかしてあげないといけないような気がしてなりません。問題行動がでているかどうかはわかりませんが、このままの状態で大丈夫なのかがとても気になります。

れしゅさん、子供さんと一緒に親子カウンセリングや心理療法などを検討してみはいかがでしょうか。現在お金にも困らずどうにか生活できているのであれば長男さんや長女さんそしてれしゅさんのココロにお金をかけることをお勧めします。

離婚なんてハッキリ言って「しよう!」と思えばいつでもできます。でも、いっぱいいっぱいになった疲れたココロは即治療しないと取り返しのつかないことになってしまうことってとっても多いです。

夫婦間がうまくいかずに子供さんにしわ寄せがきているような場合、子供は問題行動を起こすようになるケースがとっても増えています。

れしゅさん、夫婦関係より子供さんに目を向けてあげてほしいな。そんなことを勝手に感じてしまいました。ただ私の見解が間違っていたらなんの役にも立たないアドバイスになってしまいます。その際はご了承下さい。

まずは今ココで何を最優先すべきか?じっくりゆったり感じてみて下さいネ。応援しています

★他の相談事例を読む

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。



☆………★………☆………★………☆………★

離婚相談チェンジ

電話番号 
・NTT固定電話 0442115622
・携帯携帯 08065184122

お問い合わせフォーム

Copyright(c) チェンジAll Rights Reserved

☆………★………☆………★………☆………★

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 離婚相談事例:不妊治療~セ... | トップ | 【3/5キラナビセミナー】... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。