離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

家事分担から夫婦喧嘩にならないための3つのポイント

2014-10-10 15:44:44 | 家事分担
★家事分担から夫婦喧嘩にならないための3つのポイント


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキングいつもクリックありがとうございます^^


今日は家事分担についてお伝えします。

どちらかというと、ぜひ、女性に読んでいただけたらと思っています。

まず、3つのポイントをお伝えしますね。

家事分担から夫婦喧嘩にならないための3つのポイント

ポイント1.夫の家事は不完全で当然と思う
ポイント2.夫の家事とあなたの家事はやるタイミングが違うと心得る
ポイント3.夫は家事のサポート役と思う


ひとつずつみていきましょう。


◆ポイント1.夫の家事は不完全で当然と思う

我が家の夫の実例で書いていきますね。

ある日、私が優れ物の網戸掃除グッズを買ってきたので、夫に依頼しました。

私:網戸掃除お願いできるかな?

夫:うん、いいよ!

と、と~っても良いお返事♪そして2~3分後・・・

夫:みっちゃん、終わったよ!コレすっごくいいね!

私:えっ!?うん。

はやっ!っと思いながら、夫の部屋の網戸を見に行ったら、思った通り、網戸だけ掃除してくれてました^^

コレを読んでいる女性のかたは、

・うんうん、わかる!ウチも一緒だよ!
・網戸掃除って言っただけだからしょうがないよ!

って思うかもしれません。

また、男性のかただったら、

・なにが言いたいの?
・頼まれたことちゃんとやったのに???

って思うかもしれません。

夫の家事は不完全というのは、夫は、言われたことしかやらない!ということです^^

網戸掃除って言ったら網戸掃除しかやりません。

でも、女性っていうのは、網戸掃除って言われたら、窓やサンなども、ひっくるめて掃除するんですね。

食器洗いもそう、男性が「食器洗いお願い!」って言われたら、食器を洗うだけの人もいます。もうちょっと気を利かして、フキフキする人もいるかもしれないし、食器棚にしまう人もいるかもしれません。

でもね、女性にとっての、食器洗いって、シンクの掃除や生ごみを片付けるなんていうのもひっくるめてだと思ってることが多いんですね。

そう女性って、男性より、すっごくいろいろなことをするんですね。

ただ、男性って、わかっていてやらないんじゃなくて、本当にわからないからやらないんですね。

ところが、妻って、この違いがわからないから、ついつい、なぜか夫には厳しくなってしまい、自分がやることを夫も同じようにできないと腹立たしくなってしまうんですね。

そして、いろいろ言ってしまうの。

・なんで網戸だけで、窓とかサンとかやらないのよ!
・食器洗うだけで終わりなんて信じられない!
・もう!二度手間になっちゃうじゃない!
・この前も同じこと言ったよね!
・なんで何回言ってもわかんないの!
・もう、頼まない!

みたいなことを、ついつい言ってしまいます。

そうなると、喧嘩になってしまったり、夫が手出ししなくなります。

すると、妻は、もっともっとイライラしちゃうの。自分だけが大変だから・・・

あのね、女性と男性は、目の付け所が違います。できることが違います。経験値も違います。

だからね、例えば、網戸掃除だったら、

「網戸掃除、すっごいキレイになったね。あとは窓とサンもお願いできるかな。」

みたいな感じで、まずは、やってくれたことに対して評価してあげてください。

そして、あまりハードルの高い家事を依頼するよりも、超簡単なものからスタートさせましょう。

男性ってね、動線を作ることが先決。家事に参加するという動線。

ココがうまくいけば、家事が習慣になってきます。

ある女性から、こんなメールをいただいたことがあります。

私の夫は、子供が生まれるまで共働きだった為、結婚当初は一生懸命家事を手伝おうとしてくれました。

それを私は、責めるような態度をとっていたのです。

つまり、感謝の言葉より、雑な部分を指摘することの方が多かったように記憶しています。

暴言を言ったつもりはありませんが、もしかしたら夫にはそう聞こえていたのかもしれません。

そのうち夫は、「折角手伝っても、文句ばかり言われる」に始まり、しまいには「君がやった方がずっと上手だから」と、全く手を出さなくなりました。


家事分担を成功させるのは、実はあなた次第なのかもしれません。

夫の家事は不完全です!だからこそ、あなたの夫はホメれば伸びる!かもしれません^^



◆ポイント2.夫の家事とあなたの家事はやるタイミングが違うと心得る

例えば、食後の片付け。

・即、片付けたいタイプ
・自分のペースで片付けたいタイプ

タイプはいろいろです。問題は、妻が、即、片付けたいタイプの場合に起こります。

というのは、即、片付けたい妻は、さっさと片付けたいから、即片付けない夫が、ものすっごく目につくんですね。そして、こんなふうに感じてしまうこともあります。

・ホントは片付けなんてしたくないのかな?
・そのうち、私がやると思ってるのかな?

みたいな感じで、かえってストレスになってしまうことがあるんですね。

でも、コレは慣れるしかありません。

もし、何か言うんであれば、明日の朝になっても片付けてないとき^^

あなたは、あなたの夫のペースって、なんとなくわかってると思うんですね。

そして、それでもイライラしてしまうのは、ようは、夫をあなたと同じようなペースに直したいから。

でもね、コレって、夫も同じように感じてるんだよ。

もっと、ゆったりすればいいのに^^ってね。

だからね、まずは、泳がせて、夫の好きなようにやってもらって。

そうじゃないと、また妻になんか言われる!って思っちゃうと、やらなくなっちゃうから。


◆ポイント3.夫は家事のサポート役と思う

どう考えても、夫は家事のメインキャストにはなれません^^

あくまでも、あなたのサポート役と割り切って、あなたが少しでもラクになれる状況を作っていきましょう。

それに、男性って、

・こんなに大変!
・こんなに疲れる!
・こんなにしんどい!

って、100回言っても理解できません。男性には体験してもらうのが1番。

100回言うよりも1回体験!

って覚えておいてください。

だからこそ、家事の体験コースだと思って、いろいろ工夫してみてください。

コツとしては、

・ハードルの低い家事から
・自分がやりたくない、どうでもいい家事から(あなたのこだわりのあるものは任せない)
・具体的に言う
・夫からの「言ってくれればやるのに!」は素直に受け取り、そのとおりにする
・不完全家事にまずは「ありがとう」そのあとに要求を

ようするにね、あなたがラクできればいいんだよ^^


家事分担から夫婦喧嘩になり、夫婦の会話が成り立たなくなってしまうようなケース、結構多いんですね。

言い方ひとつ、発想の転換ひとつで、どうにでもありますよ~

あなたの、ふうふの関係を、うふふの関係にしましょうね^^



☆………★………☆………★………☆………★

離婚相談チェンジ

電話番号 
・NTT固定電話 0442115622
・携帯電話 08065184122

お問い合わせフォーム

Copyright(c) 2014チェンジAll Rights Reserved

☆………★………☆………★………☆………★
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫の心得:妻にメールやライ... | トップ | 確かに浮気したのは自分が悪... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。