離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

2週間前、夫から離婚したいと宣言されて、一人で時々号泣しています。でもそれじゃダメですよね?

2016-08-04 10:22:00 | 離婚したくない悩み
★2週間前、夫から離婚したいと宣言されて、一人で時々号泣しています。でもそれじゃダメですよね?


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキング あなたのクリックで順位があがります^^


メルマガ:夫婦の心理楽で反響の大きかった相談事例をご紹介させていただきます。このメルマガは、読者さまからの相談を公開無料相談としてお受けしています。

2週間前、夫から離婚したいと宣言されました。今まで本当に普通に生活したのに…。平静を保って聞いていましたが動悸は凄く頭はクラクラ。

・二年位前から考えていた。
・僕の起点は家だけど、君は違うよね?
・そばに居るのは僕じゃなくていいんじゃないの?
・今までケンカを一杯して来たけど何も変わらないし今後も変わらない。
・「結婚ってなんだったんだろう」って思ってしまう。
・家も売ろう。僕は故郷に帰る。君は一人で生きていけ。
・僕は今まで、警告を出してきたよ。気づいてないんでしょ?

寝不足のまま出勤が続き、突然生理も始まってしまいました。今月末転職を控えており、新しい仕事を前に家庭でこんな事が起こるなんてと、何も手につかない数日…。

でも…冷静に、言われた事を思い返してみると…

私は「言わなくても分かってくれる」とずっと思っていたのではないか。そう感じるようになり、小林先生のサイトを閲覧させていただき「言わなきゃわからない!」という事を思い知りました。

私はその後、出会ってから今までの「夫にしてもらった事」をまとめて、更にそれらについて私は何をしてきたのかと言う事も一緒に書いてみましたが…私は本当に酷いことをしてきていた事が分かりました。

先日、今までの非を全て謝りました。こんなに色んな事をしてくれた。優しくしてくれた。でも私はそれが当然のように振る舞ってしまい感謝の言葉も送らなかった。ありがとう。ごめんなさい。

謝罪は受け取ってくれましたが、家庭内別居状態は未だ続き離婚の意志は固そうです。

今はここから先の「私の行動」が大きな課題です。変わらなきゃ!と思うのですが、そもそも感謝すら言葉に出来なかった女がどう変わればいいのか…。

目標は夫婦修復ですが、会話皆無な現状で検討つかず、公開相談に応募させていただきました。

一人で時々号泣しています。でもそれじゃダメですよね?「行動」とは、どういうものなのでしょうか?

(Nさん アラフィフ女性)


【小林美智子からのアドバイス】

●2週間前、夫から離婚したいと宣言されました。今まで本当に普通に生活したのに…。平静を保って聞いていましたが動悸は凄く頭はクラクラ。
→そうですか。Nさん、まさに青天の霹靂みたいな感じでビックリしたし、ものすっごくショックだったね。ところで体調のほうは大丈夫ですか?


●寝不足のまま出勤が続き、突然生理も始まってしまいました。今月末転職を控えており、新しい仕事を前に家庭でこんな事が起こるなんてと、何も手につかない数日…。
→Nさん、もう新たなところに転職なさったのかな?仕事がどんな感じなのかとても心配しています。


●私はその後、出会ってから今までの「夫にしてもらった事」をまとめて、更にそれらについて私は何をしてきたのかと言う事も一緒に書いてみましたが…私は本当に酷いことをしてきていた事が分かりました。
→そっか、Nさんは、「夫にしてもらった事」を書き出して、今までの結婚生活をじっくりと振り返ってみたんですね。そして、いろいろなことを感じたんですね。

Nさん、辛かったね。そして、今でも辛いよね。でもね、今、ココで、今までのことを振り返ることができて、良かったんじゃないかな。


●先日、今までの非を全て謝りました。こんなに色んな事をしてくれた。優しくしてくれた。でも私はそれが当然のように振る舞ってしまい感謝の言葉も送らなかった。ありがとう。ごめんなさい。
→うんうん。Nさん、Nさんは今までの非を認めココロから全て謝ったんですね。Nさん、エラかったね。


●謝罪は受け取ってくれましたが、家庭内別居状態は未だ続き離婚の意志は固そうです。
→そうですか。夫が何を感じ、どうしようとしているのか、正直私にもよくわかりません。ただ、ようすを観ているような気がします。


●今はここから先の「私の行動」が大きな課題です。変わらなきゃ!と思うのですが、そもそも感謝すら言葉に出来なかった女がどう変わればいいのか…。
→Nさん、「感謝すら言葉に出来なかった女性」が「今までの非を全て謝りまり、感謝の言葉も送らなかった。ありがとう。ごめんなさい。と感じる女性」になったじゃないですか。

Nさん、Nさんは今までのNさんと違うよ。そのことは、ちゃんと自分で自分を認めてあげようね。

ココからは、私が夫の気持ちを勝手に想像して書いちゃうね。Nさん、気分を害したらごめんね。スルーしてくださいね。

・二年位前から考えていた。
→二年位前から、ずっと、今までのこと、そしてこれからのこと、ようすを見ながら考えていた。

・僕の起点は家だけど、君は違うよね?
→僕にとって家が1番大切だけど、君は家じゃないよね。

・そばに居るのは僕じゃなくていいんじゃないの?
→別に僕じゃなくてもいいんじゃないかな。

・今までケンカを一杯して来たけど何も変わらないし今後も変わらない。
→今まで、いろいろ伝えてきたつもりだったけど、伝わらなかったし、これからもきっと伝わらないんだろうな。

・「結婚ってなんだったんだろう」って思ってしまう。
→これからも、このままの結婚生活でいいのか?やっぱり違うしイヤだと思ってる。

・家も売ろう。僕は故郷に帰る。君は一人で生きていけ。
→君に僕は必要ないんだよね。それに君は一人のほうがきっと幸せになれるでしょ。

・僕は今まで、警告を出してきたよ。気づいてないんでしょ?
→きっと、君は僕に関心がなかったんだよね。

勝手な想像で書きました。

Nさん、そして女性のかた、女性ってね、家庭内でいろいろなことを望んで、いろいろなことを言いたくなっちゃうけど、男性ってね、

1.自分は嫌われてないか?
2.自分は必要とされているか?

家庭内では、この2点くらいしか考えてなかったりするんですね。

なので、Nさん、夫は、もっと必要とされたかったんじゃないかな。もっと一緒に寄り添いたかったんじゃないかな。

Nさん、少しずつでいいの。ありがとうって言いたかったら「ありがとう」って言おう。体調が気になったら「大丈夫?」って声をかけてみよう。

あとね、Nさん、Nさんは子供の頃、どんな家庭に憧れてた?また、親からどんな言葉をかけてほしかった?どんなふうに接してほしかった?

この辺にヒントが隠されてることがあるので、ホンのちょっと思い出してみてね。


●一人で時々号泣しています。でもそれじゃダメですよね?「行動」とは、どういうものなのでしょうか?
→Nさん、一人で時々号泣。いいんじゃないかな。だって泣きたくなっちゃったんだもん!^^ Nさん、もう一人でがんばらなくてもいいんじゃないかな。ちょっとずつちょっとずつ、夫に弱音、みせちゃっていいんじゃないかな。

Nさん、これからの行動のヒントは…

(( 今までと違うことをする ))

ということです。今までと違うNさんに、少しずつなってきてると思うよ。だからね、少しずつでいいの。

そしてね、Nさん、もうこれ以上、自分のこと責めなくても大丈夫だよ。過去のことはもう十分総括できてるので、反省したことを今後に活かすことに目を向けていってね。

そしてもしね、どう行動したらいいのかわからなかったら、カウンセリングにて、もっと具体的な行動を検討しようね^^

Nさんの公開無料相談をお受けしたメルマガ:夫婦の心理楽の詳細はこちらをクリックすると読めます!



メルマガ掲載後、Nさんご本人からメールをいただきましたので、ご紹介させていただきますね。


お世話になっております。今回掲載されましたNです。

文面の細かなところまで行き届くアドバイス、ありがとうございます。新職場で休憩中にウルっとなってました(笑)。

小林先生が仰る内容に頷きながら読んでました。

私、多分弱く見せることが出来ない人なのかもしれません。

子供の頃は家庭への憧れはほぼ無く、代わりに「家の外で頑張れば褒めてくれる」という事を学びました。

この為なのか、仕事を頑張るとたいてい下に人が付く立場に立て、そこにやり甲斐を感じていました。

そこも多分夫に寂しい思いをさせてしまうキッカケの1つになってしまったのかもしれません。

・ちょっとずつ弱音を見せては?
とのアドバイスですが、こんな感じの私(笑)ですし、こちらを全く見ることもなく話すことも無くなった夫に、どんな弱音が見せられるのか・・・。

離婚宣言から一ヶ月経過した現在、夫は私と視線を合わせることも無くなり、会話もゼロ、寝室は別々。

でも・・・案外これは想定内でこの辺りはあまり問い詰めて追い込まないようにしています。で、

変わらなければという思いで、気付いたことには出来る限り声をかける様にしていますが…。これが中々…。カウンセリング、現在検討中です。

その際はどうぞよろしくお願いいたします。


メールありがとうございます。

・子供の頃は家庭への憧れはほぼ無く、代わりに「家の外で頑張れば褒めてくれる」という事を学びました。
→そうですか。子供の頃、このようなことを思っていたんですね。Nさんは、予想通り、頑張り過ぎやさんだったかな^^

気が向いたら、ご連絡くださいね。あと、新職場、カラダとココロを大切になさってくださいね。



・必死だったから…強がってた→弱音が出せない!
・必死だったから…逆なことばかりしてた→素直になれない!
・必死だったから…平静を装ってた→甘えることができない!

コレ、昔の私です^^

私、ずっと必死だった…でも、その必死さ、周りは気づいたなかったと思う。っていうか、自分でも気づいてなかったみたい^^

今から思うと、なんであんなに必死だったのか?当時はよくわからなかったけど、たぶん、自分自身と勝手に闘ってたみたい^^

なので、私は、

・弱音の出し方…今でもいまいちです^^
・素直に伝えること…今でも苦手です^^
・甘えること…今でも抵抗があります^^

でもね、こんな不器用な私でも、少しずつ少しずつ、前に進んでます。

また、相談者さまも不器用さんがとっても多いの。でもね、ちょっとずつ、前に進んでいるよ。

だからね、不器用さん、あきらめないでね。あなたにできること、ちゃんとありますよ^^

不器用な女性のためのカウンセリング、やってます^^

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
離婚を決める前に読んでください!夫婦のお悩み一覧

有限会社 ハッピー夫婦

★ハッピー夫婦になるために!
5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」
メルマガ:夫婦の心理楽にて公開無料相談をお受けしています
夫婦のお悩み一覧

★カウンセリングの詳細はこちらです!
男性のためのカウンセリング
女性のためのカウンセリング
カウンセリング料金

★メールで問い合わせ!
問い合わせフォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved




『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラサー離婚(3)ショック... | トップ | 私の気持ちが揺れていた理由... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。