離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

男性の離婚相談事例:口が立つ妻、妻が何かを言うと萎縮して何も言えない状態です。どうすればいいですか?

2016-03-13 13:37:04 | 妻が怖い!と感じている男性へ
★口が立つ妻、妻が何かを言うと萎縮して何も言えない状態です。どうすればいいですか?


バツイチ同士の再婚〜離婚危機〜夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキングいつもクリックありがとうございます^^


メルマガ:夫婦の心理楽で反響の大きかった相談事例をご紹介させていただきます。このメルマガは、読者さまからの相談を公開無料相談としてお受けしています。

いつも興味深くメルマガを拝見しております。夫婦のコミュニケーションについてです。

三姉妹の長女である妻は非常に口が立つ人です。夫婦喧嘩や話し合いになった時には、私が一つ意見を言うと10の口撃が返ってきます。

それが建設的な意見ならば良いのですが、「貴方は過去こうだった」等、過去の事を引き合いに出して来ます。過去の事についても、過去の私の言動が、私の気持ちに寄り添っていない。貴方は私の気持ちを理解していない。この様な内容なのですが、今更どうしようもありません。

小林先生のメルマガ、ブログ等を拝見し女性は過去の事を清算した上で…というのは理解しているのですが、正直話し合いに心が折れている状態です。

だんだんと話し合い自体に恐怖感を覚え、妻が何かを言うと萎縮して何も言えない状態となっていきました。妻にしてみればそれも気に入らないようで、「文句があるなら言えばいいでしょ」と言いますが、それを言うと何倍にもなって返ってくるのがわかっておりますので何も言えない状態です。

妻は話し合いの度に「怒っている訳ではない」と言ってくれてはいます。しかし、それでも萎縮してしまう状態は治りません。現在では妻からの言葉に怯えている毎日です。

同僚や友人との飲み会が遅いと言われればそのつき合いをやめ、年に数回行っていたゲーセンは「何の為の小遣いなのか」と小言を言われて完全にやめました。「何の為の小遣いなのか」と言われた後は使い道を言及されるのが怖くて缶ジュースも買えません。

今では「自分らしさ」すら自分でわからないような状態となっております。

「口が立つ妻、何も言えない夫」という図式は、今日の夫婦像において決して少なくないと思います。

稼ぎの少なさや家事育児への貢献度等、妻が夫へ苦言を呈する場面も多い昨今において、口が立つ妻に対する夫のありかた、立ち振る舞い等ご教示いただけたら幸いです。

(萎縮夫さん 30代男性)


【小林美智子からのアドバイス】

●三姉妹の長女である妻は非常に口が立つ人です。
→実は私も三姉妹です^^口が立つというよりも、女性が多い環境で育った影響がとても大きいような気がします。例えば女性同士の会話って、

・とにかく早い
・話があちこち飛ぶ
・順番をあまり考えない
・思いつきでしゃべる
・目的がない
などなど。

でも女性同士だと会話が成立しちゃうんですね。ところが、男性にはどうしてもついていけない状況になってしまうことが多いんですね。


●だんだんと話し合い自体に恐怖感を覚え、妻が何かを言うと萎縮して何も言えない状態となっていきました。
→そうですか。妻に対して恐怖感を感じるようになってきたんですね。


●「文句があるなら言えばいいでしょ」と言いますが、それを言うと何倍にもなって返ってくるのがわかっておりますので何も言えない状態です。
→なるほど。なにか言うと何倍にもなってくるから言わない。お気持ちはわかります。ただ、言わないことで、ますます悪循環になってしまうこともあります。


●妻は話し合いの度に「怒っている訳ではない」と言ってくれてはいます。
→妻は怒っている訳ではないと言ってるけど、萎縮夫さんは、怒っているように感じるんですね。


●「何の為の小遣いなのか」と言われた後は使い道を言及されるのが怖くて缶ジュースも買えません。
→実際に、妻から、使い道の言及をされたのかな。


●「口が立つ妻、何も言えない夫」という図式は、今日の夫婦像において決して少なくないと思います。
→確かに増えつつあります。ただね、萎縮夫さん、ちょっと結婚する頃のこと、思い出してみて、萎縮夫さんは、妻のどんな所が気に入って結婚したのかな。そして、妻とうまくいっていた頃の自分と、今の自分って、どこがどう違うのかな。

もしかしたら、萎縮夫さんは、結婚後、妻がものすごく変わってしまったように感じているかもしれないけど、実は、自分自身も変わっちゃってないかな。ちょっと、冷静に振り返ってみて。


●妻が夫へ苦言を呈する場面も多い昨今において、口が立つ妻に対する夫のありかた、立ち振る舞い等ご教示いただけたら幸いです。
→確かに、夫が稼いで、妻が家を守るという、夫婦像に変化が出てきて、共働き夫婦が増えたり、いろんな面で、今までとは違う夫婦関係になってきているため、今の夫婦関係って、とっても難しいと思います。

ただね、萎縮夫さんは妻に萎縮して恐怖感を感じ始めてきたかもしれないけど、きっと、妻は、萎縮夫さんが、こんな想いでいるなんて、気づいていないんじゃないかな。

妻は、きっと、萎縮夫さんと、いい夫婦になるために、一生懸命頑張っていると思うんですね。そして、いい夫婦になるために、萎縮夫さんのことをもっと知りたいんじゃないかな。

妻は、「私の気持ちに寄り添っていない。貴方は私の気持ちを理解していない。」っておっしゃっていました。

萎縮夫さん、寄り添うってどんな意味だと思う?

辞書で調べてみたら、「そばへ寄る」って書いてあったよ。

萎縮夫さん、女性ってね、家庭内では、味方、一緒、横並びみたいな関係を求めています。

妻に対して、いろんな想いがあることでしょう。でもね、立ち居振る舞いという観点でおすすめするのは、

・妻に近づくこと
・妻の顔を観ること

そして、心持ちとしては、

・過去の話をどうにかしようとせずに、ただ聴くこと
・今更と思わず、ただ聴くこと

あとね、絶対忘れないでほしいことは、妻は、萎縮夫さんを嫌っていないということ、そして、もっと良い関係を作りたいと思っているということ。



萎縮夫さん、恐怖感が出てきてるから、怖いかもしれないけど、ホンの少し勇気をもって、仲良しだった頃の妻のことをイメージしてごらん。

女性って、避ければ避けるほど、逃げれば逃げるほど、もっと追いかけてきます。

でも、それは、萎縮夫さんとの良い関係を諦めたくないからです。

萎縮夫さん、まずは、できることからやってみて!ファイトです^^

萎縮夫さんからの公開無料相談をお受けしたメルマガ:夫婦の心理楽の詳細はこちらをクリックすると読めます!



【この記事を読んで下さっている女性の方へ】

カウンセリングやセミナーをしていて、いつも感じることがあります。

女性ってね、自分の気持ちの伝え方が下手というか、女性同士の感覚でしゃべっちゃってるから、ちゃんと伝わらないということ。

そして、一生懸命やればやるほど、必死になっちゃうし、必死になっちゃうと、男性からみると、とっても怖くうつっちゃうんですね^^

すると、夫は、もっともっと、しゃべらなくなります。そして、夫がしゃべらなくなると、妻はもっともっとしゃべるようになります。

そして、そのしゃべり方が、男性からすると、責められてるように感じて、ますます、男性はしゃべらなくなってしまうという悪循環になってしまうこともあります。

女性同士の会話スタイルと男性同士の会話スタイルって、実はぜんぜん違います。なので女性同士の感覚で会話すると、ほとんどの場合、男性から誤解されちゃうかな^^

だからね、まずは、女性同士の会話スタイルと、男性同士の会話スタイルって、どんなふうに違うのか?ファミレスや電車の中などで、男性同士の会話、よ〜く観察してごらん。

あなたの夫だけが、会話が苦手なワケじゃないし、気が利いた返事ができないワケじゃないかもしれないよ^^

そして、男性って、カラダが大きいし、鈍感に見えちゃうかもしれないけど、実は女性より、繊細で小心者だったりするんですよ〜。

だからね、しゃべり方、言い方、表情、ぜひぜひ、気をつけてみてね^^

あなたのやさしさ、あなたの思いやりが、夫に伝わらないのって、ものすっごくもったいないから!

参考記事:妻が怖いと感じている男性へ 夫が帰宅恐怖症で悩んでいる女性へのおすすめ記事はこちらをクリックすると読めます!

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
離婚を決める前に読んでください!夫婦のお悩み一覧

有限会社 ハッピー夫婦

カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。
固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

問い合わせフォーム

★男性のためのカウンセリング
★女性のためのカウンセリング

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved



『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私には全く関心のない妻が、風邪... | トップ | 夫の浮気を知って苦しみましたが... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。