離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

離婚相談事例:バツイチ再婚、夫から突然の離婚調停メール…同じ繰り返しの自分が情けないです

2010-08-16 08:48:51 | 離婚を迷っている離婚相談事例
★バツイチ再婚、夫から突然の離婚調停メール…同じ繰り返しの自分が情けないです


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキングいつもクリックありがとうございます^^


今日は、夫婦の悩み相談&離婚相談です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<アドバイスの前に、ゆうさん・皆さんへお願い>>
文面だけに対するアドバイスとなっておりますので、私の個人的見解・間違った解釈などもたくさんあると思います。あくまでも参考程度にお読みいただき、今後のことは自分なりに判断なさって下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【相談】ゆうさんより
主人から離婚を迫られました。主人35歳、私33歳、11歳の私の連れ子と、2歳の子供がおります。

先日突然、離婚したい。子供(実子)は自分が引き取りたいから調停離婚だとメールが来ました。

私はバツイチで子供を連れて再婚し、初めは主人の実家で同居でした。共働きで職場も遠い為、子供の面倒を見てくれる、家事は姑がしてくれる(むしろしたい)と言うので、本心は自分達の事は自分達でしたいと思いつつ、甘えさせてもらおうと思いました。

というのも親が建てた家のローンが払えなくなり、私達に払ってもらうという負い目があるからかなと思ったからです。しかしそればかりか自分たちのために新たに土地を買ってほしいとさえ言われました。

結婚して間もないし、そこまでの余裕はないと断りましたが・・・程なくして私の態度が気に入らなかったのか、両親が事あるごとに主人に文句を言うようになりました。2階にいる私に聞こえるようにわざと大きな声で。

私たちの留守中にも子供に向かって私の悪口を言ったり、無視されたりということが度々あり、子供も精神的に不安定になってしまい通院もしました。私自身も排卵障害を起こしたので、どうにかしなければと家を出ることを決意しました。

それまで主人は親に文句を言われても私や子供ををかばってくれるでもなく、一緒になって悪口を言う始末。「私と親の不仲のせいで」の浮気と人のせいばかり。それでも現状を変えなければと、主人には「私達は実家を出るけれどあなたはどうしたいの?」とあえて主人自身に決断をするよう問いました。結果主人も私たちと一緒に家を出、しばらくして2人目の子供もできました。

さあこれから幸せになるぞと思ったのも束の間、つわりがひどくても見て見ぬフリ、子供が産まれてからも1人で出掛けることが多く、子供はかわいいと言いますが、とてもいいパパとは思えず、いつからか私の中で主人への信頼は全くなくなりました。(主人は私の求めているハードルが高すぎると言います。)

それでもこの人はそういう人なんだと納得しようと努力してきました。ただ、事あるごとに同居していた頃の事を思い出してしまい、それが態度となって現れてしまいます。主人はもう済んだことだし謝ったのに、またむしかえす気かと怒ります。

根に持っていると言われればそれまでですが、私はそんなに簡単に気持ちの切り替えもできず、主人も主人の親も許すことができません。人を許すのって難しいですね。とても苦しいです。

そのうち主人は、私からのイジメに遭い精神的におかしくなったと言い出しました。それこそモラハラをされていると感じているようです。当然私にも改めるべきところもあると反省しています。

ただ話もせず、私のような女に子供を育てて欲しくない、子供(実子)は俺が育てる、離婚調停だとメールでしか言えない主人が情けなくも思います。

このところは、ばかかとかお前の神経が分からないといった内容が送られて来てその度に傷付き、がっかりします。私が態度を改めれば修復するのでしょうか?

正直、私の方が離婚と言いだしたいくらいな気持ちもありますが、前の離婚で子供に寂しい思いをさせてしまったことをとても後悔しています。また同じ事を繰り返してしまうのでしょうか。結局何も学習していなかったのかと・・・自分が情けないです。

【アドバイス】ゆうさんへ
ゆうさん、毎日お疲れ様です。ゆうさんが少しでも元気が出るアドバイスができればと思います。ただ個人的見解が強く入ります。参考になさってくださいね。

気になる文面
■先日突然、離婚したい。子供(実子)は自分が引き取りたいから調停離婚だとメールが来ました。
→夫は重要なことも、面と向かって言えないタイプなんですね。

■本心は自分達の事は自分達でしたいと思いつつ、甘えさせてもらおうと思いました。
→ゆうさん、ゆうさんはきっととても頑張りやさんでしっかりした女性なのだと感じます。

■というのも親が建てた家のローンが払えなくなり、
→義両親は計画性があまりないのかな?

■しかしそればかりか自分たちのために新たに土地を買ってほしいとさえ言われました。
→自分のローンも払えない状態で、このようなことを要求してきたんですね。

■結婚して間もないし、そこまでの余裕はないと断りましたが・・・
→私も断って当然だと感じます。

■程なくして私の態度が気に入らなかったのか、両親が事あるごとに主人に文句を言うようになりました。2階にいる私に聞こえるようにわざと大きな声で。
→ゆうさん、この義両親は人として大丈夫ですか?

■私たちの留守中にも子供に向かって私の悪口を言ったり、無視されたりということが度々あり、子供も精神的に不安定になってしまい通院もしました。私自身も排卵障害を起こしたので、どうにかしなければと家を出ることを決意しました。
→この判断は的確だったと感じます。

■それまで主人は親に文句を言われても私や子供ををかばってくれるでもなく、一緒になって悪口を言う始末。「私と親の不仲のせいで」の浮気と人のせいばかり。
→今回の相談内容で1番気になったのがこの文面です。

ゆうさん、この夫…本当に大丈夫ですか?

質問の回答
■私が態度を改めれば修復するのでしょうか?
→ゆうさん、ひとつ聞いていいですか。ゆうさん、夫はゆうさんが態度を改めてでも一生添い遂げる価値のある人なのかな?

【義両親のハッキリした現象】
1.義両親は、自分たちで立てた家のローンが払えなくなった人
2.これから大変な息子夫婦に、自分たちのために新たに土地を買ってほしい言う人
3.自分の思い通りにいかないと、人のせいにして攻撃する人
4.子供にまで当たる人

【夫のハッキリした現象】
1.親に文句を言われても妻子をかばわず、一緒になって悪口を言う人
2.「私と親の不仲のせいで」浮気したと言い訳をする人
3.つわりがひどくても見て見ぬフリする人
4.子供が産まれても何一つライフスタイルを変えない人
5.突然、離婚したい。子供(実子)は自分が引き取りたいから調停離婚だとメールで言う人
6.私のような女に子供を育てて欲しくない、子供(実子)は俺が育てると実現できないことをメールで言う人

■ただ、事あるごとに同居していた頃の事を思い出してしまい、それが態度となって現れてしまいます。
→ゆうさん、きっと上記以外にもハッキリした現象はたくさんあると思います。この際、キッチリ書き出して検証してみましょうか。

ゆうさん、人にはそれぞれ言い分があります。私たちのお仕事は一方的なお話を聞くことがとても多い現場です。そうなるとやはり、実際に起こった現象には特に目が行きます。

同じことを言われても人それぞれ捉え方が違います。また夫婦間には売り言葉に買い言葉というような、不本意な言葉を言ってしまうこともあります。

ただゆうさんの場合は、目に見えるわかりやすい現象がいっぱい起こっています。ゆうさん、もうこれ以上頑張らなくてもいいですよ。未来のない頑張りは、個人的にはお勧めしていません。

■前の離婚で子供に寂しい思いをさせてしまったことをとても後悔しています。
→ゆうさん、子供さんにとって今の夫がどうしても必要な存在なのかな?じっくり感じてみて下さいネ。

■また同じ事を繰り返してしまうのでしょうか。結局何も学習していなかったのかと・・・自分が情けないです。
→ゆうさん、そんなに自分を責めないで。ゆうさん、1回目と2回目の結婚を冷静に振り返ってみましょうか。そして共通点を探してみましょうか。もしかしたら「選択ミス」というケースも考えられます。まずはそんなことから始めてみてください。応援しています

★他の相談事例を読む

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。



☆………★………☆………★………☆………★

離婚相談チェンジ

電話番号 
・NTT固定電話 0442115622
・携帯携帯 08065184122

お問い合わせフォーム

Copyright(c) チェンジAll Rights Reserved

☆………★………☆………★………☆………★

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏カゼ体験談(3)妻が病気... | トップ | 夏カゼ体験談(4)妻が病気... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。