離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

妻と話し合おうとしない夫の心理とは?夫が妻と話し合おうとしない3つの理由

2016-05-12 07:12:40 | 夫婦喧嘩の悩み
★夫が妻と話し合おうとしない3つの理由


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキング あなたのクリックで順位があがります^^


・夫が話し合いに応じてくれません!

・いつも話し合おうとするのに避けられてしまいます!

・夫はすぐに怒鳴って話し合いになりません!


妻が話し合いをしようとしても、夫が話し合おうとしないケース、とっても多いです。

じゃあ、どうして夫は妻と話し合おうとしないのでしょうか?

理由はさまざまだと思いますが、今回は3つ、お伝えしますね。

<夫が妻と話し合おうとしない3つの理由>

1.夫にとって都合が悪い場合

2.自分の気持ちがわからない場合

3.不毛な争いを避けたい場合


ひとつずつみていきましょう。


1.夫にとって都合が悪い場合
→この話は、なんとなく妻に責められそうだな!と感じると、避けるような行動をとることがありますし、また、もう少し落ち着いてからみたいなことで、後回ししようとすることもあります。


2.自分の気持ちがわからない場合
→女性は、普段の会話で気持ちの伝え合いをしているので、自分の気持ちをすぐ感じることができます。ところが男性は、気持ちを探って気持ちを伝え合うようなことをほとんどしないため、自分で自分の気持ちがわからなくなってしまったり、わかるまでにすごく時間がかかりがちです。

女性からしたら、自分の気持ちがわからないなんて不思議に思うかもしれませんが、夫の言葉に裏や魂胆などはあまりありません。夫の「自分の気持ちがわからない」は正直な答えだということのほうが多いかな^^

また、言葉のボキャブラリーが少ないため、自分の気持ちを言葉で表現することが苦手なかたが多く、そのため、あなたが傷つく言葉を言ってしまうこともあります。


3.不毛な争いを避けたい場合
→男性にとっての話し合いと女性にとっての話し合いは、実は話し合い方もスタイルも違います。なので男性からみると、女性の話し合いは話し合いに思えないことがあります。

(( 感情的な話し合い=口けんか ))

と捉えてしまい、ムダなことと思い避けてしまうことがあります。



このように、男女間では、感覚的や認識的な違いが、意外と大きくて、その違いが誤解のようになってしまい、夫婦関係がより悪化してしまうこともあります。

また、夫にとって都合が悪い話しからはじまって、妻にいろいろ聴かれているうちになんだかわからなくなってしまい、口けんかしてもなにも解決しない!と感じてしまうこともあります。

そして、このようなことを、何回も何回も繰り返しているうちに、お互いに疲れきってしまい、なにがなんだかわからなくなってしまい、結果的にお互いがお互いを避けるようになってしまうこと、結構多いんですよ。

だからね、女性のかた、ホンのちょっとひと休みして、冷静になってから話したほうが、早く解決しますよ。

そしてね、男性のかた、後回しばかりしてると取り返しのつかないことになってしまうかもしれませんよ。

話し合い=話し愛

です!愛のあるとき、愛のあるうちに、話そうね^^



夫婦喧嘩や夫婦の話し合いについて悩んでいる方は、関連記事をまとめてありますので、どうぞ参考になさってみてくださいね。
参考記事:夫婦喧嘩や夫婦の話し合いに悩んでいるあなたへ 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
離婚を決める前に読んでください!男性のためのお悩み一覧
離婚を決める前に読んでください!女性のためのお悩み一覧

有限会社 ハッピー夫婦

カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。
固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

現在無料相談はお受けしておりません

★男性のためのカウンセリング
★女性のためのカウンセリング

問い合わせフォーム

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved




『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セックスレス10年、更年期... | トップ | 頑張らなくて良い。一切意地... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。