離婚 を決める前に知っておきたい男女の違い★夫の本音 妻の本音がよくわかるカウンセリング

浮気 不倫 夫婦喧嘩 家庭内別居 帰宅恐怖症夫 実家依存症妻など 離婚したい!けど離婚したくないあなたへ

妻が息子二人を連れて実家に帰り、1年半経ちます。私がすべき努力とは?

2016-12-11 10:14:52 | 離婚したくない悩み
★妻が息子二人を連れて実家に帰り、1年半経ちます。私がすべき努力とは?


バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復した
カウンセラー 小林美智子です
人気ブログランキング あなたのクリックで順位があがります^^


メルマガ:夫婦の心理楽で反響の大きかった相談事例をご紹介させていただきます。このメルマガは、読者さまからの相談を公開無料相談としてお受けしています。

妻が息子二人を連れて実家に帰り、1年半経ちます。しばらくは妻を身勝手と思い自分を省みず暮らしていましたが、徐々に辛くなり、鬱病を再発しました。

自分の言動に問題を感じたのは、妻にやり直したいと言った後でした。妻曰く、「あなたは私のことを馬鹿にしてきた」「私を悪者扱いしている」「あなたは聞く耳を持たない」「やり直すチャンスはあった」

結婚後、私が原因で子供が出来ず、不妊治療を始めました。治療の最中、私の母親が妻に「私は子供が出来やすかった。」と言い、妻は自分に原因がないのに、義母に責められたと傷つきました。

妻が息子に「結婚に失敗した。」と言ったことを息子から聞き、私は「子供にそんな話をするな。」と妻を責めました。

(妻は、私が自分を省みると考えて、息子に言ったそうです)

私は自分の母にこの話をし、母も妻を責めました。

妻のいないところで母は、これからは私の実家に来なくていいと言い、私は妻にそれを伝えてしまいました。

妻と妻の両親はそのことで私と母を信用しなくなりました。言ってはならないことを言ってしまったと謝罪しましたが、覆水盆に返らず。

不妊治療に耐え、家事・育児をしてくれた妻を労る言葉もかけず、相談し合う機会が少なかったです。言ったらどうなるかをよく考えず、感情的に言ってしまいました。

自分の言動を妻に謝りましたが、許されません。今後どうする、どうしたいのかという話までたどり着きません。

離れた場所にある妻の実家に行くのは年に5~6回、誰も私に話しかけてきません。やり直したい、一緒に暮らしたいと願う一方、妻の気持ちが離れており、もう一度愛情を持つのは難しいと感じます。

やり直せる可能性はあるのでしょうか。

私がすべき努力とは、必死に許しを乞い続け、妻から要求が出れば応え続けることでしょうか。

離れて暮らしていても、父親の役割を果たすにはどうすればいいのでしょうか。

今の精神状態では、離婚に耐えられるか不安です。よろしくお願い致します。

(Nさん 40代男性)


【小林美智子からのアドバイス】

●妻が息子二人を連れて実家に帰り、1年半経ちます。
→そうですか。妻が実家に帰って、1年半経つんですね。


●しばらくは妻を身勝手と思い自分を省みず暮らしていましたが、徐々に辛くなり、鬱病を再発しました。
→鬱病を再発したということは、Nさんは、今まで鬱病になってしまった経験があるということなんですね。また、徐々に辛くなってきたというのは、どんなことが辛くなってきたのかな?


●結婚後、私が原因で子供が出来ず、不妊治療を始めました。治療の最中、私の母親が妻に「私は子供が出来やすかった。」と言い、妻は自分に原因がないのに、義母に責められたと傷つきました。
→そうですか。Nさんの母親は、Nさんが原因で子供ができないという事実を知っていたのかな?


●妻が息子に「結婚に失敗した。」と言ったことを息子から聞き、私は「子供にそんな話をするな。」と妻を責めました。
→うんうん。確かに男性にとっては、ものすっごく傷つく言葉でしたよね。


●私は自分の母にこの話をし、母も妻を責めました。
→ただね、Nさん、Nさんはどんな想いで、母親にこの話をしたのかな?


●妻のいないところで母は、これからは私の実家に来なくていいと言い、私は妻にそれを伝えてしまいました。
→う~ん。Nさんはどんな想いで、妻にこの話をしたのかな?


●不妊治療に耐え、家事・育児をしてくれた妻を労る言葉もかけず、相談し合う機会が少なかったです。言ったらどうなるかをよく考えず、感情的に言ってしまいました。
→そっか。Nさんは、1年半の別居の中で、こんなふうに感じたんですね。


●自分の言動を妻に謝りましたが、許されません。
→そうですか。Nさんは、今までのことを反省して妻に謝ったけど、許してもらえなかったんですね。でもね、妻に反省して謝れたNさん、エラかったね。

人は、問題が起こったとき、どうしても相手のせいに感じてしまうし、相手のせいにして、どうにか心のバランスをとろうとします。ただ、自分への反省点に気づいてくると、実はココからが辛くなってしまいます。でもね、この辛さと向き合うことで、人は成長していけると感じています。


●離れた場所にある妻の実家に行くのは年に5~6回、誰も私に話しかけてきません。やり直したい、一緒に暮らしたいと願う一方、妻の気持ちが離れており、もう一度愛情を持つのは難しいと感じます。
→年に5~6回、妻の実家に行って、撃沈して帰ってくるんですね。Nさん、惨めだし、辛いし、虚しいね。

でもね、Nさん、妻は、Nさんと結婚して、ものすっごく努力して、ものすっごく大変な想いをして、2人の子供さんを生みました。そんなとき、誰よりも味方になってほしくて、誰よりも励ましてほしかったNさんに、まったく逆のことをされて、惨めで辛くて虚しくて悔しかったんじゃないかな。


●やり直せる可能性はあるのでしょうか。
→ごめんなさい。正直、私にもよくわかりません。


●私がすべき努力とは、必死に許しを乞い続け、妻から要求が出れば応え続けることでしょうか。
→妻は、Nさんに必死に許しを乞い続けることを望んでいるのかな? 妻からの要求に応え続けてくれることを望んでいるのかな?

実家に帰って1年半。期間的に長いので、妻がどんなことを想い、どんなことを望んでいるのか、正直、私にもよくわかりません。ただ、Nさんは、「今後どうする、どうしたいのかという話までたどり着きません。」こんなふうに書いてきてくださいました。

男性は、なにか問題が起こると、
・今後どうするか?
・これからどうしたいのか?

と、未来に目が向いてしまう傾向がありますが、

女性は、ココロに問題を抱えていた場合、
・今までの私の想いをわかってほしい
・今までの私の気持ちを受け止めてほしい

と、過去を清算しないと、未来に切り替えることができません。

Nさん、今、Nさんがやらなければならないことは、
・妻に、今までのことを謝りたおすことではありません
・妻に、これからの決意表明をすることではありません

それよりも、
・今までの自分の落ち度を正直に伝えること
・今までの妻の想いを感じること

だと思っています。女性は、実はきれいごとなんて聴きたくないんです。


●離れて暮らしていても、父親の役割を果たすにはどうすればいいのでしょうか。
→Nさん、Nさんは、妻の実家に行ったとき、どんな挨拶をしてるのかな?

いろいろな事情があるので、心にさまざまな想いがあると思います。ただ、妻と子供は実家でお世話になっています。経済的な援助はしているとは思いますが、大きな声でハッキリと「いつもお世話になってありがとうございます!」と父親らしく振る舞い、話しかけてきてもらうことを待ってるよりも、自分から話しかけることを心掛けてみてはどうかな。

もちろん、もう、やってる! かもしれませんが、Nさん、言葉に心をのせる感じでやってみてほしいなって思いました。

ココから先は、私が感じたことを勝手に書いていきます。間違っていたら何の役にも立たないアドバイスになってしまいますが、その際はごめんなさい、スルーしてくださいね。

Nさん、Nさんは、相手がどう思うかを考えずに、妻の話を母親に伝え、母親の話を妻に伝えました。

私、ココが、Nさんが、これから自分と向き合うために重要なポイントだと感じています。

というのは、Nさんは、感情的になって、妻の話を母親に伝え、母親の話を妻に伝えてしまったと書いてきてくださいましたが、コレって、自分のなかで、どうにかしようとかどうにかしなくちゃを、全部、誰かに丸投げしてるような気がしちゃったんですね。

Nさん、Nさんは、めんどうなことをたいしたことがないことにして、避けちゃうようなことってないかな? 心のどこかで、誰かがどうにかしてくれるみたいな想いがないかな?

ホンのちょっとでも、心当たりがあったら、ちょっと考えてみてね。

Nさんの公開無料相談をお受けしたメルマガ:夫婦の心理楽の詳細はこちらをクリックすると読めます!



メルマガ掲載後、Nさんご本人からお礼メールが届きましたのでご紹介させていただきますね。

★Nさんご本人から届いたメール

メルマガで相談を取り上げていただきました、Nです。アドバイスと問いかけを頂き、有難うございました。

「これから自分と向き合うために重要なポイント」とされた、面倒なことを避けたり、誰かが何とかしてくれるという意識は、以前から持っていました。40代にもなって、自分優先で、自分の見方でしか考えられない人間です。 

変われないまま、毎日会社と家の往復をしているだけの生き方。目標もなく、起きたことに反応しているだけの生き方。周りの人と心を通わすことが出来ず、孤立した生き方。

言えば相手はどう思うか、よく考えずに言ってはならないことを言ってきました。自分で自分を嫌になって、苦しんでいます。誰かに助けてもらいたい。毎日生きているのが辛いです。



「でもね、Nさん、妻は、Nさんと結婚して、ものすっごく努力して、ものすっごく大変な想いをして、2人の子供さんを生みました。そんなとき、誰よりも味方になってほしくて、誰よりも励ましてほしかったNさんに、まったく逆のことをされて、惨めで辛くて虚しくて悔しかったんじゃないかな。」

・・・胸に刺さりました。妻を労り、励ますことなく、責めてしまいました。



女性は、ココロに問題を抱えていた場合、
・今までの私の想いをわかってほしい
・今までの私の気持ちを受け止めてほしい
と、過去を清算しないと、未来に切り替えることができません。

Nさん、今、Nさんがやらなければならないことは、
・妻に、今までのことを謝りたおすことではありません
・妻に、これからの決意表明をすることではありません
それよりも、
・今までの自分の落ち度を正直に伝えること
・今までの妻の想いを感じることだと思っています。

・・・自分でない人の想いを感じるというのは、難しいですね。自分優先で、相手を思いやることがないから、今までの妻の想いを感じることが出来ませんでした。難しいですが、思い出せる限り出来事を書きだして、妻の想いを想像してみます。



以下、アドバイスの中でお尋ねになったことにお答えします。

●しばらくは妻を身勝手と思い自分を省みず暮らしていましたが、徐々に辛くなり、鬱病を再発しました。 
→鬱病を再発したということは、Nさんは、今まで鬱病になってしまった経験があるということなんですね。また、徐々に辛くなってきたというのは、どんなことが辛くなってきたのかな?


・・・一度目の鬱病は、仕事で悩み出社できなくなりました。辛くなったのは、この先も一人で生きていかなくてはならないと孤独を感じた事、職場に自分より優秀な人材が入り、自分は劣る、昇進出来ないと思い込んだ為です。



●結婚後、私が原因で子供が出来ず、不妊治療を始めました。治療の最中、私の母親が妻に「私は子供が出来やすかった。」と言い、妻は自分に原因がないのに、義母に責められたと傷つきました。
→そうですか。Nさんの母親は、Nさんが原因で子供ができないという事実を知っていたのかな?


・・・私が原因であることは知りませんでした。妻が母親の言葉で傷ついていると、私は母親を責めました。妻は、関係がこじれるから母親には言わないでと言ったにも関わらずです。妻が言う、「聞く耳を持たない」私の落ち度です。



●妻が息子に「結婚に失敗した。」と言ったことを息子から聞き、私は「子供にそんな話をするな。」と妻を責めました。
→うんうん。確かに男性にとっては、ものすっごく傷つく言葉でしたよね。


・・・妻がどんな気持ちで息子にそう言ったのか、妻に尋ねることなく、責めるだけでした。



●私は自分の母にこの話をし、母も妻を責めました。
→ただね、Nさん、Nさんはどんな想いで、母親にこの話をしたのかな?


・・・妻に対する怒りがありました。そして、自分の味方になってほしいという甘えがあったと思います。



●妻のいないところで母は、これからは私の実家に来なくていいと言い、私は妻にそれを伝えてしまいました。
→う~ん。Nさんはどんな想いで、妻にこの話をしたのかな?


・・・まだ、妻への怒りがあり、別居についても一人ほったらかしにされた、妻は勝手だと考えていた頃でした。



●離れて暮らしていても、父親の役割を果たすにはどうすればいいのでしょうか。
→Nさん、Nさんは、妻の実家に行ったとき、どんな挨拶をしてるのかな?(中略)Nさん、言葉に心をのせる感じでやってみてほしいなって思いました。


・・・挨拶は「こんにちは。お邪魔します」でした。これではお世話になっていますの気持ちが伝わりませんよね。大きな声で「いつもお世話になってありがとうございます!」心をのせて練習します。帰る前は「妻と子供たちを宜しくお願いします。」と挨拶しています。話し掛けたいのですが、正直話題が思いつきません。



多くのアドバイス、問いかけを頂いたこと、改めてお礼申し上げます。今できることから始めてみます。


Nさん、ご丁寧にメールありがとうございます。Nさん、Nさんは、自分への自信がなくて苦しんでいるように、私自身、勝手に感じちゃいました。

Nさん、今回、いろいろなことがあって、すっごく苦しくて辛いと思います。でもね、今回のことがキッカケになって、違う生き方みたいなものを、少しずつ取り入れていけるといいなぁ~って思います。



最後までお読みいただきありがとうございます。あなたは、どんなことを感じましたか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
別居に関するおすすめ記事をまとめました

有限会社 ハッピー夫婦

★ハッピー夫婦になるために!
5日間無料メールセミナー:夫婦関係を良くするために知っておきたい「男女の違い」
メルマガ:夫婦の心理楽にて公開無料相談をお受けしています
夫婦のお悩み一覧

★小林美智子ってこんな人!
バツイチ同士の再婚~離婚危機~夫婦修復できた出来事

★カウンセリングの詳細はこちらです!
男性のためのカウンセリング
女性のためのカウンセリング
カウンセリング料金

★メールで問い合わせ!
問い合わせフォーム

★お電話で問い合わせ!
カウンセリング中などは電話に出ることができません。ぜひ留守電にいれてくださいね。また、現在無料相談はお受けしておりません。

固定電話044-211-5622に電話する
ソフトバンク携帯080-6518-4122に電話する

Copyright(c)ハッピー夫婦 All Rights Reserved




『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家庭内別居と夫の浮気からも... | トップ | 離婚されやすい夫の2つのパ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。