my handmade life *手作りバッグの記録

合成皮革・帆布を使ったバッグを作っています。

手縫いでバッグ&小物作りも楽しんでいます☆

黒ヘビ柄合皮のトートバッグ

2015年09月02日 | 合皮のバッグ

こんにちは。mikoです(^-^)

合成皮革・帆布のバッグを手作りしています。

 

 

ローズピンク色の合皮バッグと同時進行で作っていた

ヘビ柄のバッグが完成しました!

 

 

表袋は、黒色のヘビ柄です。

表袋の全面にヘビ柄を使ってみました。

生地の裏に芯をはって、しっかりめのバッグに仕上げました。

 

 

バッグ、ななめ横から。マチは11cmです。

小さめのバッグですが、けっこう物が入ります。

 

 

差し色に、持ち手の裏側と中袋の入れ口部分に

ダークレッド色の合皮を合わせました。

 

 

中袋は、ネイビーの11号帆布です。

ファスナーポケットが1つ、オープンポケットが1つ付いています。

 

 

今回使用したヘビ柄の合皮は、リアル感が低めなので

ヘビ柄のバッグを持ったことがない方でも持ちやすいのではないかと思います。

実は私も、ヘビ柄のバッグを持つのは今回が初めてです。

私は40代に入るまでヘビ柄などの爬虫類柄のものは

1度も身につけたり使ったりしたことはありませんでした。

自分自身は、どちらかといえばソフトな印象があるので、

ハードな感じがする爬虫類柄のものは似合わないと思っていました。

本当は、心の中ではカッコイイなと思っていたし、

ほんの少しだけ取り入れてみようかなぁと思ったこともあったのですが、

なかなか勇気が出ませんでした。

でも、バッグ作りをしていく中で、ワニ柄の合成皮革を扱うようになり、

自分で作ったワニ柄のバッグを持つようになってから、

一見、自分には合わないかもしれないハードな素材のものも、

工夫によって自分らしさの中になじませ、

上手に取り入れることが出来るのではないかと思うようになりました。

それは、もしかすると、40代になった今だからこそ思えたのかもしれません。

30代までの自分には、やっぱり似合わなかったのかもしれません。

これから私自身は、40代後半、50代となっていくわけですが、

その年齢、年代ならではの魅力が出せるような女性になっていきたい。

そして、いくつになってもファッションを楽しめるような

女性でいたいなぁと思っています(*^-^*)

今回作ったヘビ柄の合皮バッグは、この秋冬に使ってみます。

今回はリアル感が低めのヘビ柄だったのですが、

よりリアルに近いヘビ柄の合成皮革もあるので、

いつか、そちらの生地でもバッグを作ってみたいですね(^-^)

『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ローズピンク色の合皮バッグ... | トップ | 次に作るバッグの生地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む