ミコちゃんの徒然日記

日々の雑感など

春の夢

2017年03月14日 | 気の向くままに

 

先日、友人のkayoko様のお宅を久しぶりに

訪問し、優雅で夢のような楽しい

午後を過ごさせて頂きました。

今まで何度となくお招き頂き、

勝手知ったる大邸宅のお宅なので

とても懐かしく、寛がせて頂きました

本当に感謝で有り難かったです^^。

この時期には毎年のように折り雛などを

お座敷に美しく飾っておられます。

4月3日まで飾ることが出来て

旧のお雛様が済んでから片付ける

お宅も多いそうですね。

 

お玄関のアートフラワーが豪華でした。

殆どが夫の写真です。

一点一点の素晴らしい飾りに目を奪われますね。

とっても

手先の器用なkayoko様でしょう。アートフラワーのアレンジメントは

同じ敷地内の洋館にお住いのお嫁さんが創作されています。

ご活躍のお嫁さんですね^^。

 

 

荷造り紐利用のお雛様は珍しいでしょう^^。

 

このお雛様は、大分前にミコちゃんも教えて頂き作りましたよ、

10年も経ったでしょうか、懐かしいですね~^^

くす玉折りをしてから上に顔や着物を乗せました。

バックに金屏風があると凄く映えますよね。

設えのセンスが良くてうっとりするものばかりです。

 

 

土天神は大きくて立派なのですよ、

今は亡きご主人様が買い求められたそうです。

床の間に鎮座していて、これはミコちゃんが撮りました^^。

 

お手入れの行き届いた美しいお庭も。お庭は数か所に広々とあります^^。

お庭の景色は

目に焼き付けているつもりでも、すぐに忘れてしまいますから

今回は2枚このブログに張り付けて、憧れの夢のようなお宅が

思い出せれるようにさせて頂きました。

済みません、

kayoko様ご了承お願いいたしますね。

4月5月になるとこのツツジが満開の花に覆われます。

いろんな椿や水仙、寒あやめなどが咲いていましたが、

夕方が迫り、時間不足で撮れませんでした。それで

kayoko様が撮られていた写真の水仙をアップ。

この日も3人でのお茶のひと時がありました。

お茶の間でほっこりと楽しかったです。

キッチンはどこもかしこも綺麗にお掃除がして有り、

ご一緒にお茶のお手伝いをさせて頂くのが

嬉しく、とても愉しいことでしたよ。私たちの為に

お菓子など準備して下さっていて、美味しくご馳走になりました。

「コーヒー、紅茶、緑茶、生姜湯、何がよろしいか?」と

 それで、「生姜湯が珍しいですね」と^^。

その後に緑茶も頂きました、両方とも体が温まり

出されたお菓子で心も温まり、素敵な思い出がまた増えました。

 

 

kayoko様、今回も優雅なおもてなしをありがとうございます。

お別れの時に、「90の記念に」と微笑みながら、

今年作られた紙の折り雛の他に、「匂い袋」の

桜の花を下さいました。お手製です、とっても素敵でしょう^^

私にとって極上の宝物となり、今月、間もなくお誕生日を

迎えられるkayoko様の優しさに感激しました。

どうぞこれからもお元気で、とお祈りの気持ちで

このブログを書いています。

帰宅して、頂いたばかりのお雛様を

早速お店に飾りました^^お顔は綿棒だそうです。

 向かって左に男雛を置きました。

西洋式はこちらが上位の位置だそうで、やはり男性には

上座にいていただなくては^^。

平安の大昔から明治までは、中国式の考え方で

向かって右が上位だったそうですね。

変わったのは、大正天皇のお考えだったと言いますから

大正天皇は大変モダンなお方ですね~

西洋など外国訪問時にも何かとスムーズで良いですね、

これはブロ友のよっちん様から教えて頂きました。

知識拝借で、ありがとうございました^^。

 

華やぎは過去も未来もおひなさま


女の子の健やかな成長と幸せを願って、

古来より桃の節句が伝えられています。

今の世は、若い人たちにとって生き難い世になって

いないでしょうか?少子化は年々深刻さを増している

ようですし、前段階の婚姻数も減っていて、独身を

貫く人が増えているでしょう。元来、幸せな家庭を

夢見る若者は多い筈です。社会がもっと良くならなければ、

家庭を健全に維持し難い面もあり、夫婦の心のすれ違いで

離婚になりかねませんね、一寸心配になります。

華やかなお雛様のシーズンですが、そんなことを

ふと思い、若い人たちの応援をしたいミコちゃんです。

 

最後にあの有名なひなまつりの歌の歌詞を。

『うれしいひなまつり』
(作詞:サトウハチロー 作曲:河村 光陽)

 

1番

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓(ふえたいこ)
今日はたのしい ひな祭り

2番

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁(よめ)にいらした 姉(ねえ)様に
よく似た官女(かんじょ)の 白い顔

3番

金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒(しろざけ) めされたか
あかいお顔の 右大臣(うだいじん)

4番

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも 晴れ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り

 

 

 

 

 今日もご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (27)   この記事についてブログを書く
« 弥生の春は | トップ | 春分 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよう御座います (安人(あんじん)です)
2017-03-14 05:55:16
孫は明日 卒後式だそうです

pcの古いのを送ってやりました

これで当分は遊べますね(笑)

5日位が入学式だそうです

身体がだらけますよね どうするの・・

素敵なお雛様ですね

綺麗です
^^ (あとり)
2017-03-14 19:55:37
こんにちは。ミコちゃんさん。

きれいですね。おひなさま♪。

ただ、今日は寒いですね。全国的なものなのでしょうか?

仁くんの湯たんぽ、又出してきました。

湯たんぽじまいとはなかなかなりません。

Unknown (よっちん)
2017-03-14 20:04:30
大正天皇は一方では
行動や言動に
様々な問題もあったと
言われていますね。

そういうことは公にされないのでしょうが
皇室はもっと開かれるべきでしょうね。

雅子様や愛子様を見ていると
その思いが強くなります。
おはよう御座います (安人(あんじん)です)
2017-03-15 06:10:01
古いpcを送ってやりました

喜んでお礼の電話・・

4月5日だったかな? 入学式、、

その頃にお祝に行きます

今日は寒いですよ~
内裏雛とは (エイリアン)
2017-03-15 08:46:47
こんにちは。  天皇と皇后がお住まいの場所を内裏と言います。そのため「内裏雛とは天皇と皇后をかたどった一対の雛人形のこと」を言います。  なので、「たのしいひなまつり」の曲で「おだいりさ~まとおひなさま」と歌うのは間違いなのです。  男雛、お殿様と言います。  有名人を模したのは「変わり雛」でよく知られていますね。
^^ (あとり)
2017-03-15 20:07:50
こんにちは。

ミコちゃんさん。

今日はまた寒かったですね。

サクラ、ちゃんと開花してくれるのか。。ちょっと心配になってきました。

Unknown (よっちん)
2017-03-15 20:13:30
もうひな祭りの日が
ずいぶん前のことに思えます。

三月は仕事が多忙なので
あっという間に過ぎ去っていく気がしますわ。
エイリアン様へ (ミコちゃん)
2017-03-15 20:22:22
お詳しいコメントを早速頂きまして
ありがとうございました。

今、訂正して男雛に致しました^^
3歳くらいから口ずさんでいましたので
お内裏様=お殿様
と焼き付いてしまっていましたが
これは間違いなのですね、私も
早速検索して国語辞典ですぐに
出て参りましたよ、
1対の雛人形=内裏雛(男女)
と、本当に勉強になりました。
エイリアン様のお蔭ですね^^
感謝いたします。
Unknown (sumomo)
2017-03-15 22:47:07
こんばんは きょうはkayokoさんのお宅ですね。
写真からもうかがえますがすごい立派な邸宅ですね。
散らかしてばかりいる私の家などそばにも及びません。
素晴らしい折り紙のお雛様、置物のお雛様
どれも素晴らしくうっとり眺めました
おはよう御座います (安人(あんじん)です)
2017-03-16 06:10:49
友人のkayoko様 お元気の様ですね

流石 豪邸です

歴史を感じるお雛様・・

お庭も素敵です

時々折り紙見せて頂きたいですね

孫 昨日卒業式 次は長男の中学の卒業式&入学式です

嫁も大忙しの様です

コメントを投稿

気の向くままに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL