自然の恵み ミツバチからの贈り物 Ⅱ

ミツバチと野菜を育てて、自然の恵みを貰い、健康に暮らす。また、養蜂を通じて四季の移ろいを感じる。

やっと、蜂蜜搾った。

2007-06-16 23:53:22 | Weblog

天気も最高だったので、待ちに待った蜂蜜を搾った。

やはり凶暴な軍団だったので、蜜はしっかりと貯めていた。
しかし十数回刺された。
こんなの初めてだ。  

教科書どおり一度刺したところを他の蜂も刺してくる。
右肩周辺を10回程度刺された。
衣服の上からなので、針は衣服に残るが、それにしても瞬間的な激痛には参ってしまう。
群れが違っても同じ箇所を狙ってくると言うことは、衣服に攻撃フェロモンが付着しているのだろう。
普段だとそこに、燻煙などして攻撃フェロモンを消したりするのだが、今日は採蜜のことで頭がいっぱいだったので、冷静な判断が出来なかった。

   もう刺さないで!!


強盛群だからムダ巣をたくさん作っている。
ムダ巣の中に蜜を貯めていたので、ムダ巣の撤去から漏れた蜜に群がるミツバチ、



この熱湯消毒から瓶詰めが始まる。
何しろ食品だから細心の注意が必要だ。


洗って乾かしている瓶。  この後内部を付近で丁寧に拭く。


瓶詰めされたゴールデン蜂蜜。
最高の香り、甘さ、粘度、どれをとっても一級品だ。
カボチャにネズミモチ、等の蜜だ。




甘さの証明。  糖度81.7 今までで最高の糖度だ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 収穫の初夏 | トップ | 念願の杭州、西湖に行ってきた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。