自然の恵み ミツバチからの贈り物 Ⅱ

ミツバチと野菜を育てて、自然の恵みを貰い、健康に暮らす。また、養蜂を通じて四季の移ろいを感じる。

教育国債問題にみる無料化の悪影響

2017-02-22 10:01:42 | Weblog

現在教育国債を発行して大学まで授業料無償化が検討されているようだ。貧しくて教育が受けられない人々の【貧困は教育受ける権利を奪ってしまう】を解決する日本国憲法の具現化、朗報であるが、財源を国債に頼って将来の人たちに付けを払わすと言う現在の子供たちに借金を背負わすととんでもないことを考えているようだ。

ここでじっくり考えて見よう。無料と言うことはとてもいいように見えるが、実は身に着かないことも多いのだ。心の中に『どうせタダなのだから』という気持ちも芽生え、ムダにしたり真剣に取り組むことも少なくなってしまうものだ。《ことこれが教育になると本当に日本は滅びるかもしれない。≫人気取りでとんでもないことを考えている輩は将来のことを全く考えていない、考えられない連中らだろう。こんな連中が国政を動かしてるのかと思うと失望どころか、絶望に近い感覚を持ってしまう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進化発展し頼もしい養蜂クラブ | トップ | 恐ろしい北朝鮮のボクちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。