心向くまま徒然徘徊紀

思うままに思い、思うままに徘徊し追憶・追記を重ねていきたい。

朝鮮危機-5

2017-07-15 14:53:25 | お知らせ

 

朝鮮危機の不思議は

一つは

首相自ら経済制裁の先頭に立ち、

朝鮮危機を煽りながら、

何故か?真っ先に考慮されなければならない

肝心の一億国民の安全を全く危機の中にさらしていたことだろう。

 

二つ目は

米日の首脳陣は強硬手段を執るために

最初から限定戦争、ピーポイント攻撃で終わらせることを狙っていた。

ところが

北朝鮮首脳の対応は強硬なもので小中ミサイルのみならず、

大陸弾道ミサイルに渡るまで実験を重ね、米日を驚かせると

同時に威嚇して見せた。

 

それは一旦始まれば

限定戦争ではとどまることを

知らない全面戦争の可能性をにおわせた。

このような中で、制裁強化は日韓両国の生命と財産を

計り知れないほど失う可能性を秘めたものだった。

 

のみならず、

その結果としての朝鮮半島からの大量難民の出現、

同時に国内での大量のテロ続発など、

北朝鮮の暴発は巨大な被害、死傷者、破壊行為を

呼び寄せるものだということが直ぐに予想されるものだったにも

関わらず、なんら現実的対応がなされていなかった。

特に国民の生命と財産の保護・安全は無防備だったことである。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒巻のバラ園-1 | トップ | どの記事がよく読まれている... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。