たき☆かわブログ

不完全燃焼人生記録

古いスマホをモバイルSuica専用端末として使う方法

2016-10-30 00:46:38 | スマートフォン
モバイルSuicaを利用する場合、基本的には3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と契約したスマホを用いることになります。

一方で、最近はキャリアに縛られないSIMフリー端末の利用も増えてきています。
しかし残念ながら、そのようなキャリア名義ではない端末では(一部を除き)モバイルSuicaを利用することができません。

そこで、キャリアの呪縛から開放されるために、モバイルSuica専用の端末を用意しましょう!

とはいってもそんな専用端末はどこにも売ってませんので、自分で何とか用意することになります。

<利用前提>
・モバイルSuicaは、キャリアの端末とキャリアのSIMカードとキャリアのOSが必要。
・キャリアとの通信契約は不要。
・Android2系から利用可能。

<用意するもの>
1)キャリアの端末
モバイルSuicaはキャリアの端末に縛られているので、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のいずれかのスマートフォンが必要です。
モバイルSuicaのアプリの利用条件がAndroid2.1以上なので(記事執筆時)、かなり古い端末でも利用できます。
対応端末はモバイルSuica公式サイトの「対応機種」に記載があるので、そこから確認してください。

以前使っていた古い端末を再利用したり、ヤフオクや中古店で入手することができます(いわゆる「白ロム」)。
キャリアへのこだわりが特になければ、ドコモ端末が流通量が多いので入手しやすいし、価格も数千円程度のもので十分です。
端末のサイズは、画面サイズが4インチ程度の小型で軽いものを選ぶと持ち運びやすくて良いでしょう。大画面や高機能などは一切不要です。
バッテリーの持ちはある程度気にしてください。モバイルSuica専用端末は普段はスマホの電源をオフにして利用しますが、電池切れだと自動改札を通過できなくなります(JR東日本:モバイルSuica>よくあるご質問>[その他]その他)。

2)キャリアのSIMカード
キャリアの端末と一緒のキャリアのSIMカードが必要です。
これはモバイルSuicaアプリが、起動時にキャリアのSIMをチェックするためです。
昔使っていた端末にキャリアのSIMが入ったままならばそのまま使えますし、同一キャリアの別端末に流用できます(通信契約は不要)。
※ガラケーのSIMは使えないので念のため。

SIMカードがない場合は、格安SIMを利用できます。
スマホがドコモ端末ならばドコモ回線を利用する格安SIMを選びましょう(ほとんどそうですが)。
必要なのはSIMカードだけで通信契約は不要です。
格安SIMは店頭で購入すると初期費用を取られますが、アマゾンでは初期費用不要なSIM同梱パックが数百円で売っていますので、それを使うのがお勧めです。
(アマゾンで「SIMカード」で検索してください)

なお、SIMカードのサイズに注意してください。
SIMカードのサイズは、標準・micro・nanoの3種類があります。
標準SIMは昔のAndroid2系、microSIMは4.0~4.2系あたり、nanoSIMは4.4~5~6系あたりの端末で使われています。
使いたい端末が所有するSIMカードのサイズと一致するか事前に確認しておきましょう。
※小さいSIMカードのサイズを大きいサイズに合わせたい場合は、変換アダプターも売っています(ただしメーカー無保証。アマゾンで「SIMアダプタ」で検索してください)。

3)キャリアのOS
OSは、端末のキャリアと同じものを使ってください。
※一部の端末(xperiaなど)は、別キャリアのOSや海外端末のROMを焼けますが、それらではモバイルSuicaアプリを利用できません。
SIMロック解除した端末で別キャリアのSIMを使う場合も不可です。

4)通信環境
モバイルSuicaは、レジや自販機での決済や自動改札の通過などで利用する際は、モバイル通信の必要はありません。
基本的に端末は電源をオフにした状態でオフラインで利用します。
オートチャージも電源オフのままで問題なく処理されます。

通信環境が必要になる時は、モバイルSuicaアプリを起動して各種設定・チケット購入・定期券購入などをする場合です。

SIMの通信契約は必要なく、モバイルSuicaが起動すればWiFiを利用して通信ができます。
WiFiは自宅の回線・公衆無線LAN・テザリングなどがあるので、利用できるか事前に調べておきましょう。


<事前準備>
1)モバイルSuica専用端末は初期化してきれいにしておきましょう。
2)モバイルSuica専用端末をWiFi環境に接続できるようにします。
3)各種アプリのアップデートをする必要はありません(それらは利用しないので)。
4)「モバイルSuica」アプリを起動しましょう。プリインストールされていなければ、GooglePlayからインストールしてください。
5)キャリアの端末とSIMが一致すれば、問題なく起動します。
※端末の日時がずれていると「S004」エラーが出る場合があります。Androidの設定で時刻を修正してください。
6)とりあえずアプリの起動を確認できたら、続いて使用端末の移行作業をしましょう。


<使用端末の移行>
現在使用中の端末からモバイルSuica専用端末に移行するためには、使用中の端末でモバイルSuicaアプリを起動して、会員メニューから機種変更手続きをする必要があります。
これは、モバイルSuicaを使える端末は1契約で1つだけという仕様によるものです。
詳しい方法は「JR東日本:モバイルSuica>各種手続き>機種変更」をご覧ください。

機種変更手続きが終わったら、モバイルSuica専用端末でモバイルSuicaアプリを起動して、手持ちのアカウントでログインしてセットアップを進めてください。

セットアップが終わったら、端末の電源を切って大丈夫です。
電源を入れたままでもいいですが、無駄に電池を消費するだけなのであまり意味がありません。
モバイルSuicaアプリを利用するときだけ電源を入れればいいです。
端末はたまに充電しておきましょう(電池が切れると自動改札を通過できません)。


<最後に>
いろいろと条件を書きましたが、まずは手持ちの古い端末を引っ張り出してきて、SIMカードさえ入っていればそのままモバイルSuica専用端末にできますので、お試しで使ってみてはいかがでしょうか。

メインの端末はキャリアに縛られないSIMフリー端末+格安SIMで、モバイルSuicaは専用端末で。
モバイル生活がさらに自由で充実したものになることを願っております。

この記事をはてなブックマークに追加

AndroidのRemote RDPアプリでWindows10に接続エラーになる場合の解決方法

2016-06-16 22:31:53 | スマートフォン
AndroidからWindowsにリモートデスクトップでアクセスする手段として、「Remote RDP」というアプリを使う方法があります。

Windows7には接続できたのに、Windows10につなごうとすると「The server requires that the client support Enhanced RDP Security with ether TLS or CredSSP.」というエラーメッセージが出て接続できない場合の解決方法です。

<手順>
1) Windows10のスタートメニューを右クリックします。
2) 「ファイル名を指定して実行」を選択します。
3) 名前のところに「gpedit.msc」と入力してOKボタンを押します。
4) 「ローカル グループポリシー エディター」が起動します。
5) 左上側の「ローカル コンピューター ポリシー」→「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「リモートデスクトップ サービス」→「リモートデスクトップ セッションホスト」→「セキュリティ」の順に開いていきます。
6) 右側の「リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする」を選択して、ダブルクリックして開きます。
7) 設定画面が表示されるので、右上の「有効」をクリックしてから、その下にある「セキュリティ レイヤー」から「ネゴシエート」を選択します。
8) OKボタンを押して、すべて閉じて大丈夫です。なお、OSの再起動は不要で即反映されます。
9) Remote RDPで接続してみてください。


<コラム:原因>
ここは技術的な話なので読まなくても大丈夫です。
リモートデスクトップ(RDP)の通信暗号化方法は、RDP固有の通信方式と、SSL(TLS1.0)を使う方式の2パターンがあります。SSLの方が安全に通信できるため、Windows10ではSSLでの接続がデフォルトになっています。

しかし「Remote RDP」アプリはエディションが3種類あり、SSL通信に対応したエディションはEnterprise版のみです。
Lite版・通常版は、RDP固有の通信方式のみ対応しています。
そのため、Lite版・通常版を使うとSSL接続ができなくて、エラーメッセージが出てしまうわけです。

そこで、Windows10でリモートデスクトップの暗号化通信の設定をデフォルトのSSLから「ネゴシエート(SSLとRDP固有の両方をサポートする方式)」に変えることで、SSLに対応していないクライアントからでもRDP固有の暗号化通信を使って接続できるようになります。

この記事をはてなブックマークに追加

Xperiaとaudioquest DragonFlyでポータブルオーディオしてみる(Xperia Z3編)

2015-10-25 22:39:56 | オーディオ
今、ポータブルオーディオの組み合わせパターンはいろいろなものがあります。
主に、
・プレーヤーが専用機かスマホか
・プレーヤーを素のまま使うか、ポータブルアンプを増設するか、DACを増設するか
という感じだと思います。

私はなるべく物を持ち歩きたくないので、コンパクトにまとめつつ、ある程度音のこだわりも入れることができる組み合わせ、
すなわち「プレーヤーはスマホ(普段使っているもの)」+「DAC増設」を選びました。


<準備>
DACは「audioquest DragonFly 1.2」です。

コンパクトかつスマホのUSBから電源供給できて、音質にも定評があるため決定しました。
新品だと1万5千円ぐらいですが、ヤフオクで中古を8000円ちょっとで落札しました。

スマホは「SONY Xperia Z3」(Android 4.4.4)です。
これじゃないと駄目というわけではありませんが、Xperia系で外部DACを使ってる人が多いので、相性問題での失敗が少ないと思います。
(Xperia Z Ultraでも動作します。)

※追記(2017/10/14):スマホを「Xperia XZs」に新調しました。Android 7.1.1、USB3.0にガラッと変わりましたが、問題なく利用できています。

アプリは「USB Audio Player Pro」です(有料)。
Xperia Z3単体でもソニー標準アプリの「ミュージック」で外部DACを利用できるのですが、残念なことにボリューム調整が効きません。
音楽データはDACへスルーされるのでAndroidのボリュームが効かないのは仕方ないのですが、アプリ独自のボリュームもないのでDAC側でボリューム調整するしかありません。
DragonFlyは仕様としてアナログボリュームを内蔵していますが、これはアプリからUSB経由でDACへボリューム調整の命令を送って操作するものです。
そのため、アプリ側でUSB DACのボリュームを調整する機能が必要なのですが、「ミュージック」アプリやAndroidにはそのようなボリューム機能がありません。

DragonFlyのハードウェアボリュームを調整できる音楽再生アプリは、今のところ「USB Audio Player Pro」だけのようです。
他の高機能なプレーヤーと比べるとシンプルな作りですが、普通に再生するだけなら必要十分だと思います。
Onkyo HF Playerも外部DACが使えるアプリとして有名ですが、残念ながらDragonFlyを認識しませんでした。アップデートに期待しましょう。)


<接続>
Xperia Z3とDragonFlyの接続には、OTG対応のUSBケーブル(microUSB-USBメスA)を利用します。
microUSB側がL字になってるものがお勧めです。L字は上向きと下向きのタイプがあるので、下向きの方がすっきり接続できると思います。


OTG対応のUSBケーブルをXperiaに接続します。そこへDragonFlyを接続してみてください。トンボの部分が光るはずです。


そうしたらDragonFlyにヘッドホンやイヤホンを接続しましょう。


<再生>
USB Audio Player Proは有料ですが、無料お試し版があるのでまずはそれを使って様子を見てみましょう。
※お試し版は有料版のサイトからapkファイルで提供されているので(「Please try the free trial here」と書いてあるところ)、そこから直接インストールが必要です。

起動すると「USB audio device intialized!」というメッセージが出てUSB DACが認識されていると分かります。
(認識できなかったり接続されてないとエラーメッセージが出ます。)

右下にオレンジ色の丸いボタンがあるので押してください。


音楽データの選択画面が出るので、再生したい音楽ファイルをタップしてください。


すると、再生画面に切り替わります。音が出ているか確認してみましょう。



<ボリューム調整>
Dragonflyのハードウェアボリュームを利用するには、以下のように操作します。
①右上のメニューボタンをタップして「Hardware Volume」を選びます。

②ハードウェアボリューム調整画面が出ます。ここでDragonFlyの内蔵ボリューム調整ができます。
(デフォルトでは左右チャンネルが連動します)


いちいちボリューム調整画面を出すのがめんどくさい場合は、他にも2パターンの調整が可能です。
1)メイン画面のボリュームコントロールを使う
①メイン画面の右上にスピーカーのマークがあるので押してみてください。ここでボリューム調整ができます。

②デフォルトだとソフトウェアボリュームになっているので、ハードウェアボリュームと連動するように設定変更します。
③設定画面から「Volume control」をタップします。

④デフォルトだと「Software volume control」になっているので、ここを「Hardware volume control(if available)」に変更します。


これでメイン画面のボリュームコントロールでハードウェアボリュームを調整できるようになります。

2) Xperia本体のボリュームボタンを使う
デフォルトだと本体のボリュームボタンを押しても何の反応も無いと思います。
これをボリューム調整として利用するには、設定画面から「Enable USB hardware buttons」にチェックを入れて有効にします。




<おまけ1>
設定画面の内容は、ほとんどがUSB DACの相性問題を解決するための調整用です。DragonFlyを使っている場合は変更することはないでしょう。

唯一、調整して楽しめる設定は、「Buffer size」のところです。いわゆる再生バッファサイズを変更できます。
設定画面から「Buffer size」を選びます。


最小の「25 milliseconds」にしたり最大の「32768 frames」にすると音質が変わる…気がしなくもないです。試してみてください。
※小さくしすぎると、プチノイズが発生しやすくなるのでご注意を…

(上下にスクロールしてみてください)


<おまけ2>
USB Audio Player ProはNAS(Windowsのファイル共有)を参照できます。
Xperiaを自宅のWIFIに接続すれば、NASのプレーヤーとしても利用できます。

①ソース選択画面から「Network」を選びます。

②右上の「+」ボタンを押します。

③「Network station」画面が出てくるので、Windowsファイル共有の設定を入力します。

④「Name」は表示名なので適当でいいです。
⑤「Address(URL)」にNASの共有フォルダのフルパスを入力します(最後に「/」を忘れずに)。
⑥「User name」と「Password」に、共有フォルダのアクセス権を持つWindowsアカウントを入力します。
⑦「OK」ボタンを押します。
⑧登録した名前が表示されます。


そこをタップしてみてください。共有フォルダが表示されれば成功です。


以上。

この記事をはてなブックマークに追加

自転車のタイヤのスローパンクの穴

2015-06-20 14:33:39 | 自転車
自転車のタイヤをフレームに入れようとすると、最後どうしても固くて入らないときがあります。
そういうときはタイヤレバーを使って入れるのですが、それでも入らず、何を思ったか金属製のへらで強引に入れようとしました。
(実際はそれでも入らなかったので、あの手この手でなんとか収納しました)

それから空気を入れて完成だと安心していると、数時間経ってタイヤが柔らかくなっているのです。
明らかに空気が少し抜けています。
念のため空気を継ぎ足してもやはり数時間後には同じ状態です。

チューブから空気がプシューと抜けずに時間をかけてゆっくり抜けてしまう状態を「スローパンク」と言います。
原因は、ほんとに小さな穴です。

今回の場合は、斜めに入った傷です。
この傷自体は裂けているわけではなく、肉眼だとへこんでいるようにしか見えません。



しかし拡大すると、傷の一番上に小さな穴がありました。
ここから少しずつ空気が抜けていたのです。




パンク確認の王道、たらいに水を入れてチューブを浸してみると、その小さな穴から小さな泡がちょっとずつ出てくるのが分かります。




スローパンクは、完成だと思ってから数時間後、場合によっては翌日自転車に乗ろうとしたときに気づくというやっかいなものです。
みなさんも、タイヤを強引に入れようとせず、優しく取り扱ってくださいね(気が立ってるときに失敗しやすいので、翌日に作業すると案外すんなりいくものです)。
タイヤに空気を入れたらすぐに組み立てずに、1時間ぐらい休憩を取ってから抜け具合を確かめてみるのもいいかもしれません。

この記事をはてなブックマークに追加

XPERIA Z UltraにSONY SRS-X3を組み合わせてみた

2015-02-16 00:08:23 | オーディオ
我が家では、XPERIA Z Ultraはモバイル機としての一線を退き、パソコンの横に置いてYouTubeやテレビを見たり、情報端末として活躍しています。

そんなXPERIA Z Ultraの弱点と言えば、内蔵スピーカーの品質でしょう。スピーカーが一つしか付いておらず、モノラルの音でお世辞にも良いとはいえません。
そこで、外部スピーカーを接続して音質アップ狙うことにしました。

今回選んだのは、同じSONY製の「SRS-X3」です。
Bluetooth接続可能な、長方形の小型スピーカーです。

(※今は後継機種の「SRS-X33」が販売されています。X3とX33の主な違いは、「LDAC」コーデック対応の有無です。Ultraは「LDAC」コーデックに対応してません。)



<接続>
接続方法は、SRS-X3のマニュアルにも書いてありますが、UltraのBluetoothとNFCをオンにして、GooglePlayから「NFC簡単接続」をインストールして、SRS-X3のNFC読み取り部分にUltraをくっつけるだけです。
これで自動的に両者をBluetoothでペアリングしてくれます。
一度ペアリングしたら、Ultra側のNFCはオフにして大丈夫です(Bluetoothはもちろんオンのまま)。

<音質>
音質は、素の状態だとまあまあショボいです。
そこで、SRS-X3の「SOUND」ボタンを押してサラウンド機能を有効にすると、音が明瞭になり広がりが出て音質が上がります。
音域は、低音がドスドスと多めに出ます。その分高域が弱めに感じます。
もう少し中高域から高域がきれいに出るといいのですが。
トータルではこの価格とサイズのBluetoothスピーカーとしては良く出来た音だと思います。

※低音が出すぎる場合は、試しに10円玉3枚を用意して、本体の足の下に挟み込んでみてください。
多少すっきりした音になります。

<機器の自動接続>
SRS-X3は、Bluetooth経由で15分間音声が流れないと、自動的に電源が切れる仕様です。
そうすると、Ultra側のBluetooth接続が切れてしまいます。
いったんUltra側の接続が切れると、Ultra側で手動でBluetooth接続を行わなければなりません。
これはAndroidの仕様なので、デフォルトでは自動で再接続することは出来ません。

そこで、自動接続するために「Bluetooth Auto Connect」というアプリを使います。

アプリを起動すると設定画面が出てくるので、「EVENTS」にある「ScreenOn」にチェックを入れます。
すると、ディスプレイが点灯したときに、自動的にbluetooth接続が行われます。



<再生中に音が途切れる場合>
以下の条件で使用していると、再生中に音が途切れる場合があります。

・WiFi経由でデータ通信している
・WiFiの周波数が2.4GHz帯を利用している
・UltraとSRS-X3をBluetoothで接続している

なぜならば、Bluetoothの周波数が2.4GHz帯を利用しているので、WiFiの2.4GHzと干渉(混信)するためです。

この場合は、5GHzに対応したWiFi機器を利用すると問題が解消します。
WiFi機器のマニュアルを見て、5GHzで通信が可能な場合は、すぐに設定を変更してください。
(※念のため、WiFi機器の2.5GHz通信設定はオフにしておきましょう)

WiFi機器が5GHzに未対応な場合は、機器の買い換えが必要です。その前に、以下の実験をしてみてください。

・WiFi経由ではなくUltra内に音楽ファイルをコピーして、SRS-X3とBluetooth接続でそのファイルを再生してみる。
・WiFi経由で音楽ファイルを再生するが、Bluetoothはオフにして、Ultraの内蔵スピーカーから音を出す。

これで両方とも問題なく再生できれば、2.5GHzのWiFiのせいで音が途切れていると考えていいでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加