へんな洋食屋より発信!

横浜市南区にある洋食屋から旬な話題を発信します。

へんな洋食屋カフェ

2016-07-28 07:20:05 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
「午後のひとときー聴き流し食事会」の看板を出して二週間、早速に四件の打診と2つの開催予約を戴いた。叩き台として掲示したこの案内が僅か半月でこんな反響が有るとは予想だにしなかったが、これで新たな考えも浮かんだ。夫婦二人で営む食堂だから本格的に大々的に組んではいけないがやはり聴き流しの演奏はオイラだけでは必ず行き詰まるので奏者を集い下拵えしたい訳である。しかしながら、ギターに相性の良い楽器となれば限られてくるなっ!打楽器のカホンは楽器を問わず合うっ!ハモニカ、フルート、バイオリン、リコーダー、マンドリン等の単音楽器もギター伴奏で活かされる。ウクレレ、オカリナ等も活けるなっ!先日に来店してくれたウクレレの方なんかは伴奏者探しに苦心していたので誘ってはいるがその後には会っていないので話の進ませ様がなくてオイラも残念である。単音楽器でも半音つまりシャープ音やフラット音が自在に出せる楽器だと更に合わせ易いンだなっ!当初は先方の楽器のレパートリーにオイラが合わせて編曲もするし構成も先方次第で伴奏しま
すので是非とも楽器を持って来店して欲しい。腕試し的な勝負抜きで組むのを前提に聴かせて戴きたい訳ですなっ!但しジャンルに限りが有る。ジャズ、ボサノバ、タンゴ、ラテンなんかを望んでいます。オイラは必ずやソロを引き立てます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-28 07:19:48 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
先週に新調した浅草手拭いを一度、洗濯してもらって使い始めた。毎回の事だからどうと言う感想はないのだが、収集も54枚に達した。綿素材だからアレルギーも無し、しかしながら色褪せ色落ちもかなり低いので先発の8年モノですら今も使っている。仕事だけではなく休日の普段着のUNIQLO綿ポロシャツにも襟を立てて巻くのである。オイラのオイラ流スタイルにも為った。真夏にはポロシャツの襟を立ててはけっこう暑苦しいが見掛けは涼しげに見えるらしい。真夏には開襟の麻のオープンシャツや白綿のボタンダウンシャツも着てUNIQLOとの三つ巴で代わりベッタンに楽しんでいるなっー!このUNIQLO綿ポロシャツと綿手拭いの組み合わせはしばしば道行く人にも誉められたりするがとにかく安モンな訳ですなっ!UNIQLO綿ポロシャツは今ではなかなか店頭に出ませんので古着屋で探しています。ハードオフなんかではかなり綺麗な新品同様品で800円だしオイラの合格品(Aランク)ですら500円だ。浅草綿手拭いは一枚300
円だから恥ずかしながら1000円以内のファッションスタイルが普段着である。ピリリと光らせる肝が誂えのハンチングや仕立てのベストや手造りベルトの三点小物だ。足元も大事ですなっ!マッ!拘らない様に見せて、けっしてお金の掛かる支度はしていない訳ですなっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-27 07:32:39 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
「価値有る品々の会」第二回目が開催された。やはり販売された製品そのものよりも製作者の技術と今では貴重な材料に話題が近付いた訳である。大量生産品の中にだって名品は有る筈だから今一度、叩き台から取り上げる必要があるなっー!又、工業美術品や工業技術品なんかは評価に取り上げる製品に限りもあるし語り合う知識も少なくかなり困難ですなっ!一見すると骨董品の中でも美術品クラスの漆塗りとか金銀細工品、ワシントン条約品、工芸品なんかは問答無用で「価値有る品々」の範疇というのも納得いかない訳である。とにもかくにも実物を目の前にして評価して称えたいのである。だが、問題も発生する。つまり、評価に持ち込んだ方の「ドゥだ論」にも為りかねない。やはり今一度、定義付けの叩き台作りから熟慮しなくては只の物持ち自慢話会と化してクダラナイ、馬鹿馬鹿しい学問に為るに違いない。素材論や技術論から入るという手もあるが精通しているのは一人しかいないのである。立ち上げから困難である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-26 07:18:51 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
いい歳をこいてもコカなくても電車の先頭、運転台斜め後方席は得した気分ですなっ!京急なんかの快速特急は120kmもスピードで家々の間を疾走して行きます。遊園地のアトラクションに乗った気分に為るなっ!但し、地下鉄部分の闇の中の疾走くらいツマラナイ事もない。今日は、往復共に先頭車両の運転台斜め後方席に座れたのでお得な切符(京急1日都営フリー切符)の上に更に運転台斜め後方席だからウンと得した気分ですなっ!3時56分発の泉岳寺だから完全席だ。品川からの西陽も涼しい車内では逆に気持ちよいなっー!マッ!まさかではあるが有事の際は先頭車両、特に最前列は遺体も発見されない位の損傷であろうがこの時速120km以上の疾走アトラクションの見応えにはリスクも当然である。オイラの隣席には再びだが別なおばあちゃんが座っているがアトラクションには別段の感慨も無いらしくスヤスヤと居眠りしている。非常に勿体無い感じがするなっー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-25 07:15:02 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
おばあちゃん達の圧倒的な存在感には参ったなっー!オイラの心太+冷やし緑茶セットが届くと左隣のおばあちゃんは「この旦那の勘定はアタシに付けてくれっ!」と言い放ちオイラが財布をバッグから出す手を押し留めた。粋振りを見せた訳ですなっ!向かいの三人は餡蜜セットだが、オイラに一口ドゥだっ!と器を差し出す。しかしながら、おばあちゃんそれも見ず知らずのおばあちゃんの口に入れた、それも唇でクリームをこそぎ取ったスプーンは使えないなっー!大変参ったが、さっきの店員が小さい器と新しいスプーンを持ってきてくれたので救われた訳である。心太セットを奢って貰った見返りは多大なのである。おばあちゃん達はオイラの両隣と向かいに三人の都合五人だと判明したのはその時だったンだなっ!おばあちゃん達の二人は煙草吸いだからオイラ側の席に腰掛けたのだ。おばあちゃん達が煙草をバッグからグズグズと探し出すのにはちょっと時間を要したが、更にライターを探し出すには暫くの時間が必要だと感じたオイラはサッと自分のライターに火を点してお
ばあちゃんの目線の前に置いたのである。やはり奢って貰った後ろめたさと420円の弱味が有る訳ですなっ!オイラはホストの如くでとても恥ずかしかった。すると右隣のおばあちゃんも右手にライターを持っているにも関わらず煙草を加えシワシワの口をウンととんがらかせてオイラに火を点してくれと言わんばかりに為った。因みに右隣のおばあちゃんはサッポロビール中瓶に五本セットの焼鳥をつまんでいた。残りは一本+半本だから既に三本半を中瓶片手に食べた訳である。ヤバい感じも漂っている。残りの焼鳥を食べろと差し出す気がするなっー!まさかその際に半本(食べ掛け)を差し出すなぁんて事態には為らないだろうなっ!と上の空で一服しているとソラッ来た。たれ焼きの一本モノを差し出す訳である。マッ!想定内だったンだなっ!しかし、スゲェ商店街であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-24 07:15:07 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
お握り二個とカツサンド、アイス珈琲、アンミツを買う。気になったのはひれかつサンドだ。原材料名が表示されたシールが貼れているがよぅく読むとトンカツやパン、ソースは判るがトレハロースとかカゼインとかアンモニウムミョウバン等と主要三要素以外の不可思議な原材料が八行にも渡って明記されているのである。イーのか?いくないだろっ!調味料程度にしろよっ!とグヅグツ謂いながら完食してしまったが戴いたクオカード(1000円)に12円を足しての徘徊昼食となった。巣鴨では名物の「八ツ目鰻の串焼き」を食べようと数日前から楽しみにしていたが縁日の日以外は屋台も出ないとの事らしかった。で、巣鴨地蔵通り商店街を都営地下鉄巣鴨駅方面に歩いて「ときわ食堂」という名店(らしい)でもう一服する。心太に冷やし緑茶セット420円を注文しおばあちゃん達が会話する大テーブルに腰掛けて一服点ける。その大テーブルの中では如何にオイラでも若い、ヘタをすればおばあちゃん達の息子程度になるから左右隣、向かい、斜め向かい
から声を掛けてくる訳ですなっ!とてもでないがゆったりと一服なんか出来ないのである。嫁さんは何歳だとか子供は何人居るのか?勤め人なのか?等と警察の取り調べの様に為ったので、店員さんが「おばあちゃん、あんまり詮索したらダメよっー!」と謂ってくれた。すると気を悪くしたのかとあるおばあちゃんが旦那に買った名物「赤いパンツ」を一枚くれた。正札付き(480円税込)なのが良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-24 07:14:58 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
浅草の目的を済ませる。今日は新作手拭いを五本(五枚とは言わないらしい)ゲットしたが実は、三本で1080円だから一本が困った。都合の良い事にハンカチも沢山の柄が有ったので一枚追加して六本勘定となり2160円を支払う。ハンカチも大判なので今日の汗拭きに手持ちに一枚足した訳である。仲見世を一回りして都バスの停留所へ向かうもなかなか乗り方が判別つかず直後に来た「北めぐりん」に乗って三ノ輪駅前で降車した。駅前は20年前に来た経験があるがその時は未だフィルムカメラであったなっー!確か、ライカを二台ぶる提げてあれこれと撮影したっけ。この10年の間にとうとうフィルムカメラをみ限りデジカメばかりで徘徊する事に為った。で、昨日は久しぶりの戴きモンである。シグマ社製のデジカメ三台だ。一眼レフのSDー1とDP1とDP2の高級コンパクトの三台だ。常連の映像プロ(結婚式のムービー撮影とか企業のプロモーションビデオ)の社長がシグマ社製のデジカメを買ったは良いがとうとう使わずに有ったと
いう品物である。シグマ社製というと一見、二流メーカーの印象が有るがれっきとした一流レンズメーカーだ。一眼レフのSDー1は発売当時は25万もしたしDPシリーズの二台も8万もした高級デジカメだ。SDー1はマウントがNikonなのでNikonレンズが使える訳である。自室のドライキャビネットは満杯に為ってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-23 07:17:52 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
徘徊撮影も二週間振りだから期待はあるが梅雨時と言えば梅雨時だから念のため「てるてる坊主」を拵えて自室の障子に飾る。拵えながらフト考えた。てるてる坊主なんて紙で拵えた粗末な人形だが、多分「神様」なのであろう。農耕の雨乞えも古代から祭祀として行われているが漁師や大工さん達は雨降りが続くのは困るからてるてる坊主を設えて参拝したに違いない。つまりオイラは神様を拵えてしまったのか神様の拠り代を設えたンですなっ!うーん、恐れ多い所業をしたモンである。よぅく考えたがてるてる坊主の顔を表現する「へのへのもへじ」という平仮名の文字は如何なるモノか?確かに顔の表情には為るなっ!だが、そんな簡単な事ではない訳である。拵え終わって辞典(神道典礼)で調べると時は神代である。天照大神の天岩戸の騒動の際に、天太玉命(あまのふとだまのみこと)が紙で結界を印した際に同じ紙で好天気を祈願して祝詞(へのへのもへじ)を捧げて「てるてる坊主」を飾ったとされていた。驚くべき時空の隔たりを超えて今現在
にまで信仰として受け継がれていた訳である。つまり晴れ(好天)ー空模様ばかりでなくケとハレのハレ(特別な日若しくは事象)を望み祈願する際の呪文だったのだ。へのへのもへじとは神憑りの呪文、それも天に祈願して好天(ハレ)を望むとてつもない呪文だと判明した途端に安易な気持ちでは祈願する訳にもいかず居すまいを正して呪文を唱えたのは謂うまでもない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-23 07:17:42 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
東京大徘徊の決行だ。自宅最寄り駅の京急「井土ヶ谷駅」にて1200円で東京1日フリー切符を買う。駅の温度計に由ると10時の気温は既に26℃、湿度が参る訳ですなっ!75%である。昨夜には出前床屋さんが来てくれ晩の9時から親方、オイラ、嫁さんと三人の散髪をしてもらったので頭はサッパリしているだけでも助かる。東京大徘徊では都営浅草線に乗り継いで浅草で降りマッ一回りして第一の目的の手拭いを買うつもりでいる。行き着けの手拭い屋で一枚300円だが端を縫ってあるので解れる事はなくもう10年間も使用している手拭いさえ有る。つまり染色も素晴らしいので洗濯に由る色落ちや色褪せも無い。お客さんからも何処で買うのか尋ねられるが教えていない。首に巻くのだがその巻き方にオイラ独特の技法があるのでそれすらも教えていない。唯一、購入先のご主人にだけは巻き方や使い方を公開しています。年に一度は新作を求め序でに東京大徘徊をするのだが、今回は浅草からは都営バスに乗り継いで三ノ輪から都電荒川線沿い大徘
徊の予定を綿密且つ大胆に組んでいるのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

へんな洋食屋カフェ

2016-07-22 07:20:45 | Weblog
classico-nova-k@docomo.ne.jp 0457120525 09040259080
へんな洋食屋カフェの真骨頂であった。店が新興神道の教会の前に在るので日中それも土日祝日は門前町的な賑わいで来客も殆ど、イヤッ全てが信者さんである。そうは言っても知り合いのプロテスタントやカソリックや住職や宮司さんなんかも数多く来店してくれるので困難極める場面に出会す事態もあるなっー!今日は、その事態となった。プロテスタント伝道師(常連)、真言宗のご住職、新興神道の信者達に加えてものみの塔(エホバ)の伝道師さんが介してしまったのである。伝道師クラスの住職やものみの塔やプロテスタントは大丈夫なのだが一般的なクラスの信仰者が大変なのである。伝道師クラスの方々は受け入れする技量と広い心理を持っているが学びの深そうな一般的信者がヤバいンだなっ!批判的な眼差しで周囲を見回し、コソコソと「うちの神様が一番、あんなんでは救われないよっ!」等と話し合っている。マズイナっー!そうこうしている内に三人の異種伝道師達は一つのテーブルに集いお互いを讃えて(うわべだろうが)仲良くお茶
をして仲良く揃って店を出た。問題は、居残り組の信者達が予想通り声にして批判しオイラにも相槌を求めてくる。ツラいっ!で、オイラは口を開いた「他人の心の拠り所を批判するのは学びが浅い証ですなっ!」と。次回は来店するだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加