杉ミキのちょっといいハナシ、ミキすぎっ

食べて飲んで踊って、時々語るブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いなずま?いなづま?日本語はおもしろい

2007-05-31 | Weblog
東京は夕方から雷と激しい雨。東京南部では1時間に90ミリという記録的な雨だったところとかひょうが降ったところもあるらしいですね。最近へんなお天気~。

雷=稲妻に関するちょっとためになって笑える下らない話。

あのね、「稲妻」って「いねのつま」って書くのに、パソコンで「いなま」って入力しても変換ができず、「いなま」だと一発で変換ができるんです。不思議だと思いませんか?そもそも「稲の妻」ってなに?単なる当て字?

実は漢字が当て字なのではなく、稲妻の語源はやはり「稲の妻」だとわかりました。6年前、それを教えてくれた人がいます。

その頃私は、社内のいくつかのシステム開発に関わっていました。一緒に仕事をしていたシステムエンジニア(SE)、プログラマーの方々は社外のシステム会社の方々。それがまた、揃いも揃ってみなウィット溢れる人達でしたので、残業が続く厳しい環境でありながら、結構楽しく仕事をしてました。

ある時、「稲妻」の漢字変換の不思議について私が話をしたところ、SEの一人から、さっそく翌日「昨日の件の報告書」がメールで届きました。彼はSEかつプロボクサー。性格はおだやかでいつもニコニコ、何か言えばひとひねりしてパンチを返して笑わせてくれる、面白い人でした。世の中、いろんな人がいるもんだ

その「報告書」が退職する時パソコンからでてきましたのでそのままご紹介します。これを読むと可笑しいやらなつかしいやらで、当時のことを思い出します。この人、今頃どうしてるのかなあー。まだボクシング続けているのかな
_________________

【報告書】
<其の壱 ”妻の事なら妻に聞け”>
というわけで、現在私の左斜め後ろの席で作業しております”人妻”に意見を聞いてみる事にしました。(自分の妻では、冷え切った関係上、答えが帰ってこない恐れがある為、他人の人妻にしてみました)

その結果、「当て字じゃないの?」という答えがまさに”稲妻”のような電光石火の速さで帰ってまいりました。というよりも、ほとんど相手にされていなかったようです。
”人妻”恐るべし。

<其の弐 ”金田一親子”>
そこで、私の所有する最も古い国語辞書(金田一京助/金田一春彦 編集)を紐解く事にいたしました。

いなずま【稲妻】 -ヅマ
(名)雲と雲、雲と地上(にあるもの)との間に電気が流れたときに、すじのように見える強い光。 「-が走る」

もう一歩というところですね。しかし、”イナヅマ”とも書くことがわかりました。
”金田一親子”はツメが甘い。

<其の参 goo大辞林>
最後の頼みでインターネットの辞書で引いてみる事にしました。

いなずま ―づま 【稲妻・電】
〔「いなづま」とも書く〕
(1)〔「稲の夫(つま)」の意。古代、稲は稲妻をうけて結実すると信じられたことから〕雷雲の間、あるいは雷雲と地面との間に起こる放電現象によりひらめく火花。稲光。稲魂(いなたま)。稲交接(いなつるび)。[季]秋。《―やきのふは東けふは西/其角》
(2)動きの素早いたとえ。「―のように名案がひらめく」

ということで、漢字が当て字だったのではなく、仮名のほうがもともとは”イナヅマ”だったと考えたほうがよいでしょう。

<其の他 稲妻の使用者>
木村 健吾 (きむら けんご)
その昔、新日本プロレスであまり活躍しなかったプロレスラー。必殺技は”稲妻レッグラリアット”。この技をだす時には必ず「稲妻!!」と叫んでいた。きっと彼は「イナズマ!!」ではなく、「イナヅマ!!」と叫んでいたのだろう。

松本 匡史 (まつもと ただし)
10年以上前に読売ジャイアンツの外野手として活躍。セントラルリーグの盗塁王に輝いた彼は、いつも青い手袋をはめていた為、”青い稲妻”と呼ばれていた。
敵対する阪神タイガースの応援団から”青いゴキブリ”と呼ばれていたのはいうまでもない。

以上
__________________

あはは。何度読んでもくだらなーい。
でもなぜ「いなずま」でしか変換できないのかは未だにわからないのですが。

ところで稲妻の多い今年は豊作かな
ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野村萬斎に学ぶ革新の心 | トップ | 自分で勝手にグランプリ決定... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
青い稲妻が~ (YEBISU.)
2007-06-01 23:40:53
SMAPはどっちなんだ?w

都内にいましたけど、ビルの谷間からかいま見る稲妻は怖かったですねぇ。
幸いに私は影響がなかったのですが、しりあいの一人が一人が品川で足止めを食ったとのこと。
「まぁ、天罰覿面と…」かな…と。(w

>松本 匡史

歌えますw
大事なことを忘れてました (YEBISU.)
2007-06-01 23:41:56
トラバありがとうございます~(^^

SPAM以外では初めてのトラバでした。
今後ともよろしゅうに(^^
初トラックバック (杉ミキ)
2007-06-02 10:11:09
いえいえ、どういたしまして!
同じ「雷」ネタだったので思い切って初トラックバックしてみました
やり方がわかんなくて手間取ってしまった・・・。
でも、ブログ始めた一ヶ月前は、トラックバックの意味すらわかんなかったんだけど、、、成長しました。
仕事仲間も大変です・・・ (菊治)
2007-06-02 22:50:08
ほんと、私も何度か読んでますが、何度読んでもくだらないですね(笑)

私はこの『プロボクサーSE』さんといっしょに仕事していたので、なかなか大変でしたよ。
ずっとこんな感じですから・・・・
個人的には『稲妻の使用者』ってくだりが、一番好きです。

最近、彼ともお会いしてません。
今は何の研究してるんでしょうね(笑)
いろいろ勉強になりました。 (kiko)
2008-07-16 18:25:58
 確かに「いなずま」と「いまづま」って「どっち?」って聞かれると答えられませんね。私も今そう聞かれてちょうどパソコンを立ち上げていたので検索していたら、このブログをみつけたのですが、とりあえず「いなづま」なのかな?ということがわかりたすかりました。どうもありがとうございます
コメントありがとうございます! (杉ミキ)
2008-07-17 23:22:55
kikoさん
コメントありがとうございます。
やっぱり疑問に思う方、いらっしゃるんですね!少しでもお役に立てて嬉しいです~。ありがとうございました!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL