とのさま日記なるもの

のどかな美しいそして感動の詩を書いていきたい

我に

2017-07-12 20:43:29 | 私の詩
振り返りし時に

君をみる

思い出し時に

君をおもう


さまざまな君の姿をみるときに

なぜか悲しくて

さまざまな君をおもうときに

むなしくて


心に問い返すばかりにて

君と言う言葉を

君と書く文字を


我と置き換える




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山陽電車 | トップ | 口出し無用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私の詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL