とのさま日記なるもの

思いのすべてを書きます

同じ気持ち

2017-11-21 21:21:32 | 考える
病院の給湯室でため息を大きくついていたら声をかけてくれた女性がいました

私とかわらないか少しお若いご婦人

話をしていたら同じ状況

母親が大腿骨骨折で入院、手術をしたそうです

何度が車イスを押して談話室でお見かけしたかな~~

お母様は母より一つ下

とても血色の良いお元気そうで

私は

お母様はお元気そうで羨ましいですねってお話しました
明日は転院なんですよって

女性は

私の母も転院が近いんですと仰りました


病院ではご家族の方とお話をする機会はありません

話しているうちに

うちの母の方が元気なようでした

転院もリハビリではなくて‥……

骨折で入院、検査していくなかで癌が見つかりすでに末期
どうしようもなくそういう施設に転院らしいです

母と同じ時期に骨折

私の母はリハビリで転院

なんとお答えしたらよいか‥……


認知もあり私もどうしたら良いのかクタクタですと‥……

お兄さまがいらしたけど亡くなられたそうです

だから

私みたいに一人っ子同然


なんか

私‥……ほんまに回りを見ようとしなかった

隣の芝生は真っ青で


なんで、なんで私の母が‥……

どうして私ばっかり‥……

こんな考えが頭をぐるぐる回っていました

母も凄く怒りっぽくなり、毎日私も腹が立って
喧嘩して帰るときもありました


皆さん、高齢で入院したら大概はそうなるそうです

あの穏やかそうなお母様が‥……って口ごもってしまいました

同じですよ 食事ももっと食べてと言ったら凄く怒るのよって


その女性はお母様がもう長くないことを覚悟しておられる

私は母のリハビリがどれだけかかるのか長くかかるだろうと覚悟しています

事情が違うけど

娘が一番だと思う

親も安心して介護や看病を任せられるのは

娘かな

しかし、私ばかり辛いわけではないのだ

ただ回りが見えなかっただけ

声をかけてくれた女性に救われました

西神で夫と食事をして帰ろうとしたときにまたバッタリ

お互いに頑張りましょうねって

後ろ姿を見送りました

1日でも長くお母様と過ごされますようにと心で祈りました

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お誕生日おめでとう | トップ | 今日はなんだか朝からラッキー »
最近の画像もっと見る

考える」カテゴリの最新記事