とのさま日記なるもの

思いのすべてを書きます

勝利は寡黙

2017-08-13 18:18:10 | 小説
何にも言わなかった。


別れの前にはこの言葉、あの言葉をと

頭のなかに用意していたのだ。

車が目的地についてしまった。

言葉の中に毒があるのは分かっていた。

一つ前の信号で一つ目の言葉を言いかけたが前を歩く若い女性のあまりにも白い肌に目がとまり言葉を飲み込んだ。

静かに車は発進した。

車がゆっくり坂道をのぼっていく。

バックからハンカチをだしてそっと汗をふく。


その仕草を見てエアコンの温度を下げてくれた。

暑いわけじゃないの…

心で呟く。

坂を上りきったところで車は止まった。

シートベルトを外そうとした手が震える。

そっと外してくれる。

ドアを開け、車を降りる。

あの……

言葉が出かけた。


気をつけて‥……



そう発した瞬間

私の心は解放された。


この数日

私は穏やかに過ごすことができるのだ。

去っていく車を見送る。

勝った。

そう思った。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブランチ神戸学園都市店 | トップ | 幸せな時間  »
最近の画像もっと見る

小説」カテゴリの最新記事