どこかのだれかのすこしでも。

お役に立てればという思いで、日々書き綴っています。幸せが広がっていきますように。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さらさらさくら

2013年04月01日 | 日記
今年の桜の開花は、平年よりかなり早かったですね。

桜祭りなどの予定の時期とずれたりして、いろいろと大変そうですが。。。



ここ最近の冷え込みの気温のお陰で お花が咲いている時期が延びてくれているみたいです。(細胞分裂がとまるらしい)


私の家の近所の川沿いは桜並木で、桜の枝が垂れ下がっていて、ちょうど歩道が 桜トンネルみたいになっているのです。

圧倒的な美しさ。


普段バスで通勤しているのですが、桜を見たくて 歩いて帰ってみた。


自然って、癒しの力がすごいし、いろんなことを教えてくれる。

桜の木をまじまじと見ていると、さっきまで その枝で美しく咲き誇っていた花が風でぽろっと地面に落ちた。



うつくしさは、はかない。

時が経つのは、容赦ない。

すべては常に変わり続けている、今を、今しかない今を生きて。 


今を100パーセント美しく咲ききった桜の花のように。。


って感じで受け取った。




沢山の桜の木を見ていくうちに 泣けてきた。(涙もろい)


辛い事をいっぱい抱えてる方が、美しいものに対して感じれる事が沢山あるんだって 今の辛い状況を嬉しく思った。


そして、桜並木の最後の木を 見ていたら、「自分の美しさを愛してあげて」って言われた気がした。


まあ、自分の妄想だったとしても、とても嬉しい言葉で 大事なことだと思った。

自分のことは、嫌な部分ばかりみえて否定しがちだから。



次の日、 明るい陽ざしの中 桜並木の美しさが際立っていた。バス停に向かう途中で見えるのだが 

桜からサラサラ落ちていく花弁が ものすごい数で ものすごく綺麗で綺麗で 太陽の光でキラキラしながら川の方へ落ちていく
のを びっくりしながら見ていた。

まるでダイヤモンドダストのような。。。 

私が見ていた位置から距離があったので本当にそんな感じでした。


写真でとれるか?と思い携帯を探していたら、もうその風景は無くなっていました。


あの瞬間しか見れなかったんだ。と思うと、そのタイミングで通りかかった私は、幸せ者でした。

あの景色を見た瞬間、ここは天国か??って 思ったし。


瞬間の大切さを ことごとく 桜さんに教えていただきました。





ありがとうございます  日本中から特別に愛され続ける木。


敬意を込めて。













 



















この記事をはてなブックマークに追加

みっけ★

2013年03月31日 | 日記
つくしんぼうさん みっけた。


もうちょっとのびたら たべごろかにゃ。

めでるよりくいけ。。。




いまの 子供たちも つくしとか食べるのかな?

野草は すっごく体にいいらしい。

昔の人は、質素だけど、生命力の強い食事で とにかくすごかった。



女神修行日記


昔の女性の魅力に興味深々だ。


そういえば、昔は 生理もみんなそろって満月に来ていたといううわさも聞いたことがある。

いまよりもっと、宇宙や大自然と一体になって 日々を過ごしていたんだろうなぁ。



みならわなきゃ★







この記事をはてなブックマークに追加

今度の選挙は命がけ!なにがなんでも選挙に行こう!

2012年12月14日 | 日記
選挙に行きましょう★

まちがっても、危険な自民党や民主党、日本維新の会の方達を選ばないように気をつけましょう!


私は東京都知事は、宇都宮けんじさんを応援しています。





女優、木内みどりさんも必死の応援演説。
以下全文転載させていただきます。

こんにちは、宇都宮けんじさんの応援に来ました。
去年の3月11日に津波があって、次の日に事故があって、
それから私は本当に怖い思いをしました。

「どうやったら止まるのか」を考えて、自分にできる事をしようとその時に決意しました。

デモにも行きました。
署名も沢山しました。
署名も集めました。
経産省前に座り込みもしました。
金曜官邸デモにも行きました。
雨の日も、風の日も、寒い日も行きました。

でも何にも変わらないじゃないですか!

そして大飯は再稼働されてしまいました。
もう…私は「ほとんど絶望だな」と思っていました。
ところが東京都知事が無責任にも辞任してほっぽり出しちゃったおかげで、席が空きました。

都知事選というチャンスが生まれました!

そして宇都宮けんじさんが立候補されました。
私は知りませんでした、でも調べました。

記事を読み、
Youtubeで録画を見、
そしてNHKのプロフェッショナルも見ました。
知れば知るほど素晴らしい方です。

こんな方が立候補して下さって、チャンスです!

で、東京都を変える、あの威張りくさった恐ろしい人から、
人にやさし東京をつくって下さる宇都宮さんがせっかく出て下さったんです。
頑張るのは私たちです。
あと1週間です。

もう本当に、猪瀬が優勢とか言っていますけれど、
あれは組織票です。

みんな、個人の投票をしましょう。
そして、有権者の人は、一人が今日10人に伝えて、
その10人がまた明日10人に伝えて、
1週間あれば変わります、変えましょうよ!

宇都宮けんじさんを都知事に!!

頑張るのは私たちです。
宇都宮さんはだいぶ疲れ切っています、ゆっくりしてほしい位に。
みんなで頑張りましょう。
お願いしまーす。



木内みどりさんの演説以上






そして、




日本未来の党をみんなで応援したら、自民党に勝てそうだ!
衆議院選挙は、卒原発、TPP反対の日本未来の党を応援して安心の未来を実現させよう!!








この記事をはてなブックマークに追加

国民審査は、全員に×をつけよう!

2012年12月14日 | ダンス
フェイスブックから、知り合いの投稿をシェアさせていただきます。







今度の衆院選でいっちょ投票しに行くか、と投票所に行くと、これもやることになります。
え、これ何?ってみんな4年に1回思うと思います。


これは、最高裁判所の裁判官を辞めさせるかどうかの投票です。
そんな人達知らないし、というのが普通の人の感覚だと思います。しかしこれ、重要なんです。ちょっと長いですが、尊敬するジャーナリストの江川紹子さんの起稿を引用します。

----------

国民審査はやめさせたい裁判官に×をつける方式なので、何も書かずに投票してしまえば、事実上は信任したのと同じことになってしまう。そのお陰か、戦後に始まったこの制度で罷免された裁判官は、ただの一人もいない。形骸化しきった制度になっている。

裁判官をどう評価したらいいか分からないのは、有権者である国民の責任ではない。責任はもっぱら、分かるように説明する責任を果たさない裁判官や裁判所にある。

仮に、○印をつけた者は信任し、それが過半数に達しなければ失職する、という制度だったら、裁判官達は自分の業績を分かってもらおうと、国民に分かりやすい言葉で説明をするに違いない。今は、有権者の多くが無知である方が審査される側にとって都合のいい制度の上にあぐらをかいているとしか思えない。

投票日の前に、選挙公報と同じように審査公報が届けられてはいる。そこには略歴や「裁判官としての心構え」などと合わせて、「最高裁判所において関与した主要な裁判」が列挙されている。けれども、 これを読んで理解できるのは法律の専門家ぐらいのものだろう。不親切このうえない。

このような形骸化した制度を改めさせるためには、今の制度の中で意思表示をするしかない。私は「分からなかったら、全員に×をつける」ことを提唱したい。それぞれの裁判官がきちんと分かりやすく説明をしないために、「よく分からない」状態で審査に臨まされていることについての異議申し立てとして私たちができるのは、それしかないからだ。


しかも、今の裁判所は国民の人権を守る砦としての役割を果たしているのか、疑問に思うことがしばしばある。冤罪事件では、警察や検察の捜査のあり方が問題にされる。特に、被疑者が虚偽の自白をせざるをえなくなるような取り調べについては、最近、批判を浴びることが多い。取り調べの経過を録音や録画で記録する「可視化」の必要性が叫ばれ、現在、法制 審議会で制度化にむけての議論が行われている。


ただ、警察や検察が自白調書の作成にこだわる理由の一つは、裁判所の姿勢にある。ひとたび自白調書ができれば、弁護側が任意性や信用性を争っても、多くの場合、裁判所は証拠として採用し、有罪判決の根拠にする。捜査経済上、自白は効率がいいから、無理にでも自白をとろうとする。


裁判では、自白の任意性や信用性は検察が立証する義務を負う。弁護側が取り調べのあり方に異議を唱えた場合、検察側が客観的な証拠を出して立証をしない限り、「疑わしきは被告人の利益に」の原則に従って、任意性や信用性を認めない、という原則的な判断を最高裁がしていれば、警察や検察はもっと早くに録音・録画に踏みきり、今頃法制化の論議をするまでもなく、「可視化」は進んでいただろう。それをやってこなかった裁判所が、冤罪の構図を作り、放置してきたようなものだ。



今年、再審無罪となった東電OL殺害事件では、一審が「疑わしきは被告人の利益に」という刑事裁判の鉄則に忠実に無罪判決を出したのに、東京高裁がそれをひっくり返して有罪とし、最高裁がそれを追認した。このような明らかな誤判があっても、誰も何の責任もとらないどころか、なぜ間違ったかという検証さえ行わない。誤判で無実の人を刑務所に送り込んだ3人の裁判官のうち2人は今も現役で、出世街道を進み、今は東京高裁と東京地裁の裁判長だ。



このような状況に対する批判も込めて、私は全ての裁判官に×をつけようと思う。10人に×をつけるので、勝手にこれを「×10(バッテン)プロジェクト」と名付けてみた。

-----------

というわけで、このワケの分からん制度と司法改革を希望する、という意思表示に、×10(バッテン)しましょう。

我々の×10(バッテン)が、まわりまわって「それでも僕はやってない」を防ぐシステムづくりに繋がっていると思えば、4年に1回しかないこのチャンスを、使わない手はありません!!

レッツ、×10(バッテン)!



どうか、明後日の投票までに、少しでも沢山の方に読んでいただけますように。



この記事をはてなブックマークに追加

『自民・安倍が「権力者に反発する者は生きて出ることはない【強制収容所】日本版FEMA創設」を提言』

2012年12月05日 | 日記
選挙前の参考にしてください。


http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11417635180.html



次の選挙で、危険な政治を止めよう!!


私や、尊敬する私の周りの方々、恩師などは、東京都知事選挙で、宇都宮けんじさんを応援しています。


http://utsunomiyakenji.com/



みんなで力を合わせて、人や地球に優しい人の支えになりましょう★


すべての人や生き物が、安心して安全に幸せに生活していけますように。

この記事をはてなブックマークに追加