削り絵元祖

着色フィルムの表面を刃物で削り取って透明な画線とし、裏面に色紙を重ねて表現する絵画です。

井の頭池「裏桜」

2017-05-14 15:31:49 | 作品

今回も利き手指の故障が完治せず、ペン・水彩画になってしまいました。

昨年もこの桜の木を書いたのですが余り感心せず、今回は桜の細かな枝ぶりの美しさをを主題にしました。

お許しのうえご笑覧下さい。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早春の富士 | トップ | 相変わらずの失礼! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメント希望 (稲葉爺さん)
2017-05-19 13:36:24
最近は掲載記事に対する感想等のコメント投稿が無く、「削り絵元祖」としては非常に残念に思っております。
何とか批評なり感想なりのコメントを
首を長くしてお待ちしているのですがネー!        削り絵元祖拝
コメント希望 (稲葉爺さん)
2017-05-19 13:37:25
最近は掲載記事に対する感想等のコメント投稿が無く、「削り絵元祖」としては非常に残念に思っております。
何とか批評なり感想なりのコメントを
首を長くしてお待ちしているのですがネー!        削り絵元祖拝

コメントを投稿

作品」カテゴリの最新記事